ツインパワーSWで最強の耐久性を体感!モデルチェンジはいつ?

アイキャッチ画像撮影:FISH PARADISE!編集部

ツインパワーSWとは

暴力的な引きをする近海回遊魚に対しても真向勝負が挑めるオフショア向け高耐久リールをご紹介して行きます。

技術の粋を集めた耐久性能

ツインパワーSWは最上位機種であるステラSWに使われているHAGANEギアや、巻き取りのパワーを無駄無く伝達するX-SHIP、強烈な回遊魚の引きにもしっかりと対応できるXタフドラグ等様々な技術が搭載されています。

IPX8相当の防水性能

オフショアにおいて海水の水飛沫を浴びたり、時にはバケツをひっくり返した様な海水を被ることがあります。ツインパワーSWは随所に協力なシーリングが施されている為、ボディ本体内部への海水侵入をシャットダウンし、初期性能を長く保てる様になっています。

ツインパワーSWのラインナップ

狙う魚種やサイズ毎に豊富なラインナップにより選択が可能です。各品番の特徴をご紹介して行きます。

ツインパワーSW 4000XG

サーフでのフラットフィッシングや磯でのヒラスズキゲーム、堤防等でのライトショアジギングに適した番手です。ノーマルタイプのツインパワー4000XGより巻きのパワーがある為、中型サイズの青物の引きにも対抗することが出来き、ゴリ巻きが可能です。パワーファイトが好きな方には扱い易くオススメの1台です。

ツインパワーSW 5000HG / 5000XG

磯でのショアジギングはもちろん、オフショアでのシイラやカツオキャスティングゲーム等に最適な番手です。PE2号が300m以上巻ける為、思わぬ大物が掛かった際もラインキャパの観点で見れば安心してやり取りを行うことが出来ます。HGとXGの巻き取り量や巻きの軽さが違いますので、釣り方に応じ選ぶことをオススメします。

ツインパワーSW 6000PG / 6000HG / 6000XG

5000番と同サイズのボディですが、PE3号:300mがしっかりと巻ける為、5000番手以上に強気のファイトが展開できます。シイラで言えばメータークラス、カツオで言えば5㎏以上のサイズを視野に入れることが出来ます。また地磯でのショアジギングでも5000番以上に強引なファイトができる為、ワラサクラスまでの青物ジギングに関して言えば6000番の出番となります。

ツインパワーSW 8000PG / 8000HG

ボディサイズは8000番、10000番、14000番は同サイズです。ショアジギングではブリやヒラマサと言った大型青物までを、オフショアシーンではキハダマグロまでも狙えます。6000番以下の番手と比較し、リール本体の自重は重いですが、その分巻きのパワーは飛躍的に向上しています。8000HGに関して言えば非常に汎用性の高い番手ですので、ギア比で迷っている方は8000HGの購入をオススメします。

ツインパワーSW 10000PG

深場での大型回遊魚向けジギングに最適な番手です。PE5号:300mが巻ける為、水深100mエリアでの10㎏オーバーのヒラマサやカンパチをターゲットにする際はPGの巻きの強さが生きてきます。また近年人気急上昇中のエビングでのキハダマグロゲームにもオススメの番手です。HGより巻き取り量は少なくなりますが、その分巻きのパワーは上がる為、釣りのスタイル毎に使い分けることをオススメします。

ツインパワーSW 14000XG

オフショアでのキャスティングゲーム向けの番手です。PE6号:300m巻けるラインキャパと持ち味である堅牢性、耐久性、巻き取りパワーから近海キャスティングビックゲームの殆どをカバーします。狙える魚は大型のヒラマサ、キハダマグロ、GTとオフショアビックゲームの憧れの魚たちがターゲットです。

ツインパワーSWのインプレ・評価

筆者は番手違いで3台を4年程使用していますが、率直に言って近海のオフショアゲームの殆どをツインパワーSWでカバーできます。大型のヒラマサやビンチョウマグロ等を掛けてもビクともせずファイトできる為、剛性が高く非常に安心感があります。またリールの基本性能も非常に高く、且つ耐久性も高い為、長く使える1台として非常にオススメできます。

ツインパワーSWとステラSWの比較

ツインパワーSWの上位ランクには、シマノの最上位機種:ステラSWがあるのみですが、2019年にモデルチェンジを果たし、新技術が搭載されています。大きな違いは巻き取りパワー、巻きの滑らかさ、ドラグ性能です。ツインパワーSWも発売から5年が経過し、モデルチェンジも近いと思われますが、ステラSWに搭載されている新技術の搭載が期待できるでしょう。

ツインパワーSWのモデルチェンジは2021年?

過去2009年ツインパワーSW発売から2015年ツインパワーSW発売まで6年間の期間が空いている為、来年2021年3月にシマノ創業100周年となるタイミングでフルモデルチェンジを果たすのでは?と予想されています。既にステラSWに搭載されている新技術「インフィニティドライブ」や「ヒートシンクドラグ」の採用が期待され、よりパワーUPしたものとなるでしょう。

堅牢性、耐久性に優れた完成された1台

記事中にご紹介した通り、基本性能が非常に高く、近海でのオフショアゲームにおいては殆どの状況でツインパワーSWで足りてしまう程、優秀なリールです。購入を検討されている方にお伝えできるのは、買って損はなく大型魚とのキャッチに向け必ずアングラーの助けになるでしょう。

ツインパワーSWでビッグゲームを楽しもう