トラウトミノーおすすめ10選!種類と使い方もチェック!




アイキャッチ画像提供:FISH PARADISE編集部

トラウトミノーの種類

トラウトミノーには大きく分けて3種類のタイプがあります。それぞれどんな特徴があるかおさらいしておきましょう。

フローティングミノー

静止状態だと水面に浮くタイプのミノーで、リールを巻くと水中に潜るように設計されています。活性が高く、水面を意識している魚が多い時に有効になります。

サスペンドミノー

サスペンドとはその場にとどまるという意味で、水中で浮きも沈みもせずに、ある層でとどまるタイプのミノーです。魚にじっくりと水中でアピールできます。

シンキングミノー

シンキングミノーは静止状態だと底に沈んでいくルアーです。シンキングミノーの中にはヘビーシンキングタイプと言って沈むスピードが非常に早いタイプもあります。

おすすめのトラウトミノーおすすめ10選

おすすめのトラウトミノーを選んでみました。管理釣り場や渓流など、フィールドによって使い分けが必要になることもあります。それぞれ、おすすめをご紹介します。

管理釣り場におすすめのトラウトミノー5選

ハンクル ザッガー

スミス パニッシュ

ラパラ カウントダウン3

ハルシオンシステム デンス

アイジェットリンク ブラストイット 

渓流釣りにおすすめのトラウトミノー5選

スミス Dコンタクト

シマノ カーディフ 刀雅

バスディ シュガーミノー

アングラーズリパブリック アレキサンドラ

タックルハウス バフェット ドラス

トラウトミノーの使い方

トラウトミノーの基本的な使い方もご紹介します。ルアーを通すコースや水深をうまく変化させ、色々な方法でトラウトにアプローチしてみましょう。

ストップ&ゴー

その名の通り、糸を巻いたり止めたりしてアピールする方法です。動きに変化があると、トラウトが「おっ!?」と思い、食いついてきます。止める時間や感覚を変えたりして工夫してみましょう。

トゥイッチ

ロッドの先をチョンチョンと動かして、ルアーを小刻みに動かす方法です。トラウトにルアーを食べるスイッチを入れることができます。ただし、やりすぎるとすぐにトラウトは飽きてしまうので、適度に使い分けましょう。

トラウトミノーで釣る楽しみを

トラウトを釣る方法はミノーの他にもたくさんありますが、トラウトミノーは動きも色々と考えられて作られているので、自分の使い方次第で非常にバリエーションも多くできます。そのため、トラウトミノーで釣った時の嬉しさも格別です。皆さんも、是非、トラウトミノーでの釣りにチャレンジしてみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

FISH PARADISE!編集部

魚をこよなく愛し、沢山の人に魚の面白さを伝えようと日々奮闘しています。実際にフィールドに出掛けたり、飼育や料理にもチャレンジ中!皆様に有益な情報をお届けできるよう頑張りますっ!