メタルジグおすすめ22選!使い方と選び方も要チェック!




アイキャッチ画像撮影:FISH PARADISE!編集部

メタルジグとは?

メタルジグってこんなルアー

撮影:FISH PARADISE!編集部

メタルジグは金属製のルアーで比重がとても重いため、小さいサイズでも重量があり、飛距離を出しやすく、沈み込みが早いという特徴があります。メタルジグを使った釣りのことをジギングといい、オフショアでは100g以上の重いメタルジグを使用します。近年は陸から30~80g程度のメタルジグをキャストするショアジギングが流行っています。また、5gほどの軽量タイプのメタルジグもあり、ライトゲームでよく使用されています。

メタルジグで狙える魚

メタルジグで釣れる魚

出典:釣具のポイントブログ

メタルジグを使ったジギングやショアジギングでは青物、シーバス、ヒラメ、マゴチ、ロックフィッシュ、タチウオ、シイラなどが、ライトゲームでもアジ、メバル、メッキ、カマス、クロダイなど実に多様な魚種を狙うことができます。メタルジグはサイズに大きく幅があるので、状況に合わせてサイズ変更を行うことであらゆる魚を釣ることができるのです。

メタルジグの選び方

メタルジグを選び方として、重さ、カラー、重心の3項目に注意しましょう。

重さ

メタルジグは数g~数百gと重さにかなり幅があります。狙う魚、釣りをするフィールドにあわせてメタルジグの重さを選びましょう。上でも述べたように目安としてジギングなら100g以上、ショアジギングなら30~80g、ライトショアジギングなら20~50g、ライトゲームなら10g以下といった感じです。例えば底が岩場のシャローエリアで50gのメタルジグを使おうものならすぐに根がかりしてロストしてしまいます。使うフィールドの水深にあわせたセレクトが重要です。

カラー

メタルジグのカラーはイワシなどの小魚に似せたブルー系のカラーや、ゴールド、グリーン、ピンクなどがよく使用されます。特にこのカラーでないと釣れない!ということはありませんが、釣りをしているときにそのフィールドでの主なベイトに似せたカラーを使うのが一番効率的です。あとはフラッシング効果のあるキラキラ系のメタルジグは魚に対するアピール力が強いのでこれも効果的です。

重心

メタルジグの重心にはフロント、センター、リアの3種類があります。フロントはメタルジグの前部に重心があるタイプで、操作性がよいのが特徴です。ただ巻きではあまりアクションしませんが、一定のレンジをキープする能力に長けています。センターはボディの真ん中に重心があり、水平姿勢で泳ぐため魚の動きに最も近くなります。ゆっくり沈むのも特徴で、フォールで魚にアピールしたいときに有効です。メタルジグの後部に重心があるリアタイプは最も飛距離が出て、沈み込みも早いです。ポイントが遠かったり、潮の流れが速いときに重宝します。

メタルジグの用途別おすすめ22選

様々なタイプ、種類が発売されているメタルジグを選ぶときの目安として用途別に編集部おすすめのものを紹介します。

オフショアジギング用

オフショアではおよそ100g以上の重いメタルジグを使用し、真下に落としてしゃくりとフォールで誘っていきます。

シマノ オシア スティンガーバタフライ ウイング

ダイワ 鏡牙ジグ セミロング

スミス メジューム

メジャークラフト ジグパラ バーチカル スローピッチ

ハヤブサ ジャックアイ ストラッシュ

ショアジギング用

ショアジギングではおよそ30~80gまでのメタルジグを使います。夏~秋に人気の釣りで、様々な種類のメタルジグが販売されています。

シマノ コルトスナイパー

シマノ コルトスナイパーフォール

ダイワ サムライジグ

メジャークラフト ジグパラ short

メジャークラフト ジグパラTG

アイマ GUN吉

マリア ムーチョ・ルチア

ジャクソン ギャロップ

ダミキジャパン 闘魂ジグ

オーナー 撃投ジグ

ライトゲーム用

ライトゲームで使うメタルジグは3~10g程度の軽めのものです。軽いため、じっくりと魚にアピールすることができます。

ダイワ 月下美人 プリズナーTG

ラパラ ストーム 五目ジグ

メジャークラフト ジグパラ マイクロ スリム

マリア リトルビット

スミス シラスジグII

ジャズ 爆釣JIG メバルチューン

ジャクソン ダニエル

メタルジグの使い方

メタルジグを使う上で基本となるアクションを5つ紹介します。

ただ巻き

ロッドでのアクションは加えずひたすらただメタルジグを巻いていきます。アピールが弱く釣れるのか不安になると思われるかもしれませんが、ただ巻きでもメタルジグはしっかり泳ぐため、魚へのアピール力も問題ありません。巻く速度を速めたり遅めたりすることで変化もつけられます。何より疲れにくいという長所があるので、長時間の釣りにも耐えられます。

ワンピッチジャーク

おそらくメタルジグの中で一番ポピュラーなアクションではないでしょうか。基本的な動作はロッドを1回しゃくってメタルジグをジャークさせ、ロッドを倒して出た糸ふけをリールを1回転巻いて回収する、これをリズミカルに繰り返していくイメージです。リズミカルに行うというのが重要で、リズムが乱れてしまうとメタルジグが不規則な動きになり、魚の反応も悪くなってしまいます。動作自体は単純なものなので、練習を繰り返して感覚をつかみましょう。

ジャカジャカ巻き

ジャカジャカ巻きは、ロッドを小刻みに上下させながら高速でリトリーブしていくアクションです。メタルジグが非常にせわしなく動くので、活性の高い魚に効果を発揮します。ワンピッチジャークと違いリールの巻き数などを気にしなくてよいため、初心者にもやりやすいアクションになっています。

リフト&フォール

リフト&フォールはロッドをしゃくってメタルジグを浮かせたあとに、カウントダウンしてフォールさせます。フォールさせるときにも、ラインをたるませたフリーフォールやラインを張ってカーブフォールさせるなどのバリエーションがあります。しゃくる回数も1回だけでなく連続で3回など、色々と工夫のできるアクションです。

ロングフォールジャーク

ロングフォールジャークはブリなどの青物に効果的とされ、主にオフショアのジギングで用いられるアクションです。ロッドの穂先を下に向けた状態から、一気に真上までロッドをあおります。その後はメタルジグのフォールスピードにあわせてラインを張った状態で竿先を下げるか、フリーフォールさせていきます。フォールで魚にアピールしていくスタイルのアクションです。

メタルジグを自作しよう

メタルジグは金属の塊なので、ルアーの中でも比較的簡単に自作することができます。鋳型を作ったり、鉛を溶かしたりとやや難しい工程をはさみますが、自分で作ったルアーで魚を釣りたい方は是非メタルジグを自作してみると良いと思います。多くの方がメタルジグを自作し、ネットでその作り方を解説してくださっています。

メタルジグで五目釣り!

メタルジグで五目釣り

出典:写真AC

メタルジグは季節や地域を問わずオフショアや漁港、サーフ、河口部など様々なフィールドで使えます。そのときの海況や魚の活性などにも左右されますが、メタルジグひとつあればソルトルアーをカバーできるといっても過言ではありません。自作もできるメタルジグを使って、いろんな魚に挑戦してみましょう!

メタルジグは色んなタイプが!

ABOUTこの記事をかいた人

FISH PARADISE!編集部

魚をこよなく愛し、沢山の人に魚の面白さを伝えようと日々奮闘しています。実際にフィールドに出掛けたり、飼育や料理にもチャレンジ中!皆様に有益な情報をお届けできるよう頑張りますっ!