【2020年最新版】シーバスロッドの選び方とメーカー別おすすめ24選!

アイキャッチ画像出典:コアマンfacebook

シーバスロッドの選び方

シーバスロッドはどのような基準で選ぶと良いのでしょうか。ひとつひとつチェックしていきましょう。

シーバスロッドの長さ

シーバスロッドに適した長さは?

出典:写真AC

シーバスロッドの長さ選びの基準はフィールドによって大きく違ってきます。もっとも汎用性の高い長さは8~9フィートで、運河や河口、漁港などで使用しやすい長さとなります。一方で、遠浅のサーフ(砂浜)などでは遠投しないとポイントまで届かないということも多く、このようなフィールドをメインとする場合は9フィート以上を選択すると良いでしょう。反対にボートでのキャスティングやジギングでは長いロッドだと取り回しが悪く、他の釣り人にも迷惑をかけてしまいます。ボートメインでの使用の場合は6~7フィートを選択すると良いでしょう。

シーバスロッドの硬さ

シーバスロッドの硬さ選びの基準

出典:写真AC

シーバスロッドはある程度のしなやかさとバットパワーがバランスよく兼ね揃えられているものが扱いやすくおすすめです。あまり固すぎるとバイトを弾いてしまって、フッキング率が低下してしまします。また、初心者の方はガチガチのロッドは投げづらく感じることも多いので、ミディアムライトクラスを最初の一本として選ぶと良いでしょう。ボートでのジギングの場合は100g程度までのジグを上下にしゃくることもあるので、キャスティング用とは別物として固めのロッドを用意しましょう。

シーバスロッドのテーパー

シーバスロッドのテーパー選びは?

出典:写真AC

はじめはやや胴調子のロッドのほうがルアーの重さをロッドに乗せやすいのでおすすめです。慣れてきたらピンポイントへのキャスト精度を高めるためにやや先調子のものを選ぶと良いでしょう。

シーバスロッドのルアーウェイト

シーバスロッドのルアーウェイト

出典:Pixabay

これもフィールドによって使用するルアーが大きく異なるので一概には言えませんが、一般的には8~30g程度までのミノーやバイブレーションなどがキャスト出来るものを最初の一本とするのが良いでしょう。サーフでの遠投や磯でのヒラスズキ狙いの場合は、より重いルアーまで対応しているものを選びましょう。

シーバスロッドの重量

シーバスロッドの重さはリールとのバランスも重要

出典:写真AC

シーバス釣りはひたすらキャストを繰り返す釣りです。そのため、ロッドがあまり重いと疲れやすくなってしまいます。軽ければ疲れにくく釣りにも集中できるので、あたりも取りやすくなります。自分の予算のなかでできるだけ軽いものを選ぶとよいでしょう。ただし、リールとロッドのバランスも重要で、ロッドが軽くてもリールをつけるとロッドの先端が重く感じて疲れやすいという場合もあります。ロッドの自重に加えて、タックル全体の重さのバランスにも気をつけてみてください。

おすすめのシーバスロッド24選

メーカー別におすすめのシーバスロッドを集めてみました。きっとあなたにあった最適なロッドがみつかると思います。

ダイワのシーバスロッド

ダイワ ルアーニスト 86M

1万円以下で買える手頃さが魅力。最初の1本にはもってこい!

ダイワ シーバスハンターX 96ML

「ブレーディングX」搭載のハイコスパ商品。大型河川の河口部やサーフでも使用可。

ダイワ ラテオR 96ML

2020年リニューアルモデル。本格的にシーバスフィッシングを始めたい方におすすめ。

ダイワ モアザン ブランジーノAGS 87MLM

最高級の機能と軽さを備えたダイワのハイエンドモデル!

