アイナメ釣り入門!仕掛けや釣り方を徹底解説!




アイキャッチ画像撮影:FISH PARADISE!編集部

アイナメとは

アイナメはスズキ目アイナメ科に属する海水魚であり、北海道から九州までの日本各地の海に生息しています。同じアイナメ科に属するクジメと非常によく似ていますが、最大で60cm程までに成長すること、側線の数が5本(クジメは1本)であることなどで区別できます。肉食で甲殻類、ゴカイ・イソメ類などの他小魚も捕食するため、ルアーでも釣ることができます。北海道では「アブラコ」と呼ばれ釣りの対象魚として非常に人気のある魚です。北にいくほどサイズが大きくなる傾向があり、関東以南では30cmを超えれば良型とされていますが、東北以北では60cmオーバーの実績もあります。フッキングしたあと首を大きく振るためリズミカルに「ゴンッ、ゴンッ」といった独特の引きが味わえ多くの釣り人を虜にしています。

アイナメ釣りの時期

アイナメは11~12月頃に産卵のために浅場へ寄ってくるため、本州では一般的に晩秋~春先がトップシーズンであると言われています。北海道など北の方ではほぼ周年狙えるターゲットです。

アイナメ釣りのポイント

アイナメはいわゆる「根魚」の1種であるため、岩の隙間などの陰に潜んで獲物を待ち構えています。活性が高い時には泳ぎまわって餌を探しますが、基本的には根のある場所を重点的に狙うとよいでしょう。ポイントとしては、漁港では沈み根や海藻のある場所、テトラポッド周りなどの障害物のある箇所が良いです。磯も1級のポイントですが、足場が悪かったり波をかぶったりすることがあるためやや上級者向きのポイントです。

アイナメ釣りのタックルと仕掛け

投げ釣りのタックルと仕掛け

アイナメ釣りでは障害物のあるポイントを攻めていくため、遠投する必要はありません。そのため投げ釣りのロッドは4m前後の長さで、オモリ負荷30号程度であれば十分です。リールは3000番前後で、ナイロンラインを10lbで200m巻ければよいでしょう。仕掛けは根掛かりのリスクを減らすためジェット天秤や遊動式の天秤を用い、1本針か多くても2本針で組んだ方がよいでしょう。餌はアオイソメやユムシを用います。

REAL CASTER SET 360cm ライン付き

ハヤブサ キス・カレイ・ハゼ・アイナメ五目釣

穴釣りのタックルと仕掛け

穴釣りは岩場やテトラポッドの隙間に仕掛けを落としてアイナメを釣ります。真下に仕掛けを落とし込めるよう、ロッドは5~6ftの短めのものが良いです。また、穴釣りではアイナメをかけたら一気に穴から抜きあげるパワーが必要なため、ハードクラスの硬めのロッドがよいでしょう。同様の理由でリールもスピニングより巻き力のあるベイトリールの方が確実です。穴釣りは狭い隙間を狙うこともあるのでラインは根擦れに強いフロロカーボンラインが適しています。太さは2.0号前後が良いでしょう。仕掛けはブラクリが一番手軽で、狙ったポイントに確実に餌を送り込めます。餌は投げ釣りと同じもので大丈夫です。使用するブラクリについては、以下の記事で詳しく述べています。

ブラクリの基本とおすすめ8選!意外な大物が釣れる!?

ルアーでのタックルと仕掛け

アイナメ用ワーム

撮影:FISH PARADISE!編集部

アイナメのルアーフィッシングではスピニング、ベイト両方で対応できます。穴釣りと同様パワーのあるベイトタックルに分がありますが、キャストにコツがいるため初心者はスピニングタックルを使うとよいでしょう。。繰り返しルアーをキャストすることとアイナメが根に潜ろうとするのを抑え込むため、ロッドは自重の軽い6~7ftのミディアムクラス以上が望ましいです。リールは2000~3000番でフロロ5lbもしくはPE1号を100m程巻けるものが良いです。ルアーは主にワームを用います。仕掛けはスイム中心で攻める場合はジグヘッド単体、ストラクチャー周りをタイトに攻める場合は根掛かり軽減のためオフセットフックを用いたテキサスリグ、と場合によって使い分けます。ワームは、小魚を捕食している時はシャッドやカーリーテール、ピンテール、甲殻類を捕食しているときはカニやエビを模したワーム等、その時のベイトに合わせたものを選択します。

バークレイ ガルプ! SWホッグ

バークレイ ガルプ! ソルトウォーターパルスワーム

エコギア グラスミノーL

 

アイナメ釣りのコツ

時間帯は日中がベスト

アイナメは主に視覚で餌を見つけるため、日中に釣果をあげやすく、逆に夜間はほとんど釣れないと言っても過言ではありません。代わりにメバルの活性が高くなり、ポイントもほぼ同じなので日中はアイナメ、夜間はメバルというように時間帯でターゲットを変えるとよいでしょう。

仕掛けを目立たせてアイナメを誘え!

前述の通りアイナメは視覚で餌を見つけます。そのためルアーで狙う場合はもちろん、投げ釣りや穴釣りにおいても適度に仕掛けを動かせてアイナメにアピールする必要があります。また、ハリスや道糸に色つきのビーズ、ビニールバイプなどを通して仕掛けの存在感をあげてアイナメにアピールする方法もあります。

 

アイナメ釣りを始めよう!

アイナメ釣り

撮影:FISH PARADISE!編集部

アイナメは根魚の中でも大型に成長し、日本各地に生息しているため手軽に強い引きを味わえる最高のターゲットです。味も非常によく、適度に脂の乗った白身は刺身、煮つけ、唐揚げなど様々な料理に合います。しかし鮮度が落ちやすいため魚屋やスーパーで見かける機会はあまりない魚であり、新鮮なアイナメを食べられるのは釣り人の特権とも言えます。是非アイナメ釣りを始めて釣り味と食味の両方を楽しみましょう!

アイナメ釣り

ABOUTこの記事をかいた人

FISH PARADISE!編集部

魚をこよなく愛し、沢山の人に魚の面白さを伝えようと日々奮闘しています。実際にフィールドに出掛けたり、飼育や料理にもチャレンジ中!皆様に有益な情報をお届けできるよう頑張りますっ!