【2021年最新版】シーバスロッドの厳選おすすめ15機種!エギングやショアジギングに流用できる?

アイキャッチ画像出典:写真AC

シーバスロッドの選び方

シーバスロッドはどのような基準で選ぶと良いのでしょうか。ひとつひとつチェックしていきましょう。

シーバスロッドの長さ

シーバスロッドの長さ選び

撮影:FISH PARADISE!編集部

シーバスロッドの長さ選びの基準はフィールドによって大きく違ってきます。 もっとも汎用性の高い長さは8~9フィートで、運河や河口、漁港などで使用しやすい長さとなります。

 

一方で、遠浅のサーフ(砂浜)などでは遠投しないとポイントまで届かないということも多く、このようなフィールドをメインとする場合は9フィート以上を選択すると良いでしょう。

 

反対にボートでのキャスティングやジギングでは長いロッドだと取り回しが悪く、他の釣り人にも迷惑をかけてしまいます。ボートメインでの使用の場合は6~7フィートを選択すると良いでしょう。

シーバスロッドの硬さ

シーバスロッドは柔らかめと固めどちらが良い?

出典:写真AC

シーバスロッドはある程度のしなやかさとバットパワーがバランスよく兼ね揃えられているものが扱いやすくおすすめです。あまり固すぎるとバイトを弾いてしまって、フッキング率が低下してしまします。

 

また、初心者の方はガチガチのロッドは投げづらく感じることも多いので、 ミディアムライト(ML)〜ミディアム(M)クラスを最初の一本として選ぶと良いでしょう。

 

ボートでのジギングの場合は100g程度までのジグを上下にしゃくることもあるので、キャスティング用とは別物としてある程度固めのロッドを用意しましょう。

シーバスロッドの調子(テーパー)

シーバスロッドの調子の選び方

出典:写真AC

はじめはやや胴調子(レギュラーテーパー)のロッドのほうがルアーの重さをロッドに乗せやすいのでおすすめです。慣れてきたらピンポイントへのキャスト精度を高めるためにやや先調子(ファーストテーパー)のものを選ぶと良いでしょう。

シーバスロッドのルアーウェイト

シーバスロッドを選ぶ際はルアーウエイトにも注意

撮影:FISH PARADISE!編集部

これもフィールドによって使用するルアーが大きく異なるので一概には言えませんが、一般的には8~30g程度までのミノーやバイブレーションなどがキャスト出来るものを最初の一本とするのが良いでしょう。

 

サーフでの遠投や磯でのヒラスズキ狙いの場合は、40〜50g程度のルアーまで対応したものを選びましょう。

シーバスロッドの重量

シーバスロッドは軽いものが疲れにくくておすすめ!

出典:写真AC

シーバス釣りはひたすらキャストを繰り返す釣りです。そのため、ロッドがあまり重いと疲れやすくなってしまいます。軽ければ疲れにくく釣りにも集中できるので、あたりも取りやすくなります。自分の予算のなかでできるだけ軽いものを選ぶとよいでしょう。

 

ただし、リールとロッドのバランスも重要で、ロッドが軽くてもリールをつけるとロッドの先端が重く感じて疲れやすいという場合もあります。ロッドの自重に加えて、タックル全体の重さのバランスにも気をつけてみてください。

おすすめのシーバスロッド15選

メーカー別におすすめのシーバスロッドを集めてみました。きっとあなたにあった最適なロッドがみつかると思います。

ダイワのシーバスロッド

ダイワ ルアーニスト 90ML

1万円以下で買える手頃さが魅力で、最初の1本にはもってこいのロッドです。低価格ながら黒と金の高級感のあるデザインで使っていて飽きないのも高ポイント。堤防や河口部などを中心に活躍する万能型です。

ダイワ シーバスハンターX 96ML

ねじれに強いダイワ独自のブランクス製法「ブレーディングX」搭載で、ガイドも糸絡みの少ないKガイドが採用されており、実売1万円台ながら性能も兼ね備えたハイコスパ商品になります。

 

96MLは大型河川の河口部やサーフでも使用できる長さで、バイブレーションや大型ミノーも扱いやすいスペックとなっています。2021年にモデルチェンジし、さらに軽く、使いやすく進化しています。

ダイワ ラテオR 96ML

2020年リニューアルしたラテオRは、本格的にシーバスフィッシングを始めたい方におすすめの1本です。上位機種であるモアザンシリーズと同じエアセンサーリールシートが採用されており、軽さと感度がアップしています。

 

HVFナノプラスやX45構造といった高品質なブランクス設計、KガイドのオールSiCリングなど、ビギナーはもちろんベテランアングラーまで満足できる仕上がりとなっています。

ダイワ モアザン ブランジーノEX AGS 94ML

最高級の機能と軽さを備えたダイワのハイエンドモデルです。ダイワ独自の軽量・高感度なガイドであるAGS(エアガイドシステム)を進化させた「AGS TYPE-0」が搭載されており、更なるライントラブルの軽減や飛距離アップが図られています。

 

他にもCWS(カーボンラッピングシステム)やESS(エキスパートセンスシミュレーション)、X45フルシールドなどの技術が惜しみなく盛り込まれています。シーバスゲームを極めたい方にオススメな1本です。

ダイワのシーバスロッドについてはこちらの記事も合わせてチェック!

ダイワのシーバスロッドランキング

【2020年最新版】ダイワのシーバスロッド価格別ランキング!初心者からベテランまで必見!