シマノのシーバスロッド

シマノ ルアーマチック S86ML

シマノのエントリーモデル。5000円ちょっとで購入できる嬉しい1本。

シマノ ソルティーアドバンス シーバス S96ML

1万円程度のハイコスパモデル。シーバス以外にもエギングやアジングなど各魚種専用モデルが取り揃えられています。

シマノ ルナミス S96M

2020年にモデルチェンジ。ライトショアジギングにもベストマッチします。

シマノ エクスセンスジェノス S96M/F-3

シマノのシーバス専用ブランド「エクスセンス」シリーズの1本。超ファストテーパー仕様で繊細なルアー操作が可能です。

シマノ ディアルーナ S96ML

より軽く、より強くをコンセプトに設計されたディアルーナ。軽さと強度を兼ね備えています。

その他メーカーのシーバスロッド

アブガルシア クロスフィールド XRFS-935M-MB

持ち運びに便利な5ピースのモバイルロッド。遠征派アングラーにおすすめ。

アブガルシア ソルティーステージKR−X シーバス SXSC−832M−KR

ピンスポットにキャストを決めやすいベイトキャスティングモデル。河口の橋脚周り狙いやウェーディングにも最適です。

メジャークラフト クロステージ シーバス CRX−862ML

高コスパ商品として名高いクロステージシリーズのシーバス専用モデル。20g前後のルアーが扱いやすいです。

テイルウォーク ハイタイドTZ S88M+

ビッグシーバス狙いで設計されたモデル。42gまでの大型ミノーにも対応しています。

がまかつ ラグゼ チータ R3 96MH

ランカーシーバスやヒラスズキ、ヒラメ狙いも行ける1本。パワーゲームにおすすめです。

ヤマガブランクス アーリー プラス 88ML

バイブレーションやミノーを扱いやすく、高い感度と操作性が特徴です。

アムズデザイン Sibumi IS−86ML

数々の人気シーバスルアーを輩出しているアイマ発の本格派ロッド。初回限定生産モデルにはダイワの高感度ガイドシステム「AGS」が搭載されています。

天龍  スワット SW107ML

10フィート7インチのロングレングスモデルで遠投性能に優れ、サーフや磯で活躍します。

宇崎日新 ファビュラス 805ML

携帯性に優れた5ピースロッド。魚種、ポイントを問わず使える便利な1本です。

エクリプス ランスペック88ML

リバーシーバス用に開発されたモデル。もちろんソルトシーバスゲームにも活躍間違いなしです。

タカミヤ REALMETHOD SEABASS−GRⅡ 90ML

約1万円で買える低価格ながら、日本製ブランクスと富士ガイド搭載で機能性も十分です。

プロマリン アルフレッドシーバス 96ML

価格5000円程なので、とりあえずシーバスフィッシングを試してみたいという方におすすめ!

プロトラスト ベイスラップ862

こちらも初心者におすすめの低価格帯モデル。クロダイやカマスなどにも流用できます。

ハラ DIVIDE シーバス 9.0F

5本継のマルチピースロッドとしては珍しい1万円以下の手頃さ。ミノーやシンペン、バイブレーションなど様々なルアーに対応しています。

アピア Foojin 風神 AD ヴァンクール 92H

ルアーMAX56gまでキャスト可能。磯やサーフなどで重めのルアーを遠投しやすいモデルです。

シーバスロッドでエギングやジギングは可能?

シーバスロッドでエギングは可能?

出典:写真AC

シーバス以外にも様々な釣りをしたい方は、他の釣りにシーバスロッドを併用したいと思うかもしれません。基本的にはルアーのキャスティングウェイトをしっかりと守っていれば、ロッドが折れることは少なく、エギングやジギングに併用することも可能です。しかし、シーバスロッドはシーバス釣りに特化して作られているためエギやジグを投げたり、大きくしゃくったりする使い方では使用しづらい部分もあります。可能であればそれぞれ専用のロッドを用意するのが好ましいでしょう。

シーバスロッドで大物を釣ってみよう!

シーバスロッドで夢のランカーシーバスを!

出典:写真AC

シーバスロッドで快適に釣り