メジャークラフトコルザの全6モデル!新感覚ロッドを体感せよ!




アイキャッチ画像撮影:FISH PARADISE!編集部

メジャークラフト コルザとは?

メジャークラフト コルザはコルクグリップがいい!

出典:タックルベリー ベリーネット

メジャークラフトのコルザは、バスをメインターゲットとしたロッドシリーズです。ガイドには糸がらみを軽減するKGコンセプトおよびKシリーズガイドが用いられており、ブランクスはねじれに強いマイクロピッチクロスフォースを搭載、グリップには軽く感度の良いコルク素材が使われていたりと、投げやすさ・操作性に重きをおいた作りとなっています。

メジャークラフト コルザの全6モデル

メジャークラフトのコルザの全モデルについて見てみましょう。

ベイトタイプ

コルザのベイトタイプは4モデルあり、バスの他にナマズや雷魚用のモデルもあります。

ベーシックモデル

コルザのベイトベーシックモデルは3/16ozの軽量リグを扱える6.5ftミディアムライト3ozまでのビッグベイトに対応できる7ftエクストラヘビーまで豊富なバリエーションがあります。各モデルに1ピースと2ピースのものがあります。

メジャークラフト コルザ ベーシックモデル BAIT CASTING (1pc) CZC-65ML
メジャークラフト コルザ ベーシックモデル BAIT CASTING (1pc) CZC-69M

ベイトフィネスモデル

スピニングにも引けを取らない1/32ozという超軽量ルアーをキャストできる6.5ftウルトラライトをはじめ、ベイトならではのキャスト精度とパワーで、スピニングでは攻めきれないストラクチャーをガンガン攻めていけます。1ピース、2ピース両方あります。

メジャークラフト コルザ ベイトフィネスモデル CZC-65UL/BF

メジャークラフト コルザ ベイトフィネスモデル CZC-692ML/BF

カバーゲームがメインになるフロッグゲームにおいて、マイクロピッチクロスフォースを搭載したコルザのフロッグモデルのねばり強さは頼りになります。フロッグのアクションを殺すことなく操作できる利点もあります。

メジャークラフト コルザ フロッグモデル CZS-702ML

ナマズ&雷魚モデル

ナマズモデルは狭い水路で振りやすい6.5ftとオープンウォーでしっかりキャストできる6.9ftの2タイプあります。雷魚モデルはヘビーカバーを想定したエクストラヘビーロッドも揃っています。いずれもグラス素材であり、乗りのよさと大型に対応できるバットパワーがあります。

メジャークラフト コルザ/鯰 CZC-652ML/cat(2pcs)

スピニングタイプ

コルザのスピニングタイプは2モデルあります。

ベーシックモデル

ベーシックモデルはスピニングの強みである軽量ルアーの操作性に優れ、タフコンディションで活躍します。ウルトラライト~ミディアムライトアクションでありながらクロスフォース製法によりデカバスの力にも負けずに寄せることができます。1ピース、2ピース対応。

メジャークラフト コルザ ベーシックモデル CZS-702ML

メジャークラフト コルザ ベーシックモデル CZS-64UL(1pc)

7フィートスピニングモデル

ロングキャストモデルであるコルザの7フィートスピニングは、オカッパリからの釣りで重宝します。フィネスからプラグまで対応できる汎用の広さが強みです。1ピースと2ピースの2タイプあります。

メジャークラフト コルザ 7フィートスピニングモデル CZS-702ML

メジャークラフト コルザの評価・インプレは?

メジャークラフトのコルザは全体的に若干柔らかめの作りになっているため、飛距離を出しやすく、バイトも弾きにくいです。バスがかかった時もマイクロピッチクロスフォース製法のおかげでロッドのねばりも強く安心してファイトができます。さらにガイドにKRコンセプトを採用することで感度・飛距離の向上、糸絡みの軽減が実現し、より快適に釣りをすることできます。コルク製のグリップもお洒落で安っぽさを感じさせません。これだけの機能を備えて定価15,000円ほどなので、非常にお買い得なロッドです。

メジャークラフトのコルザで新感覚のバス釣りを!

メジャークラフトのコルザは「新感覚ロッド」をウリにしており、ガイドのKRコンセプトやマイクロピッチクロスフォースなど当時最新の機能を取り入れています。昨今の最新技術を取り入れたモデルが数多くリリースされている中でも根強い人気を保っているのは、やはりその性能に魅力があるからでしょう。ラインナップも豊富なので、新たにバスロッドの購入を考えている方はメジャークラフトのコルザも候補に入れてみてはいかがでしょうか。

メジャークラフト コルザでバス釣り

ABOUTこの記事をかいた人

FISH PARADISE!編集部

魚をこよなく愛し、沢山の人に魚の面白さを伝えようと日々奮闘しています。実際にフィールドに出掛けたり、飼育や料理にもチャレンジ中!皆様に有益な情報をお届けできるよう頑張りますっ!