ウミウシ飼育のエサや混泳について!カラフルで可愛い姿に癒されよう!




アイキャッチ画像出典:Pixabay

ウミウシってどんな生き物?

ウミウシってどんな生き物?

出典:写真AC

ウミウシは、海や水族館でいろいろな種類を見ることができます。種類がとても多く、体の色も様々ですごく美しいです。海でも水槽でも存在感があり、その姿を楽しむことができます。まずはじめに、かわいいウミウシとはどんな生き物なのかをご紹介していきます。

分類

ウミウシは実は貝の仲間ですが、貝殻は退化して消滅しています。貝にはなかなか見えませんが、クリオネも巻貝の仲間で知られています。ウミウシは後鰓類(こうさいるい)と呼ばれ、鰓(エラ)と心臓の位置で、鰓が心臓よりも後にあるかどうかで分けています。

特徴

ウミウシは種類が多く、体の色や模様も種類により様々です。見とれてしまうほど鮮やかなものや不思議な模様をしたウミウシがいます。体は柔らかく、姿はカタツムリの殻がないイメージです。ウミウシの頭には2本の触角がついていますが、それが牛と似ているということで、海の牛、ウミウシとなったと言われています。また、このウミウシを漢字で海牛と書いてしまうとジュゴンやマナティーの海牛目を表してしまいます。

生態

ウミウシは浅瀬の海底に生息しており、岩場で生きているウミウシや、砂地に生息するもの、海藻の上でいるものもいます。また、夜行性のウミウシは日中、岩の下や割れ目の中で隠れて生活しています。食性は種類により異なり、草食性で、海藻などを食べる種類や、海綿類を食べるも種類、中には同じウミウシの卵をべる種類もいます。褐虫藻を利用して光合成を行い、そのエネルギーを利用して生きているウミウシもいます。

ウミウシの種類

ウミウシは何種類いる?

出典:写真AC

日本近海に生息するウミウシは900種とも言われています。それぞれ特徴があり、分類も分けられていますので、見分け方、分類をここでご紹介したいと思います。

見分け方

裸鰓目というグループのウミウシは、 カタツムリの殻を取ったような姿で、背中にいろいろな形の突起があることなどで見分けることができます。

頭楯目というグループのウミウシは、大きな殻を持つ種類も存在し、そして触角がないことなどで見分けることができます。

無楯目というグループのウミウシは、 背中の中には退化した殻を持ち、草食性で海藻などを食べ流という特徴があります。

背楯目というグループのウミウシは、 背中が膜で覆われている種類で、殻を持っているものと、背中に埋まっているタイプがあります。

嚢舌目というグループのウミウシは形態が多様で、種類の豊富なグループです。嚢舌目は触角が2本で、草食性です。

上記のように、ウミウシは大きく分けて5つのグループに分けられます。個々の種類の見分け方はさらに細かく難しい部分もありますが、まずはこの5つのグループがあるということを覚えておくと良いでしょう。

人気種5選

ウミウシの人気の種類をピックアップしてご紹介いたします。

アオウミウシ

アオウミウシはウミウシの代表種

出典:写真AC

最もよく見かける、ポピュラーなウミウシです。全身が鮮やかな青で、黄色の斑紋が特徴的です。オレンジ色の触角をもち、綺麗でとても人気のウミウシです。

ピカチュウウミウシ(ウデフリツノザヤウミウシ)

ピカチュウに似ているウミウシ?

出典:写真AC

ウデフリツノザヤウミウシという名前のウミウシですが、黄色い体に、体の中央に黒い縁の突起があるのが特徴的です。その特徴的な外見が、あのピカチュウに似ていることから人気があります。体長は5cmほどで、藻を食べて生活しています。

シンデレラウミウシ

シンデレラの名を冠すウミウシ

出典:写真AC

体色は紫色から赤紫色で、体の縁は白色の帯で縁取られています。白色の縁とからだの紫色の境目には円斑が入っています。触角は根本は紫色で、先が黄色をしています。なぜシンデレラなのかはよくわかりません。

ミゾレウミウシ

ミゾレウミウシはシンプルな可愛さ

出典:写真AC

体長は10~50mm程になります。体色は、半透明な白色~青白色のをしていて、濃い青の縦線が背面に3本入ります。体の縁は白色の帯がかかり非常にかわいいです。

ミカドウミウシ(スパニッシュダンサー)

赤色と白色のランダムな斑紋が入っていて、触角も赤色をしています。身体の縁は、普段は内側に巻かれていますが、刺激すると大きく広げます。そして、この体の縁を動かして泳ぐ姿がフラメンコの衣装が翻るように見える事からスパニッシュダンサーと呼ばれています。大型種のウミウシです。

ウミウシの入手方法

ウミウシは自分で採集もできる!

