ダイワの2022年最新メバリングプラグ4選!プラッギングで大物を攻略!

アイキャッチ画像出典:DAIWA

2022年、ダイワからメバリングプラグが多数登場!

ダイワの最新メバリングプラグを解説

出典:DAIWA

メバリングのターゲットはその名の通りメバルです。冬から春にかけてベストシーズンとなりますが、メバルは通年釣ることができるためゲーム性が非常に高いことで知られています。

 

通常のメバリングであればワームを使った釣り方がメインとなりますが、今季登場するメバリングプラグはハードルアータイプで、より扱いやすく簡単に交換することができます。従来のルアーと比較して、どのような違いがあるのでしょうか。

2022年注目のダイワメバル用プラグ

メバルは好奇心が強い性格のため一定層を狙うアプローチが有効ですが、飽きっぽい性格も兼ねそろえていることから、激しく動き回るようなアクションは注意が必要です。また、メバル用プラグは従来のメバリングで使用されるジグヘッドと比較して重量があるため、投げやすくなっています。

メバルハンター 50F/50S

メバリング入門向けミノーです。月下美人夜凪5Sがベースのミノーで、フローティングタイプとシンキングタイプに分けられ、その特徴は以下の通りとなります。

 

【フローティングタイプ】

ハンドル1秒1回転の速さで、表層を回遊するメバルを誘うように動きます。

【シンキングタイプ】

フローティングタイプに比べて0.2g重くなっていることから、潮の流れが速い場所や、強風のときでも狙ったポイントでキャスティングすることができます。

月下美人 しらす P55S

極薄のステンレスペラが大きな特徴となるシンキングプロップベイトです。プロップベイトの腹部は張り出したような形状になっており、堤防や足場の悪い場所からリトリーブしても安定した動作を維持できるよう低重心の設計となっています。

 

張り出した腹部はウェイトルームとも呼ばれ、 内部に埋め込まれた鉄球がぶつかり合うことで音を発してメバルを引き寄せる効果が大きな釣果を予感させます。

月下美人 漣(さざなみ)Z 60F/60S

月下美人 漣Zは大型メバルに対応できるように、全長が60mmとやや大きくなっています。また、リトリーブで反応しないメバルに対し、巻取りを止めた際に水面にすぐに浮き上がらず、狙ったタナで漂う時間を長くした スーパーフローティング設計が盛り込まれているのが特徴です。

 

月下美人 漣Z 60Fの重量は2.7gで、Z 60Sの重量は4.1gとなっており、他のメバリングプラグと比べて価格がやや高くなっています。

月下美人 夕凪(ゆうなぎ) 55F

月下美人 夕凪の特徴は、頭部に内蔵される3つの鉄球がぶつかり合って発生するラトル音で獲物を誘う構造となっている点です。また、本体腹部はフラットな設計となっているためドックウォークが可能。

 

2つの特徴を生かしたアクションはメバルの好奇心に抜群の効果を発揮することでしょう。月下美人 夕凪 55Fの重量は4.0gとなっており、 チヌやシーバスなどの大型魚にも対応できる仕様となっています。

ダイワのメバル用プラグが熱い!

ダイワのメバリングプラグでメバルを攻略!

 

最新のメバリングプラグについて解説してきましたが、釣果アップに直結するようなスペックを兼ねそろえたプラグが勢ぞろいでした。シーンに合わせてプラグを選ぶことができれば、大物を攻略することも難しくはないでしょう。

 

近年ではプラッキングブームとも言われており、人気が高くなっている分ラインナップも豊富になってきました。メバリング初心者の方でもきっと安心安全に楽しむことができることでしょう。


ダイワの最新メバリングプラグを解説