エクスプライドのスペックや評価は?初心者にもおすすめの人気11モデル




アイキャッチ画像出典:釣具のポイント

エクスプライドの特徴

エクスプライドのスペック

出典:釣具のポイント

バスロッドの中でもひときわ高い支持を得ているシマノから発売されいているエクスプライド。2017年には全アイテムを新設計にしてモデルチェンジして注目を集めています。

概要

エクスプライドはベイトロッドが14種類、スピニングロッドが6種類、2ピースモデルのベイトロッドが7種類、スピニングロッドが4種類の計31種類のラインナップで発売されています。価格帯は1万円後半から2万円程と、シマノの高い技術が使われているにも関わらずリーズナブルな値段設定となっています。ブラックバスの入門機種としておすすめです。

搭載技術

ロッドのブランクスをカーボン強化するハイパワーXは、パワーの伝達もスムーズになるのでシャープでパワフルなロッドになります。また、リールシートには軽量で硬さも十分なCl4が採用されており、感度の向上やしなやかさをもったタフテックなど、様々な技術が搭載されています。

2017年にフルモデルチェンジ

2017年のフルモデルチェンジでどこが変わったかというと、まずは10%の軽量化とシマノが誇るハイパワーXによる補強です。これにより感度面も上がりました。そして、リールシートはマットなラバーコーティングと穴あき加工により握りやすくなりました。見た目では、ロゴの縁取りがゴールドからシルバーに、ハイパワーXの表記が表から裏へ移動しています。

エクスプライドの人気機種11選

2018年にベイトロッド7種、スピニングロッド4種が加わり全部で31種類もあるエクスプライドですが、その中でも人気の11機種を紹介したいと思います。

エクスプライド 166M・166M-2

・長さ 1.98m

・重さ 112g

・1ピース/2ピース

・ルアー重量 7~21g

・フロロライン適合 8-16lb

テクニカルなプラグゲームを得意とし、様々なアクションを演出することができます。定番の長さと硬さで、ベイトリール入門におすすめのサイズです。沖や陸、野池などどんなフィールドでも使える一本です。

エクスプライド 168L-BFS・168L-BFS/2

・全長 2.03m

・重さ 100g

・1ピース/2ピース

・ルアー重量 3.5~10g

・フロロライン適合 6ー12lb

様々なタイプのベイトフィネスゲームをこなし、高比重ノーシンカーなどのワーミングから小型ハードプラグまで幅広く対応します。ベイトフィネスを始めるのにおすすめの一本です。

エクスプライド 168MH・168MH-2

・長さ 2.03m

・重さ 112g

・1ピース/2ピース

・ルアー重量 10~30g

・フロロライン適合:10-20lb

軽量で、なおかつパワーを持たせたティップはブレを抑え精度の高い操作を可能にします。ジグやワーミング、キャロライナリグやスピナーベイトを使用する時もおすすめです。

エクスプライド 169H

・長さ 2.06m

・1ピース

・ルアー重量 12~42g

・フロロカーボン適合 12-25lb

ボートやオカッパリ、カバー周りのジグ&ワームからハードベイトの釣りまで柔軟に対応するヘビーロッドでシーズン問わず活躍します。

エクスプライド 1610M・1610M-2

・長さ 2.08m

・重さ 117g

・2ピース

・ルアー重量 7~21g

・フロロカーボン適合 8-16lb

パワーを落とすことなく実現した軽量化により、バイブレーションやスピナーベイトなどはもちろん、ラバージグやテキサスリグなどの操作性も向上しています。ロッドシステムの中心となるミドル級バーサタイルモデルです。

エクスプライド 172ML+-BFS

・長さ 2.18m

・重さ 122g

・2ピース

・ルアー重量 4~18g

・フロロカーボン適合 7-14lb

スモールラバージグも十分に扱える繊細なティップとパワーの融合する一本。ライトキャロライナリグやテキサスリグ、ヘビーダウンショットでも重宝するストロングなベイトフィネスロッドです。

エクスプライド 172MH・172MH-2

・長さ 2.18m

・重さ 125g

・2ピース

・ルアー重量 12~42g

・フロロライン適合 12-25lb

パワーと遠投性能を磨いたロングバーサタイル。スピナーベイトのスローロール、スイムジグ、バイブレーションで広範囲を探る釣りまでこなします。人気があった171H1の代用は本モデルが最適です。

エクスプライド 173XH

・長さ 2.21m

・重さ 132g

・2ピース

・ルアー重量 14~56g

・フロロライン適合 14-30lb

強度やパワーを優先しながら操作性を高め、撃ち込む際の疲労が軽減されています。スピードとパワーを兼ね備えた、ビッグベイトやスイムベイト、ヘビーテキサスのパンチングなどにオススメの1本です。

エクスプライド 264UL・264UL-2

・長さ 1.93m

・重さ 99.2g

・1ピース/2ピース

・ルアー重量 2~7g

・フロロライン適合 2.5-5lb

フィネスリグを正確にキャストして、緻密に誘うフィネススピンです。シビアな状況下でも正確なキャストが可能なためプレッシャーの高いフィールドや数釣りを狙うのに適した一本です。

エクスプライド 266L・266L-2

・長さ 1.98m

・重さ 97g

・1ピース/2ピース

・ルアー重量 3~10g

・フロロライン適合 3-6lb

軽くてシャープでありながら荷重をかけるとスムーズに曲がるブランクスが安定した飛距離を生み出します。ネコリグ、ダウンショット、スモラバなどフィネスな釣りに最適な一本です。

エクスプライド 2610ML・2610ML-2

・長さ 2.08m

・重さ 106.7g

・2ピース

・ルアー重量 4~12g

・フロロライン適合 4-8lb

ライトリグや小型プラグを遠投して繊細に操るレスポンスを備えたテクニカルロングスピンでキャロライナリグやシャッドプラグなどで探る釣りや、跳ねジグヘッドなどに最適な一本です。

エクスプライドのインプレ

エクスプライドの評価としては、バス釣り初心者から上級者までの評判も良く、コストパフォーマンスの高さも評価されているようです。また、低価格ながらバリエーションが豊富で個々の釣り方別に揃えられるのも評価に繋がっています。デザインも安っぽくなく、高級感のあるのもエクスプライドが多くの人に支持される理由となています。

エクスプライドとゾディアス、どっちを選ぶ?

両者には基本的にブランクの性能差はほとんどありませんが、ゾディアスはエクスプライドに比べて、ガイドやグリップパーツをコルクからEVAにして価格を抑えたモデルです。ロッドの調子は ゾディアスは粘り曲がるのに対し、エクスプライドは高感度・高弾性です。また、ゾディアスは曲げて獲る釣法に向き、エクスプライドは掛けて獲る釣法に向きます。

エクスプライドを使ってみよう!

1万円後半から2万円程と抜群のコストパフォーマンスとシマノの高い技術がふんだんに使われているエクスプライド。これから買い替えを検討している方も、バス釣りをしたことがない方も、一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

エクスプライドのスペック