ジギングリールの選び方とおすすめ!スピニング・ベイトを比較!




アイキャッチ画像出典:ダイワ

ジギングってどんな釣り?

ジギングとは主にメタルジグを使った釣りのことです。ジギングの種類としては、船から行うオフショアジギングやスロージギング、ショア(岸)から行うショアジギング、ライトショアジギング、ショアスローなどがあります。これらは使用するジグの重さやアクションの仕方などによって区別されます。ジギングはルアーフィッシングの中でも大物が釣れる可能性が高く、近年人気の釣法です。

狙える魚はイナダ、サバ、ソウダガツオなどの小型青物、ブリ、ヒラマサ、カンパチなどの大型青物、シーバス、サワラ、ヒラメ、マゴチ、根魚、タチウオ、シイラ、マグロなど実に多彩です。

ジギングリールのスペックの目安

ジギングで使うリールはどのようなスペックのものが良いでしょうか。種類ごとに目安をご紹介します。

ライトショアジギングリールの目安

ライトショアジギングでは30~40g程度のジグを良く使います。ジギングとしては、軽めの部類なのでリールもそこまで強いものでなくても大丈夫です。3000~4000番の番手が使いやすいでしょう。詳しいスペックについては以下の記事を参照してください。

あわせて読む:  ライトショアジギングリール10選!自分にあった1台を使おう!

ショアジギングリールの目安

ショアジギングではライトショアジギングよりもやや強めのリールが良く、3500~5000番くらいが良く使われます。ジグも80~100gほどの重めのものをキャストするのでそれなりのパワーが必要になります。ヒラマサやマグロなどの大物を狙う場合は6000~8000番程度を使うこともあります。

あわせて読む:  ショアジギングリールの選び方!大物と闘うための要素とは?

ジギングリール(スピニング)のスペック目安

ジギングでは扱うジグも100g以上と重く、ヒットする魚も大型が多いので、より巻き力のあり頑丈な大型スピニングリールが適しています。ダイワなら6000番前後、シマノなら10000番前後のものが良いでしょう。ドラグも最大10kgほどあると無難です。オフショアの場合水深のあるポイントを攻めることもあるので、PE3号で300mほどのラインキャパがあれば安心です。

ジギングリール(ベイト)のスペック目安

ベイトリールもスピニング同様、重いジグを扱いやすいよう巻き力・剛性共に優れた大き目の番手のものが良いです。ダイワなら10~35番、シマノなら100~300番程度が使えます。ラインキャパもスピニングと同じくPE2号または3号を300mほど巻けるものが必要になります。

ジギングリールのギアタイプ(型番)にも注目

ジギングリールを選ぶ上で、ギアタイプ(型番)も重要な要素になります。

基本はハイギア(HG)が無難

ハイギアは巻き取り量が多いため、水深のあるポイントで手返し良く釣りをする時に重宝します。また、ジグを巻いてアクションさせる時にはハイギアリールの方が長い距離を素早く泳がせられるという利点もあります。ジギングでは青物など遊泳力の高い魚を狙うことが多いので、ジグを魚の素早い動きに合わせるという意味でもハイギアリールを使うのが一般的です。

エクストラハイギア(XG)は高速ジャークに向いている

*キャスティングリールの兼用としてもおすすめ的な

エクストラハイギアはハイギアよりも更に巻き取り量が多いリールのことです。高速でジグをジャークさせることができるので、ジギングの中でも真下に落としてロッド操作でアクションさせるよりも、ジグをキャストして巻いて誘うような釣りに有効です。シイラやマグロなどのキャスティングゲーム用としても兼用できます。

巻き取り力重視ならパワーギア(PG)を選択

パワーギアはHGやXGと比較して巻き取り量こそ少ないものの、リールの巻き上げ力が強く、巻きが軽いのが特徴です。マグロなどの超大物やヒラマサや大型根魚(クエ、アラ等)などの強烈なつっこみをする魚を狙う場合はパワーギアタイプのリールが活躍する場面が多いです。ただ、巻きスピードが遅くなるので、魚にジグを見切られやすいというデメリットもあります。

