ショアジギングラインの選び方とおすすめ8選!ベストな結束方法は?




アイキャッチ画像出典:Pixabay

ショアジギングラインの選び方

ショアジギングラインの選び方

撮影:FISH PARADISE!編集部

ショアジギングのラインシステムには、メインラインとリーダーの2つが必要になります。それぞれどのようなものを使えば良いのか、選び方を解説します。

メインラインの選び方

ショアジギングのメインラインは基本的にPEラインを使います。PEラインは感度が良く、飛距離を出せるのでショアジギングには最適なラインと言えます。太さは1.5~2号くらいが良く使われますが、ヒラマサやシイラ、マグロなどの大物を狙う場合は3~4号程度のものを使うこともあります。

リーダーの選び方

PEラインは引っ張り強度こそ強いものの、摩擦に弱く根ズレや魚の歯などによって割と簡単に切れてしまうため、リーダーは必須となります。リーダーには比較的感度が良く、比重の高いフロロカーボンがより適しています。ショアジギングのリーダーには、PE2号に対して40lb前後が目安です。サワラやタチウオなど歯の鋭い魚を狙う場合は、リーダーを気持ち太めに設定すると良いでしょう。

メインラインとリーダーのバランス

メインラインとリーダーのバランスも重要で、太さ(号数)や強度(lb)が適したものを組み合わせないとライントラブルのもとになったり、リーダーが結び目からすっぽ抜けてしまうこともあります。PEラインとリーダー(フロロ)のバランスの目安としては、使用するPEラインの号数に対して4倍の号数のリーダーを使うと良いとされています。例えば1号のPEには4号のフロロリーダーが丁度良いです。

ショアジギングのおすすめメインライン8選

ショアジギングにおすすめのPEラインをご紹介します。PEラインには大きく分けて4本撚りと8本撚りがあり、8本撚りの方が強度は高いですが値段は少し高くなります。

ダイワ UVF サムライセンサー

デュエル ハードコアX8

バリバス アバニ ショアキャスター 10×10

ラパラ ラピノヴァX

よつあみ Gソウル スーパージグマン

ヤマトヨテグス PEショアジギング

サンライン スーパーブレイド5 8本組

東レ ジギングPE パワーゲーム

ショアジギングのおすすめリーダー6選

ショアジギングのリーダーにはフロロカーボンラインが一般的です。おすすめ商品を並べるので選ぶ時の参考にしてみてください。

ラパラ ラピノヴァ フロロカーボン ショックリーダー

シマノ エクスセンス リーダー EXフロロ

クレハ シーガー プレミアムマックスショックリーダー

モーリス VEPショックリーダー

サンライン システムショックリーダーFC

ファゾム 国産フロロカーボン ショックリーダー

ショアジギングラインの結束方法は何がいい?

ショアジギングでは比較的重めのジグをキャストし続けること、大型の魚がヒットする可能性が高いことから、メインラインとリーダーの結束部分の強度も非常に重要です。エギングやライトソルトで良く使われる電車結びでは強度的にやや不安なので、ショアジギングではFGノットやPRノットなどの摩擦系ノットが適しています。少々複雑な結び方ですが、ショアジギングにおいては必須とも言えるので、マスターしておきましょう。手軽にノットを組めるノッターという道具も発売されています。

よつあみ Yノッター

最適なライン選びと設定はとても重要

ショアジギングにおいてロッドやリール選びと同じくらい大切なライン選び。狙う魚によって太さを使い分ける必要があり、きちんとメインラインとリーダーのバランスも考慮しなければいけません。また、ラインは使用していくうちに劣化して切れやすくなってしまうので、釣行の前に必ずラインの状態をチェックし、常にベストなライン設定を心がけるようにしましょう。

ショアジギングのライン選び

ABOUTこの記事をかいた人

FISH PARADISE!編集部

魚をこよなく愛し、沢山の人に魚の面白さを伝えようと日々奮闘しています。実際にフィールドに出掛けたり、飼育や料理にもチャレンジ中!皆様に有益な情報をお届けできるよう頑張りますっ!