カマスをルアーで狙う!釣り方とおすすめプラグ&ワーム22選!




アイキャッチ画像出典:イシグロ伊東店スタッフブログ

カマスってどんな魚?

出典:つり具のブンブン釣り情報

カマスはスズキ目カマス科に属する魚で、円筒形の細長い体でくちばし状の大きな口に鋭い歯が並んでいるのが特徴です。小魚を捕食する獰猛なフィッシュイーターのため、ルアーフィッシングの対象として近年人気を見せています。カマスは基本的に群れで回遊しているため、数釣りを楽しむことができます。干物で美味しい魚なので知名度はそこそこあるのですが、実は「カマス」というのは総称で、釣りで狙うことができるのはアカカマスおよびヤマトカマスが一般的です。沖縄など南方ではオニカマス(バラクーダ)も釣れますが、全国的にはこの2種がメインになります。

カマスルアーが出来る釣り場

カマスのルアーゲームは漁港でもできる

提供:平尾真也氏

カマスは回遊魚であるため、堤防の先端や磯場など潮通しの良い場所が好ポイントです。一番手軽な釣り場としてはやはり漁港でしょう。堤防から外海に向けてルアーのキャストを繰り返していくことになりますが、ベイト(イワシ、小アジ等)が漁港に入ってきている場合はそれを追ってカマスも港内に入ってくることがあります。カマスは北海道から沖縄までの日本各地の沿岸を回遊していますが、狙って釣るなら生息数の多い関東以南の釣り場がベターです。特に西日本では良く釣れる魚のようです。

カマスがルアーで釣れる時期・時間帯

カマスが釣れる時期は一般的には夏~秋ごろがベストシーズンのようです。しかし冬~春に釣れている情報もあるので、釣り場近くの釣具屋などで情報を仕入れてから釣りに行くと良いでしょう。釣れる時間帯は活性が高まる朝まずめ・夕まずめがベストタイムです。日中でも釣れますが、夜間はなかなか釣れないようなので朝まずめ~夕まずめにかけた時間帯で狙いましょう。

カマスのルアー釣りのタックル

カマスは20~30㎝程度が良く釣れるサイズです。従ってアジやメバルと同じライトルアーのタックルで狙うことができます。ロッドはライト~ウルトラライトで6~7ft前後、リールは2000番前後でナイロンかフロロの4~6lbを100m程巻けるものが良いです。カマスは歯の鋭い魚なのでメインラインよりも若干太いリーダーが必須になります。フロロの8~10lb程度を30㎝位結びましょう。

メジャークラフト ソルパラ アジング SPS-S662AJI

シマノ 16 ナスキー C2000HGS

ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム 0.3号

クレハ シーガー プレミアムマックス ショックリーダー

おすすめのカマスルアー22選

カマスルアーには5~10g程度の小型ミノーやメタルジグを使用します。カラーは小魚を模すためフラッシング効果の高いキラキラ系のものが効果的です。また、ワームにも好反応を示すのでハードルアーで食いが渋い時は3g前後のジグヘッドに2~3インチのワームをつけてじっくり誘うのも良いでしょう。

おすすめプラグ10選

プラグは比較的軽めのもので、トップ系からボトムを探れるジグまで様々なタイプが使用できます。その時のカマスのいるレンジに合わせてルアーを選択しましょう。

ダイワ 月下美人 プリズナー

ダイワ 月下美人 小鉄

ラパラ ジギングラップ

ラパラ ストーム 五目ジグ

ラパラ ストーム 五目スピン

マリア リトルビット

マリア POCKETS ダート

デュオ テトラワークス トト

デュエル ハードコア ヘビーシンキングミノー

TAKAMIYA FALKEN R スピンブレード ミニ

おすすめジグヘッド4選

ジグヘッドはアジ・メバル用のものをそのまま流用できます。

ダイワ 月下美人 SWライトジグヘッド

がまかつ マイクロダーター

ティクト メバスタ

JAZZ 尺ヘッドDXマイクロバーブ

おすすめワーム8選

ジグヘッド同様にアジ・メバル用のものが使いやすいです。

ダイワ 月下美人 ビームスティック

エコギア グラスミノー

エコギア アジ職人アジマスト

マリア ママワームソフト アクションフィッシュ

バークレイ ガルプ! ベビーサーディン

ティクト メタボブリリアント

TICT ヴィヴィッドリザードテイル

ジャッカル デカキビナーゴ

カマスのルアー釣りの基本の釣り方

カマスのルアー釣りではただ巻き、トゥイッチ、ジャーク、リフト&フォールなど様々なアクションで誘いを入れていきます。カマスの活性が高い時には、とにかく動いているルアーに積極的にアタックしてくるため、色々なアクションを試してみる良い機会になります。アタリが渋い時はただ巻きでじっくり魚にアピールしてみたり、食いの間を入れるためストップ&ゴーで攻めてみましょう。

カマスをルアーで釣るのって楽しい!

出典:イシグロ伊東店スタッフブログ

カマスは漁港などで手軽に数を釣ることができ、ルアーへの反応も非常に良いためライトゲームの入門としては最適です。ゲーム性も高く、40~50cmの大型ともなればその引きは凄まじく、専用のタックルで挑まなければいけません。南方の海にはオニカマス(バラクーダ)など1mを超える種も生息しています。夢のメーターオーバーを求めて、カマスのルアー釣りを始めてみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

FISH PARADISE!編集部

魚をこよなく愛し、沢山の人に魚の面白さを伝えようと日々奮闘しています。実際にフィールドに出掛けたり、飼育や料理にもチャレンジ中!皆様に有益な情報をお届けできるよう頑張りますっ!