出典:Pixabay

ウミウシはネット通販やアクリアリウムショップで購入できます。また、ウミウシを手に入れる方法として、海で採集という方法もあります。ウミウシは磯の割れ目や岩の下に隠れていることも多く、見つけるまで苦労しますが、自分で見つけたウミウシを飼育するのは生物飼育の醍醐味でもあります。

ウミウシの飼育方法

ウミウシの飼育方法とは

出典:写真AC

そんな不思議でかわいいウミウシをお家で飼育できるように、コツをいくつかご紹介いたします。

水質・水温

ウミウシが最も好む水温は20〜24℃とされています。ウミウシの種類にもよりますが、水温は比較的低い方が好む環境であるとされています。しかし冬場の低温や、夏場の高温など極端な水温では調子を崩してしまうことも多いので、水温をコントロールできるようにヒーターやクーラーは設置しましょう。水質に関しては、PHは7.5前後にすると好環境です。ウミウシは自然界でも基本的には水の綺麗な場所にしか生息しないため、常に綺麗な海水を維持できるように心がけましょう。プロテインスキマーを設置すると、水質を維持しやすくなるのでおすすめです。

プロテインスキマーの種類や仕組み!海水水槽におすすめのスキマー10選

2018.02.23

飼育環境

ウミウシ単体であれば、30cm水槽で十分飼育可能です。水槽内にはサンゴ岩やライブロックなど入れてあげると隠れ家にもなり、バクテリアも定着しやすくなります。水槽内の海水は少しずつ蒸発してしまい、塩分濃度が濃くなってくるので、こまめに水の塩分濃度をチェックしましょう。

水槽用ヒーターの選び方とおすすめ17選!電気代を抑えるコツは?

2017.07.24

水槽用クーラー・ファンのおすすめ9選!電気代の節約方法は?

2017.05.24

ライブロックの必要性とは?キュアリング方法やレイアウトのコツ!

2018.02.19

比重計おすすめ7選!海水魚の飼育水を正確に維持管理!

2017.07.24

メンテナンス

前述しましたが、ウミウシは自然界では水の綺麗な場所を好むので、水質はイソギンチャクを飼育できるレベルの綺麗な海水を維持できるように心がけましょう。ウミウシが歩いた場所は粘膜質の物体が付着します。そのため、通常の海水魚を飼育するよりも頻度を多くして水換えする必要があります。

ウミウシのエサは?

ウミウシ飼育はエサがカギ!

出典:Pixabay

ウミウシは種類によって食べるものが異なります。海藻、コケムシ、ヒドロ虫など好んで食べたり、イソギンチャクや同種を捕まえて食べるものもいます。海にある、海綿を食べるものもいますが、ウミウシによって好む海綿の種類が異なります。中には褐虫藻と共生して光合成したエネルギーを利用して生きている者もいます。

基本的にはウミウシ用のエサはアクアリウムショップでは販売されていません。また、人工のエサも基本的は食べません。そのため、エサを準備できるかどうかがウミウシ飼育の一つの大きなカギにもなっています。まずは飼育したいウミウシが何を食べている種類なのか知ることが肝心です。水槽に大量のライブロックを入れて、そこに付着しているものがエサとなることもありますが、自然界での採集などが必要になると思ってください。

ウミウシの混泳について

ウミウシは混泳も注意

出典:写真AC

あまり大きくない小魚との混泳は可能ですが、魚類によってはウミウシを食べてしまう場合もありますので、混泳相手は検討する必要があります。 クマノミ などの縄張り意識の強い魚との混泳は避けたほうが無難です。ウミウシ同士の混泳については、他のウミウシを食べる種類もいますので注意しましょう。他のウミウシを食べる種類でなければ混泳もできる場合が多いですが、混泳させる場合は余裕を持って60cm以上の水槽を準備するとよいでしょう。

ウミウシの寿命について

ウミウシの寿命はどのくらい?

出典:Pixabay

ウミウシの寿命は長いもので3年程度、多くのものが1年程度ですが、数週間の命というウミウシも中にはいます。飼育水槽では、タツナミガイという種類が6年も生きたという記録があるようです。また、20℃で飼育したウミウシと、25℃で飼育したウミウシでは、20℃で飼育した方が25℃で飼育したウミウシの2倍長生きしたこともあるそうです。環境によりかなり大きな違いがあるため、ウミウシの自然界での生活環境を意識した飼育が寿命を伸ばす鍵です。

ウミウシには毒がある?

ウミウシは毒をもつものも!

出典:写真AC

種類によっては全く無毒なウミウシもいますが、有毒な生物を食べることで体内に毒を蓄積している種類も多いです。あのキレイな体色は毒を持っていることを伝えるための警告色だと考えられています。

 

ミノウミウシという種類の仲間は刺胞動物を食べて、その刺胞毒を背面に保存して身を守るために利用しています。猛毒をもつカツオノエボシを食べ、取り込んだ刺胞を突起先端に貯蔵するアオミノウミウシという種類もいます。この種類は不用意に触ると刺される事もあるため、触れないようにしなければなりません。

ウミウシを海水水槽の一員に

カラフルなウミウシの飼育に挑戦してみませんか?

出典:Pixabay

ウミウシ飼育の注意点やコツをいくつかご紹介させていただきました。ダイビング中にもよく見かけるのですが、極彩色でゆっくり動く姿はマスコット的存在で本当にかわいいものです。飼育は決して簡単とは言えませんが、海の宝石といわれる美しいウミウシを是非、自宅の水槽にでも楽しんでみてはいかがでしょうか。この記事を読んで、少しでもウミウシに興味を持っていただければ幸いです。

ウミウシ飼育は難しい?