太刀魚ワインド釣法を攻略!必要なタックル・仕掛けは?




アイキャッチ画像出典:写真AC

太刀魚ワインドの魅力

太刀魚ワインドの魅力

出典:シマノFacebook

秋の太刀魚釣りシーズンになると、夕方から波止場などで大勢の釣り人でにぎわいます。冷凍キビナゴやサンマの切り身、それからまたサビキで釣った生きたアジをつかった電気ウキ釣りや、メタルジグなどを使うルアー釣りをする人で釣り場はいっぱいになります。

 

そのなかでも最近はワインド釣法というものが流行っています。このワインド釣法の魅力は、簡単な仕掛けでコツさえつかめば初心者でも楽しむ事ができ、ゲーム性も高い釣りです。

太刀魚の釣れる時期(シーズン)

太刀魚ワインドのシーズンは夏~秋

出典:Pixabay

太刀魚は場所によっては一年中釣ることは可能なのですが、よく釣れるシーズンとしては初夏から秋の終わり頃になります。4月から5月頃からでも釣れるようですが、まだサイズも少しちいさめで、数も少ないです。6月から7月頃になると釣れる数も増えてきて、9月から10月にかけては一番よく釣れる時期になります。11月から12月になると海水温が下がっていき、だんだん釣れる数が減ってきますが、サイズ的に大物が釣れることが望める可能性が高いようです。

太刀魚ワインドのポイント(釣り場)

太刀魚ワインドは夕方以降

出典:写真AC

太刀魚は、昼の間はほとんど沖合の深場で過ごしています。そして、夕方近くになってくると岸の方にベイトフィッシュと呼ばれるアジやイワシなどの小魚を食べるためにやって来ます。ポイントとしては外洋に面しているような場所がよく釣れます。しかし、港内などでもエサとなる小魚がたくさん入ってくる所なら釣ることはできます。

太刀魚ワインドのロッド

太刀魚ワインドには専用ロッドもある!

出典:メジャークラフトFacebook

ワインド釣法では、エギング用ロッドやシーバスロッドなどを代わりに使えないということもないのですが、やはり専用のロッドの方が使いやすく良いと思います。ロッドを選ぶポイントとしては、ルアーを動かす操作性が重要になります。そして、ロッドを何度も繰り返し動かす釣り方なので、やはり初心者の方などには軽くて少し短めのものが使いやすいようです。

メジャークラフト 3代目クロステージ太刀魚ワインドCRX-832MHW

メジャークラフト ソルパラSPS-772MW

メジャークラフト N-ONEワインドNSS-832MW

太刀魚ワインドのリール

太刀魚ワインドに適したリールとは?

出典:シマノFacebook

太刀魚ワインド釣法で使うリールを選ぶためのポイントは、番手、ギア比、そして、値段などがあげられます。番手というのはリールの大きさで、何号のラインが何メートル巻けるかというものです。そして、メーカーごとに決められた規格があるので、同じ番号でもメーカーによってラインの巻き取り量に違いがあり注意が必要です。

メーカーによって違いはありますが、太刀魚ワインド釣法には2000番から3000番を選ぶのが良いです。太刀魚ワインド釣法は、ハードなアクションが必要でリールにかかる負担も大きくなります。そのため、あまり安価なリールでは壊れ安いこともあるので選ばないほうが良いと思われます。

ダイワ フリームス2508

シマノ アルテグラ2500S

シマノ セフィアBB C3000S

太刀魚ワインドのラインシステム

太刀魚ワインドでは、道糸にPEラインを使いその下にショックリーダー、そしてワイヤーリーダーを使います。太刀魚の歯は、とても鋭くカミソリのような切れ味になっています。そのためラインを切られてしまわない様に、ルアーの手前にはワイヤー製のリーダーをつかう必要があります。

メインライン(道糸)

太刀魚ワインド釣法ではルアーの操作をするために、メインラインはポリエチレン素材を使ったより糸で作られている、PEラインが使われます。PEラインは、他のナイロンラインやフロロカーボンラインに比べると倍以上強度があります。

 

そのため、同じ重さの獲物(太刀魚)に対して細めのラインを使うことができるので、ルアーをより遠くに投げることができます。そして、PEラインは感度がとても良いので太刀魚の小さなあたりも取りやすく、ラインが伸びにくいので太刀魚の硬い口にフックがしっかりとかかります。

デュエル ハードコアX8

シマノ サーベルチューンEX4 PE 200m 0.8号

ダイワ UVF鏡牙センサー8ブレイド+Si 200 0.8号

リーダー(ワイヤーリーダー)

