【コスパ高すぎ】カストキングのおすすめリール11選!ベイト・スピニング別

アイキャッチ画像出典:Pixabay

カストキングとは

カストキングはアメリカのポセイドン(Poseidon)という会社が手がける釣り具ブランドで、流通コストなどを徹底的に削減することで、低価格で高機能な商品を数多く販売しています。

 

価格も1万円以下の商品が多く、特にリールは炭素素材で非常に軽量に作られた商品やスプールが蜂の巣のように軽量化された商品など、日本のメーカーにはない特徴を持った商品が多いのも魅力です。

 

最近ではロッドやPEラインなども手がけており、ますます釣具業界で注目される存在となってきています。

カストキングのベイトリール6選

カストキングのベイトリールはとにかくデザインが秀逸です。また、ドラグ性能などのスペック面も低価格帯の商品とは思えないものとなっています。

Verus

1万円台で購入可能なキャステイングベイトリールで、ギア比が高く早巻きを多用する釣りにおすすめです。ベアリング数も11+1と、この価格帯としては多く使用されており、安いからといって巻き心地を犠牲にはしていないところも高く評価されています。

Royale Legend Elite

レーシングカーを思わせるディティールがいかにもアメリカリールらしく、それでいてパーミングしやすい小型ボディが手の小さな日本人でも使いやすいのが魅力です。ドラグ力も十分で、国内のバスフィッシングでの汎用性も高いモデルです。

Spartacus Plus

最大ドラグ力がなんと8kgもあるハイパワーベイトリールで、遠心・マグネットブレーキの両方を採用していることから使い手にあった微妙なブレーキ調整が可能。正確なキャスティングがピンスポット撃ちなどにもってこいのモデルです。

S-partacus/S-partacus Plus ベイトキャスティング リール デュアル ブレーキ システム リール 8KG 最大ドラグ 11+1 BBs 6.3:1 高速釣りリール (Bearing Quantity : L, Color : Spartacus Plus)
LARIAU

SpartacusⅡ

コスパ重視の低価格ベイトリールですが、値段の安さを感じさせない高級感あふれるボディは釣りビギナーにも使っていただきたい機種です。ボディ重量も軽量であるため、重たいタックルを扱い慣れていない女性アングラーなどにもおすすめです。

Zephyr BFS

日本でも主流となったベイトフィネスに特化したリールで、スプールやボディの軽量化よって軽いルアーでも快適にキャストできるよう設計されています。カーボンワッシャードラグを採用し、フィネスモデルながらドラグ力も十分。ややハイギア気味のギア比を採っているのも特徴です。

Crixus ArmorX

先進的なデザインが日本製リールにはない異彩を放っており、剛性を確保するためにボディにはアルミ素材を採用しています。カストキングのリールの中では中価格帯に位置し、性能・外観デザインが入門機種では満足できなくなったアングラーの次のモデルとしておすすめです。

カストキングのスピニングリール5選

スピニングリールも小型番手から大型番手まで豊富なラインナップが用意されています。自分にあったスピニングリールを見つけて、釣りに出かけてみてください。

Sharky BaitfeederⅢ

カストキングの魅力が詰まった、低価格スピニングリール。名前に「サメ」というワードが入っているのもアメリカらしく、とにかく堅牢性に重点をおいたモデルと言えます。壊れない丈夫なリールが欲しいけれど、あまり効果なものには手が出ない...という方におすすめのリールです。

 

シーバスや青物、投げ釣り全般など幅広く使うことができます。

Summer

デザインも個性的でこれから釣りを始める人におすすめのハイコスパモデルです。アンダー1万円ながらボールベアリングを10個搭載し、見えない細部にもこだわりが詰まっています。

 

リールとしての基本的な性能はしっかりと持っているため、トラブル時のサブタックルでの使用などにもいいでしょう。

Megatron

1万円台とは思えないデザインの良さと、汎用性の高い小型〜中型番手のラインナップが特徴のスピニングリールモデル。

 

小型番手はバスやトラウトに、大型番手は青物狙いのショアジギングなどにもおすすめできます。

Kapstan Elite

ソルトのキャスティング・ジギングにおすすめのスピニングリールで、IPX6相当の防水性を持つのが魅力。ボディ剛性が高く、ドラグパワーも大きいため、大型番手は最大クラスの青物の引きにも十分耐えうる設計です。

 

カストキングの中では決して安いモデルではありませんが、それでも性能を考慮すると非常にコストパフォーマンスに優れたリールといえます。

Valiant Eagle Edition

ハイギアモデルの本格スピニングリールで、ジグやプラグの高速アクションにおすすめのモデルです。ステンレスボールベアリングを11個搭載し、滑らかなドラグやりとりで大物も安心してファイトできます。

 

細かなディティールも日本製リールにはない魅力が詰まっています。 ショアジギングメインのアングラーには特におすすめです。

リール以外のおすすめ釣具

カストキングはリールが特に注目されていますが、実はロッドやプライヤーなどの小物類も開発・販売しています。

 

リール同様に、アメリカ製らしいデザインは普段目にする日本製釣り具とは違った魅力があり、他の釣り人とはちょっと違った釣具を揃えたいというコアなアングラーにはおすすめです。

 

カストキングの釣具はアメリカでも高い評価を得ているようですので、気になる商品はいち早く使ってその性能を実感してみてください。

カストキングで釣りを楽しもう!

カストキングは安くてかっこいい!

出典:Pixabay

カストキングには初心者も購入しやすい価格でありながら、日本のトップレベルメーカーにも負けず劣らずの機能と外観を持った素晴らしい商品がたくさんあります。

 

これから釣りを始めてみたいけれど、最初からあまり高い釣具をかうのはちょっと・・・という方にも、カストキングはおすすめです。もちろん釣り上級者のサブタックルとして購入するのもいいのではないでしょうか。

 

みなさんもカストキングの釣具で釣りを思う存分楽しんじゃいましょう!


カストキングはかっこいい

ABOUTこの記事をかいた人

FISH PARADISE!編集部

魚をこよなく愛し、沢山の人に魚の面白さを伝えようと日々奮闘しています。実際にフィールドに出掛けたり、飼育や料理にもチャレンジ中!皆様に有益な情報をお届けできるよう頑張りますっ!