タイジグで真鯛を狙おう!フック選びや使い方とは?




アイキャッチ画像出典:TACKLEHOUSE Facebook

タイジグとは

タイジグってどんなルアー?

出典:TACKLEHOUSEホームページ

タイジグはタックルハウスから発売された“マダイ釣り”に特化したオフショア用のメタルジグです。

特徴

タイジグの特長は多彩なアクションにあります。T断面という一風変わった形状はスイミング、フォール、リトリーブスピード、ロッドアクションによって大きく変化。状況に合わせてこちらから仕掛けていくことが可能です。鯛ラバに見向きもしないマダイですら口を使わせてしまうほど、その実釣性能には定評があります。

ラインナップ

ラインナップは以下の通りです。

タイジグ

タイジグのスペック

豊富なラインナップも魅力の一つです。水深や潮の速さ、ベイトサイズによって使い分けましょう。

タイジグ(スリム仕様)

タイジグリムのスペック

より細身に設計されたモデル。フォールが速くリアクションバイトを誘発させることができます。

ターゲット

マダイはもちろんのこと、様々な魚種を釣ることができることもタイジグの魅力の一つです。通常のジグのようにジャークすることで青物やタチウオ、ボトム付近を狙えばカサゴやキジハタなどの根魚、ヒラメetc…。多彩なアクションは幅広い魚種に対応することが可能で、そのポテンシャルは計り知れません。

タイジグに合うフックセッティングは?

タイジグのフックセッティングは?

出典:TACKLEHOUSE Facebook

タイジグはアイが特殊な形状をしており、状況に応じてフックセッティングを変えることが可能です。アイに直で付けたりスイベルに付けたりと潮やマダイの活性によって使い分けましょう。フロントはダブルフックでサイズはジグの横幅より少し小さいものがよいです。リアはフロントフックより2回りほど小さいものをシングルで付けることをおすすめします。

おすすめフック

がまかつ:ショートスナイパー#1

がまかつ:マダイスナイパー#1

タイジグにはどんなロッドが良い?

タイジグ専用のロッドはある?

出典:写真AC

タイジグは40g~150gがラインナップされており、その重量を扱うことができるロッドを用意しましょう。ジャーキングする場合もあるため、バットに張りのあるものが使いやすいです。タイラバロッドやライトジギングロッドをそのまま使うこともできますが専用のロッドも発売されているので、そちらもおすすめです。

SeaWalk Taijigging シリーズ

タイジグの使い方

タイジグの使い方

出典:TACKLEHOUSEホームページ

使い方によって様々なアクションが可能なタイジグ。その代表的な使い方をご紹介します。

ただ巻き

マダイ釣りにおいて最もオーソドックスかつ効果的な“ただ巻き”。キャストした後、底を取り一定のスピードで巻き上げます。独特な断面形状は姿勢を保つ役割をするとともに細かいロールアクションを生み、マダイを魅了します。リトリーブスピードを変えたり、少しキャストして斜めに引いたりと状況に合わせて変化させることが大切です。

ジャーキング

タイジグはジャーキングでも効果を発揮します。ショートピッチジャークではフラッシング効果が高く、ロッドを大きくあおるジャークでは一瞬水平姿勢が入ることで食わせの間を作ることができます。マダイはもちろんのこと、青物にも効果的。通常のジギングよりもスローに扱うのがコツです。

フォール

タイジグは水平姿勢を保ち、ゆっくりと蛇行しながらヒラヒラとフォールします。マダイ釣りではリトリーブが基本となるため、フォールでも掛けられるタイジグは釣りの幅をより一層広げることが可能です。実際のところフォール時のアタリは多く、リトリーブでは追うものの食いきらないマダイに効果があります。

タイジグはショアでも使える?

タイジグはショアからでも楽しめる!

出典:写真AC

タイジグはショアの釣りでも威力を発揮します。港内では潮通しの良い場所でただ巻きとジャーキングを併用することで青物を。フォール時の水平姿勢を活かしつつボトムバンプすることによって根魚を狙うことができます。また、サーフでボトムを意識してただ巻きすればマゴチやヒラメを狙うことも可能です。60g以上のジグを使うと遠投もできるので急に発生するナブラに対応することもできます。

タイジグで真鯛ゲームの幅を広げよう!

タイジグで真鯛を釣ろう

出典:TACKLEHOUSE Facebook

特殊な形状から多彩なアクションを生み出すタイジグ。その適応力は厳しい状況や活性の低いマダイであっても臆すことなく攻めきることができます。自らの意志で積極的に誘い、掛ける。マダイ釣りにおいては一風変わったスタイルかもしれませんが、釣りの楽しみを倍増させてくれることは間違いないでしょう。