2020年6月11日

シマノのシーバスロッド

シマノ ルアーマチック S86ML

シマノのエントリーモデルで、1万円以下で買える嬉しい1本です。シーバスはもちろんですが、エギングやタチウオ、本流トラウトなど様々な魚種に応用できる汎用性の高さも魅力となっています。

シマノ ソルティーアドバンス シーバス S96ML

1万円程度のハイコスパモデルで、大型河川の河口やサーフでも使えるスペックです。ライントラブルの少ないKガイド採用で、安すぎる汎用ロッドはちょっと...と考えている方にはオススメです。

シマノ ディアルーナ  S96M

2020年にモデルチェンジ。ルアーウエイトMAX45gで、ライトショアジギングにも対応できます。錆びにくいステンレスのガイドフレームや、スパイラルXやマッスルカーボンなどを盛り込んだブランクス設計で、軽量・高感度かつタフネスを実現した商品です。

 

実売価格2万円程度で入門用としてはややハードルが高いかもしれませんが、価格と性能のバランスに優れており、長い目で見れば買って損はないロッドだと言えます。

シマノ エクスセンスジェノス S810ML/R

シマノのシーバスブランドである「エクスセンス」シリーズの1本です。スパイラルXコアやXガイド、カーボンモノコックグリップなどシマノ独自の技術特性がふんだんに盛り込まれた高級機種です。

 

シーバスをかけた際にロッド全体がしなやかに曲がるレギュラーテーパー仕様で、バラシを軽減するとともに、「竿を曲げて」魚を獲る感覚を楽しむことができます。

シマノのシーバスロッドについてはこちらの記事も合わせてチェック!

シマノのシーバスロッドおすすめは?

シマノのシーバスロッド13選!選ぶ基準や気になる評価は?【2020年最新版】

2020年5月6日

その他メーカーのシーバスロッド

アブガルシア クロスフィールド XRFS-935M-MB

持ち運びに便利な5ピースのモバイルロッドです。仕舞寸法が60cmとコンパクトで、旅行先や出張先などのちょっとした空き時間にシーバスフィッシングを楽しみたい方にオススメです。

メジャークラフト クロステージ シーバス CRX−962ML

高コスパ商品として名高いクロステージシリーズのシーバス専用モデルです。20g前後のバイブレーションやミノーなどを扱いやすいです。

全長(ft):9’6”
継数(本):2
ルアーウエイト(g):10-30
適合ラインPE(号):0.8-2.0

テイルウォーク ハイタイドTZ S88M+

軽量さと感度に優れたチタンガイドフレーム+トルザイトガイドリング仕様のシーバスロッドです。8フィート8インチとやや短めのレングスながら42gまでのルアーに対応しており、河川での大型ミノーやビッグベイトなどを使ったランカーシーバスゲームにオススメの1本です。

ヤマガブランクス バリスティック 86M TZ/NANO

ジャパンメイドにこだわり、良質なロッドを数多くリリースしていることで知られるヤマガブランクスのシーバスロッドです。9〜14cmクラスのミノーや、バイブレーション、シンペンなどが扱いやすく、ウェーディングや河川域でのシーバスゲームにぴったりな設計となっています。

 

ガイドはオールチタンフレームに、軽量・高感度なトルザイトガイドリングを採用しています。ライントラブルが少なく、シーバスのわずかなアタリもとり逃さずにヒットに持ち込めます。

アムズデザイン Sibumi IS−86ML

数々の人気シーバスルアーを輩出しているアイマ発の本格派ロッドです。大人の男が持つ道具へのこだわりをコンセプトとして開発され、シーバスロッドではあまり見ないウッド製のリールシートとコルクグリップがいかにもな渋みを醸し出しています。

 

初回限定生産モデルにはダイワの高感度ガイドシステム「AGS」が搭載されています。

天龍  スワット SW107ML

10フィート7インチのロングレングスモデルで遠投性能に優れ、サーフや磯で活躍します。

 

リールシートとフォアグリップには西陣織仕様のカーボンパイプが採用されており、高級感のあるデザインに仕上がっています。

アピア Foojin 風神 AD ポデローサ102M

シーバスロッドとしては有名なアピアの風神シリーズの1本です。ルアーMAX42gまでキャスト可能で、大型河川や磯、サーフなどで重めのルアーを遠投しやすいモデルです。PE2.5号まで対応しており、磯でのパワーファイトにももってこいです。

シーバスロッドでエギングやショアジギングは可能?

シーバスロッドでエギングはできる?

出典:写真AC

シーバス以外にも様々な釣りをしたい方は、他の釣りにシーバスロッドを併用したいと思うかもしれません。基本的にはルアーのキャスティングウェイトをしっかりと守っていれば、ロッドが折れることは少なく、エギングやショアジギングに併用することも可能です。

 

しかし、シーバスロッドはシーバス釣りに特化して作られているためエギやジグを投げたり、大きくしゃくったりする使い方では使用しづらい部分もあります。 可能であればそれぞれ専用のロッドを用意するのが好ましいでしょう。

エギングロッドの特徴とは

エギングロッドのクラス別人気ランキング!初心者必見のコスパ最強モデルも!

2017年6月20日
ショアジギングロッドの選び方やおすすめ商品

【2021年最新版】ショアジギングロッドの選び方!飛距離を出すポイントとは?

2017年6月11日

シーバスロッドで大物を釣ってみよう!

お気に入りのシーバスロッドで夢のランカーサイズを狙おう!

出典:写真AC


ABOUTこの記事をかいた人

FISH PARADISE!編集部

魚をこよなく愛し、沢山の人に魚の面白さを伝えようと日々奮闘しています。実際にフィールドに出掛けたり、飼育や料理にもチャレンジ中!皆様に有益な情報をお届けできるよう頑張りますっ!