ストリンガーおすすめ11選!新鮮に大物を持ち帰ろう!




アイキャッチ画像出典:釣具のポイント

ストリンガーってどんな道具?

ストリンガーとは、魚を生きたまま釣り場で保管しておくための道具のことを言います。ロープの先に大きなクリップのような金具がついていて、魚の口と下顎に金具を通しロックしておき、水中に沈めておくことで魚を新鮮な状態で生かしておくことが可能です。

ストリンガーのメリットとデメリット

ストリンガーのメリットとデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

メリット

メリットとして、クーラーやビクに入らないような大物でも生かしたままにできるという点です。また、金具の数を増やせば複数匹の保存も可能です。さらに、ロープの長さをかえることができるので、足場の高い釣り場などでも重宝します。

デメリット

デメリットとして、口が弱い魚種だと逃げられてしまう可能性があるという点です。また、エラに金具を通してしまうと、水中で暴れてエラが傷つき弱ってしまう場合があります。口が弱い魚などはビクを使ったほうが良いでしょう。

ストリンガーおすすめ11選!

おすすめのストリンガーを集めてみました。生きたまま魚を保存し、美味しく食べるために1つは持っておくと重宝します。

マルシン漁具 ストリンガーZ

ベルモント(Belmont) ストリンガー100 ロープ付セット

ベルモント(belmont) フロートストリンガーセット キャリングケース付き

タカ産業 PROストリンガー ロープ-G

ヤマワ産業 パーフェクトストリンガーセット

ソルティナ スマートストリンガー

サンナー ステン黒ダイ用ストリンガー

プロマリン(PRO MARINE) ストリンガーセット

KAZAX カザックス ステンレス ストリンガー

がまかつ(Gamakatsu) チヌストリンガー5本組

バッカニア (Buccaneer)   ストリンガーII

ストリンガーの使用方法と注意点

ストリンガーは下顎に通すのが一般的な使用方法で、エラにはあまり通さないほうが良いでしょう。エラに通すことで、魚が暴れた時にエラを傷つけ弱ってしまうためです。ただし、顎が弱い魚の場合は、最悪の場合顎が裂けてストリンガーから外れてしまう場合もあります。そのような魚の場合は、例外的にエラに通して使用しましょう。

 

ストリンガーがあれば、大物が釣れても安心!

大きな魚が釣れたら、持って帰って食べたいものですが、いちいち釣り場に大物用のポンプ付きクーラーを持っていくのはなかなか手間です。ストリンガーガーあれば、魚を生かしたまま釣りを続けられて移動も楽々。仮に魚が釣れなくてもコンパクトに収納できるので、とっても便利ですね。あなたもぜひ、今度の釣りにはストリンガーを持って行ってみてはいかがでしょうか。

ストリンガーは便利

ABOUTこの記事をかいた人

FISH PARADISE!編集部

魚をこよなく愛し、沢山の人に魚の面白さを伝えようと日々奮闘しています。実際にフィールドに出掛けたり、飼育や料理にもチャレンジ中!皆様に有益な情報をお届けできるよう頑張りますっ!