サビキ釣り入門!道具や釣り方をまとめて紹介!




アイキャッチ画像:FISH PARADISE編集部

サビキ釣りとは

サビキ釣りとは、オキアミなどの撒き餌(コマセ)を使って魚を誘い出し複数の針をつけた仕掛けで釣りあげる釣法です。難しい仕掛けや操作が必要なく、手軽にできることから初心者におすすめの釣り方です。

 

サビキ釣りで釣れる魚

サビキ釣りでは様々な魚を狙うことができます。魚種によって釣れる時期が異なるので、それぞれの季節ごとに釣れる魚を紹介します。

春に釣れる魚

メバル、サヨリ、ウミタナゴ、ボラ

夏に釣れる魚

アジ、サバ、イワシ、ソウダガツオ、サッパ、ボラ

秋に釣れる魚

アジ、サバ、イワシ、ソウダガツオ、サッパ、カワハギ、ボラ

冬に釣れる魚

メバル、サヨリ、ウミタナゴ、カワハギ

※水温や地域により変わるのであくまで目安として参考にしてください。

 

サビキ釣りのポイント

サビキ釣りはコマセを効率よく拡散させるため、潮通しの良いポイントが良いです。また、他にサビキ釣りをしている人と同じポイントに竿を出すことでコマセの効果がより高まります。ただし他の人と仕掛けがオマツリしてしまわないように注意しましょう。

 

サビキ釣りのタックルと仕掛け

ロッド

ロッドは極端に硬かったり柔らかかったりしなければ何でも使用することができますが、比較的丈夫で柔らかめの3m前後の短い投げ竿が扱いやすいです。

リール

2000番~3000番クラスのスピニングリールが適しています。ナイロンライン3号を100m程度巻ければ十分です。ライン付きのリールも釣具屋に置いてあるため、始めはそこからでも良いでしょう。

仕掛け

サビキ釣りでは基本的に複数の針がついている仕掛けにコマセ袋やカゴ、オモリを取りつけます。これらが始めから全てセットになっている仕掛けもあるので、それを買うと手軽です。

ささめ針 ボウズのがれ

コマセ

コマセは冷凍アミを使うのが一般的です。釣具屋にブロック状に固められたアミが売っています。しかし、冷凍アミは一度解凍すると次回釣行での再利用が難しいため、何回かに分けて使うつもりなら生のコマセを使うことをおすすめします。

初心者にはサビキ釣りセットがおすすめ

釣具屋にはサビキ釣りセットといものも良く置かれています。これはロッドからリール、仕掛けなどサビキ釣りに必要なものが一通りそろっているセットで、これを買うだけでサビキ釣りを始められます。初心者はこのサビキ釣りセットを購入しても良いでしょう。

サビキ釣りセット

サビキ釣りにあると便利な道具

上で紹介した道具の他にも、サビキ釣りにあると便利な道具を紹介します。

バケツ

バケツはコマセを解凍するのにあれば便利です。また、釣れた魚を一時的に生かしておくのにも使えるため、2つ以上用意しておくとなお良いでしょう。ひも付きのバケツも売っており、海水を汲むときに非常に重宝します。

TAKAMIYA H.B CONCEPT 活かし水くみ

コマセ用スコップ

コマセを網やカゴに入れるときに役立ちます。また、冷凍アミブロックを解凍する時このスコップで崩しながらだと素早く解凍することができます。

ナカジマ アミエビスコップ S

クーラーボックス

クーラーボックスは釣った魚を入れておくのは勿論、飲み物や餌などの保冷にも使えます。サビキ釣りのメインであるアジやイワシ狙いの夏場の釣りには必要不可欠であると言えます。

キャプテンスタッグ クーラーボックス シエロ

タモ網

サビキ釣りをしていると思いがけずボラやイナダなどの大物がかかることがあります。タモ網はそんな思わぬ大物がかかった時にロッドの破損やラインブレイクを防ぐために使います。小魚を狙うから必要ない、と思わずに念のため準備しておきましょう。

OGK 超小継磯玉網ゼロGTセット 360

メゴチバサミ

鋭いぜいごのあるアジや毒棘のあるゴンズイやハオコゼなどが釣れてしまった場合、素手でつかむとけがをする恐れがあります。メゴチバサミがあれば安全に魚をつかむことができます。

第一精工 ワニグリップMC ブラック

折りたたみ式椅子

サビキ釣りは基本的に釣り座から動かずに魚の回遊を待つ釣りです。そのため、折りたたみ式の椅子があれば長時間の釣りでも疲れることなく続けることができます。

キャプテンスタッグ チェア パレット ラウンジ チェア

サビキ釣りのやり方

仕掛けを上下させて魚を誘え!

サビキ釣りでは、狙いの層まで仕掛けを沈めたら竿を上下させてコマセを水中に拡散させるとともに仕掛けを動かせて魚を誘います。魚は動くものに興味を示すのでこうして魚を誘い出すことは重要です。

時間帯は朝まずめ、夕まずめがベスト!

サビキ釣りのゴールデンタイムはずばり朝まずめ、夕まずめの時間帯です。朝まずめは朝方の空が薄く明るくなるころから日の出ごろまでの時間帯で、夕まずめは日没前の空が薄暗くなるころから夜になるまでの間の時間帯です。狙う魚によってベストタイムは変わりますが、基本的に朝まずめ、夕まずめの時間帯が魚の活性が最もあがると言われています。

サビキ釣りから釣り名人へ!

サビキ釣りはひとつの仕掛けに複数針が付いているため、一度に5,6匹の魚を釣ることが可能です。また、サビキ釣りで狙うアジ、イワシ、サバなどは大群で回遊してくるため、手返しよく釣り続けられれば数釣りを楽しめます。とにかく手軽に始められるサビキ釣り、魚を釣る感覚をつかむには最適の釣りです。これから釣りを始める初心者の方はサビキ釣りから釣り名人への道を歩んでみませんか!?

ABOUTこの記事をかいた人

FISH PARADISE!編集部

魚をこよなく愛し、沢山の人に魚の面白さを伝えようと日々奮闘しています。実際にフィールドに出掛けたり、飼育や料理にもチャレンジ中!皆様に有益な情報をお届けできるよう頑張りますっ!