ワイヤーリーダーとは、太刀魚の鋭い歯によってラインが噛み切られてしまわないように付けるワイヤーでできたリーダーで、道糸やショックリーダーとルアーの間に取り付けるものです。ワイヤーには、ルアーに取り付けるためのスナップが付いています。

ワイヤーリーダーは、あまり長いもの付けるとルアーの操作性に影響を及ぼしたり、太刀魚が仕掛けだと見切ってしまったりして釣果に影響を及ぼすことも考えられます。そのため、だいたい10cmから15cmぐらいまでのワイヤーリーダーが適当です。

オーナー 31869 TF-W2 ワイヤーリーダー10cm

オンスタックルデザイン 超サーベルワイヤー100mm

マルシン漁具 サーベルダート(5本入り)10cm

太刀魚ワインドの仕掛け

太刀魚ワインドの仕掛け

出典:メジャークラフトFacebook

太刀魚ワインドに使われるルアーには、ジグという専用のものがあります。ジグは、ジグヘッドというオモリの部分と、ワームという胴体にあたる部分に分かれています。

ジグヘッド

太刀魚ワインド釣法で使われる専用のジグヘッドは、他のものと違い海中でダートと呼ばれる左右に大きく動くように作られています。ジグヘッドを選ぶ時のポイントとしては、重さやカラーなどです。

ジグヘッドの重さの表記は、メーカーによってはグラムではなく、オンス(oz)という外国の単位を使用しているものがあります。そして、1オンス(oz)は約28グラムなので1/2オンス(oz)は約14グラムということになります。

メジャークラフト  ワインド用ヘッド3/8oz(10g)夜光JPWH-3

メジャークラフト  ワインド用ヘッド1/2oz(14g)夜光JPWH-1/2oz

オンスタックルデザイン  ZZヘッド1/2ozスタンダード トレブルフック付き

ワーム

ワームにも、太刀魚ワインド釣法専用に作られたものがあります。専用のワームには、ジグヘッドを取り付ける穴やケミライトと呼ばれる魚を集めるための小さな発光体を取り付けるための穴があけられています。

 

選ぶポイントとしては、主にカラーですが、釣り場の状況や時間帯によって臨機応変に変えていく必要があるので、何種類かのものをそろえておく必要があります。

メジャークラフト  ワインドミノー84mm JPW-MW

オンスタックルデザイン  マナティー90 01パールホワイト

オンスタックルデザイン  マナティー90 02スパークルレッドヘッド

アシストフックは必要?

太刀魚は、元々エサとなる小魚を捕まえて食べるのが下手な魚だと言われています。そのため、アタリがあってもなかなか針がかりしにくいので、アシストフックはつけておく方がフッキング率も高まります。そしてまた、太刀魚は色々な角度からルアーにアタックしてくるのでアシストフックをつけておけば良い釣果につながります。

太刀魚ワインドの釣り方の基本とコツ

太刀魚ワインドのコツは?

出典:メジャークラフトFacebook

太刀魚ワインドの釣り方について詳しくご紹介していきます。

太刀魚ワインド仕掛けのセッティング

まず最初に、ジグヘッドに取り付けるワームのカラーの選択をする必要があります。普通はホワイトカラーが一般的で、海水が少し濁っているような時などには、ピンクや赤色のワームを使うのが良いでしょう。

 

暗くなってきたなら,小さな発光体を取り付けたり、専用のライトをあてると自ら発光するようなワームを使ったりするのも良いと思われます。

 

ワームをジグヘッドに取り付ける際は、必ずまっすぐに差し込む必要があります。それから、ジグヘッドについているフックはワームのお腹の部分に一か所刺しておきます。

太刀魚ワインドのロッドの扱い方

基本的には、太刀魚の居そうなタナにルアーを投げロッドをシャクるということになります。シャクるとは、ロッドを水平な状態から垂直方向に素早く動かすような動作です。太刀魚ワインドでは、このシャクるという動作を何度もくり返すということが基本となります。そして、この動作によりルアーがダート(左右に泳ぐこと)し太刀魚を誘います。

太刀魚ワインドにチャレンジしてみよう!

太刀魚ワインドをエンジョイ!

出典:釣具のポイント

太刀魚ワインドは、簡単でシンプルな仕掛けで釣りを楽しむことができます。しかし、主に暗くなってからの釣りになるので安全には十分気を付ける必要があります。ライフジャケットの着用や、鋭い太刀魚の歯で怪我をしないように手袋をするなどの注意をして太刀魚ワインド釣りを楽しみましょう。

太刀魚ワインドって難しい?

ABOUTこの記事をかいた人

ペンギン

子供の頃からいなかの川で小魚を釣ったりして遊んでいました。 大人になってからは主に和歌山方面でキス釣りや、太刀魚釣りを楽しんでいます。