ジリングリールでスピニングを使うメリット・デメリット

ジギングでスピニングリールを使うことによるメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

スピニングリールのメリットとしては、ライントラブルの少なさがあります。特に初心者の場合、スピニングリールの方が扱いやすく、トラブルが少ないのでおすすめです。また、ベイトリールに比べ巻き取り量が多くとれるというのも、ジギングにおいてはメリットとなります。ライン放出がスムーズなので、ジグを素早く沈めることもできます。

デメリット

スピニングリールのデメリットとしては、糸ふけが出やすく着底を即座に感知しにくいという点があります。これでは手返しが悪くなってしまいますし、最悪根がかりしてジグをロストしてしまうことも。また、スピニングはラインローラーを介してラインを巻き取るため、力の強い魚がかかるとラインローラーへの負担が大きくなり、ゆがんだり破損してしまう恐れもあります。

ジギングリールでベイトを使うメリット・デメリット

ジギングではベイトリールを使うことも多いですが、メリット・デメリットはどのようなものがあるでしょうか。

メリット

ベイトリールはスピニングに比べて巻き力があるので、重いジグもより扱いやすくなります。大物がかかったときのやり取りもスピニングよりも有利な場合が多いです。また、ジグのフォール中の糸ふけが出にくいので着底を感じやすく、根がかりのリスクも軽減できます。親指一本でクラッチを操作するだけでラインの放出・巻取りが切り替えられるため、実釣中の操作が楽になるというメリットもあります。

デメリット

ベイトリールのデメリットとしては、バックラッシュを起こしやすく、キャスティングには向いていないという点です。ジグを真下にフォールさせる場合も、着底後クラッチを戻さなかったり、潮の流れでジグのフォールスピードが落ちた時などはバックラッシュする恐れがあります。親指をスプールに軽くかけて、ラインの放出スピードを調節しながらジグをフォールさせると良いでしょう。

ダイワのおすすめジギングリール10選

大手メーカーのダイワから、ジギングにおすすめのリールをいくつかご紹介します。

スピニングのジギングリール5選

ダイワ エクセラー 4000H

ダイワ BG 5000H

ダイワ ヴァデル 4000H

ダイワ キャタリナ 5000H

ダイワ ソルティガ 5000H

ベイトのジギングリール5選

ダイワ キャタリナBJ 100SH

ダイワ キャタリナLD 20SH

ダイワ ソルティストICS 103SH

ダイワ ソルティガBJ 200SH

ダイワ ソルティガ 10H

シマノのおすすめジギングリール10選

ダイワと並ぶ大手のシマノからもジギングリールが数多く発売されています。

スピニングのジギングリール5選

シマノ セドナ 8000

シマノ スフェロスSW 8000HG

シマノ バイオマスターSW 8000HG

シマノ ツインパワーSW 8000HG

シマノ ステラSW 8000HG

ベイトのジギングリール5選

シマノ ソルティーワンHG

シマノ オシアコンクエスト 300HG

シマノ オシアカルカッタ 201HG

シマノ オシアジガー 1501HG

シマノ グラップラー 300HG

その他メーカーのおすすめジギングリール7選

ダイワ、シマノの他に各メーカーからもジギングリールが発売されています。

アブガルシア オーシャンフィールド 5000

ペン バトルⅡ 5000

テイルウォーク エランスーパーワイドパワー

アルファタックル オクマ ソルテラSLR 15CS

プロックス バルトム Jライト L200

マクセル シーライオン OSL12D

スタジオオーシャンマーク ブルーヘブン L120

自分のスタイルにあったジギングリール選びを(まとめ)

一口にジギングリールといっても、狙う魚や使うジグの重さによりリールタイプや番手、型番など様々な要素を考慮して選ぶ必要があります。そこを疎かにして適当なリールを使うと、疲れやすくなったり、魚に力負けしてしまい、最悪リールが壊されてしまうことも。是非、自分のスタイルに合った1台を選んで、ジギングを快適に楽しんでください。

ジギングリール、なに使う?

ABOUTこの記事をかいた人

FISH PARADISE!編集部

魚をこよなく愛し、沢山の人に魚の面白さを伝えようと日々奮闘しています。実際にフィールドに出掛けたり、飼育や料理にもチャレンジ中!皆様に有益な情報をお届けできるよう頑張りますっ!