シマノのヴァンキッシュ全15機種!軽さ・感度の最上位クラスリール!




アイキャッチ画像出典:釣具のポイント

シマノのヴァンキッシュの5つの特徴

シマノの技術がふんだんに盛り込まれた高性能スピニングであるヴァンキッシュの特徴をチェックしておきましょう。

1.シマノのスピニングリールにおける最軽量を実現

ヴァンキッシュの大きな特徴として、自重の軽さが挙げられます。ヴァンキッシュはシマノのスピニングリールとして最軽量のモデルであり、特に常にタックルを持ちっぱなしになるキャスティングゲームなどにおいては大きなアドバンテージとなります。

2.HAGANEボディで高剛性

軽量であるというと、なんとなく頑丈ではないようなイメージを持つかもしれませんが、ヴァンキッシュにはHAGANEボディと呼ばれる特殊な素材が採用されており、高い剛性が確保されています。軽いからといってリールが歪んでしまうなどのトラブルはかなり少ないと言えるでしょう。

3.NEWマグナムライトローラーによる巻きの軽さ

巻いた時の軽さもヴァンキッシュの特徴の一つです。新しいマグナムライトローラーを採用することで、軽量化に加え低慣性化に貢献しています。軽量スプーンを操り、繊細なあたりを取る必要があるエリアトラウトや軽量ワームを使うアジングなどにも良いのではないでしょうか。

4.マイクロモジュールギアで感度抜群!

マイクロモジュールギアも、基本的には上位機種にのみ採用されている機構です。ギアのノイズなどが非常に抑えられているため、感度は抜群です。やはり、積極的にあたりをとっていく釣りに向いていると言えます。

5.コアプロテクトで防水も十分

ダイワのマグシールドは非常に優れた防水技術でしたが、シマノも負けてはいません。ヴァンキッシュには様々な箇所にコアプロテクトが採用されており、特にヘビーユーザーの日々の手入れには一役買ってくれることでしょう。

ヴァンキッシュの全15機種

ヴァンキッシュの全15機種を徹底紹介します。1000番台から4000番台まで幅広いラインナップがあるので、自分の釣りにあった最適を見つけてみてください。

1000番台

1000番台のヴァンキッシュは、主にエリアトラウトやアジング、メバリングに重宝します。巻きの軽さを実感してみてください。

シマノ ヴァンキッシュ 1000PGS

2000番台

2000番台はトラウトやバスのフィネスの釣り、カマスやサバなどのライトソルト向きの番手です。リールの軽量さの恩恵を最大限受けることができますね。

シマノ ヴァンキッシュ C2000S

シマノ ヴァンキッシュ C2000HGS

シマノ ヴァンキッシュ C2500HGS

シマノ ヴァンキッシュ C2500XGS

シマノ ヴァンキッシュ 2500S

シマノ ヴァンキッシュ 2500HGS

3000番台

3000番台はシーバスや小型青物の釣りに重宝します。ヴァンキッシュの性能を感じながら釣りを楽しんでみてください。

シマノ ヴァンキッシュC3000

シマノ ヴァンキッシュC3000HG

シマノ ヴァンキッシュC3000XG

シマノ ヴァンキッシュC3000SDH

シマノ ヴァンキッシュC3000HGSDH

シマノ ヴァンキッシュ3000HGM

4000番台

4000番台はボートシイラのキャスティングや、磯からのヒラスズキや青物にもってこいの番手です。軽さと剛性を兼ね揃えたヴァンキッシュだからこその釣りが堪能できます。

シマノ ヴァンキッシュ4000HG

シマノ ヴァンキッシュ4000XG

ヴァンキッシュと類似機種との比較

シマノの上位機種であるヴァンキッシュですが、他機種とはどのような違いがあるのでしょうか。今回は、ステラとイグジストと比較してみました。購入の際の参考にしてみてください。

ステラとの比較

シマノの最上位機種であるステラとヴァンキッシュの大きな違いは、巻きの感じです。ヴァンキッシュが低慣性・巻きの軽さを重視しているのに対し、ステラは軽さよりもぬめっとした滑らかさを含めた全体のバランスを重視しています。しかし、決してヴァンキッシュはステラの下位互換というわけではなく、あくまで軽さに特化させた機種のようです。その証拠にステラはマグナムライトローラーは搭載していません。また、先述した通り、自重はヴァンキッシュの方が軽いのが特徴です。価格はヴァンキッシュの方が2万円程度低価格です。

イグジストとの比較

ステラと並ぶスピニングリールの最上位機種であるダイワのイグジスト。イグジストとヴァンキッシュはメーカーが違うので一概に比べることはできませんが、やはり自重はヴァンキッシュの方が軽いです。また、ヴァンキッシュにはエクストラハイギアというモデルがあり、イグジストのハイギアモデルよりもさらにハイギアのモデルが存在する点などで異なります。また、両者ではデザインに大きな違いがあるので、主にはラインナップとデザインが違いと言えます。価格は、ステラとの比較同様、ヴァンキッシュの方が2万円程度安いです。

シマノのヴァンキッシュでこだわりの釣りを

ヴァンキッシュはシマノの技術と熱意が詰まった素晴らしいリールです。シマノの提唱しているクイックレスポンスシリーズの頂点にいるといっても過言ではないでしょう。まだ、ヴァンキッシュを使ったことのない方は、この機会に是非、手にとってみてはいかがでしょうか。きっとその素晴らしさに満足すること間違いなしです!

 

 

シマノのヴァンキッシュのクリックレスポンスはすごい

ABOUTこの記事をかいた人

FISH PARADISE!編集部

魚をこよなく愛し、沢山の人に魚の面白さを伝えようと日々奮闘しています。実際にフィールドに出掛けたり、飼育や料理にもチャレンジ中!皆様に有益な情報をお届けできるよう頑張りますっ!