ワカサギ釣りの基本や釣果UPのコツ!沢山釣って美味しく食べよう!




アイキャッチ画像出典:写真AC

ワカサギってどんな魚?

ワカサギってどんな魚?

出典:写真AC

ワカサギはキュウリウオ科の淡水魚で、背は淡青色、腹は銀白色、背びれの後ろにあぶらびれがあるのが特徴です。また、体長一五センチほどで細長く、冬に凍った湖などの氷上に穴を開けて釣る釣り方が有名です。味は淡白なさっぱりとした味ですが、天ぷらや佃煮といった調理法などで楽しまれています。

ワカサギ釣りの時期

ワカサギ釣りの時期は冬

撮影:FISH PARADISE!編集部

ワカサギ釣りの最盛期は冬で、晩秋〜冬まで釣れますが、2月〜3月は脂も乗っていて美味なワカサギが釣れます。春になると産卵のため河口へ移動したりするが、年中を湖で過ごす個体は一年を通して釣れたりもします。しかし、ワカサギの寿命は主に1年程度で、やはりワカサギ釣りをするなら繁殖期である冬の時期が一番です。

ワカサギの釣り場

ワカサギの釣り場は、湖が大半です。ワカサギ釣りができる湖の多くは漁協が管理しており、放流を行なっている場所もあるため、安定した釣果が得られるとあって人気があります。

関東のワカサギ釣り場

山中湖は超有名ワカサギ釣りポイント

出典:山中湖村観光課Facebook

関東にはワカサギ釣り場が比較的多くあり、山中湖や河口湖などが有名です。ただし、関東の湖は氷が張らない場所もあり、氷上釣りではなく、ボート釣りやドーム桟橋での釣りがメインとなるところもあります。関東といえど、ワカサギ釣りができる湖は自然豊かな場所に位置しており、日頃の喧騒から離れてリフレッシュできるのも魅力ですね。

関西のワカサギ釣り場 

関西のワカサギ釣りといえば津風呂湖

出典:津風呂湖観光協会Facebook

あまりイメージがないかもしれませんが、関西でもワカサギを釣ることはできます。有名なワカサギ釣り場としては、津風呂湖や布目湖などがあります。ブラックバスの釣り場としても有名な湖が多く、暖かい時期は奥のバサーが訪れます。関西もボートなどで狙う釣り方が主流となります。

 

ワカサギ釣り場については、別記事にて詳しくご紹介しています。

*近日公開

ワカサギ釣りのロッド(釣り竿)

ワカサギ釣りに使うロッド

出典:DAIWA Facebook

ワカサギの繊細なアタリを感じることができるかというのが重要になってきます。また、基本的に落とし込みなので、竿も非常に短く、アタリを感じれる感度の良さと誘いやすい柔らかい竿が専用品として販売されています。また、手巻き式と電動式と対応したものがあります。手返しよく釣りをしたい方は、電動式がオススメです。

ワカサギ釣りのリール

ワカサギ釣り用リール

撮影:FISH PARADISE!編集部

リールは手巻き式と電動式と2種類あり、手巻き式はシンプルな構造で比較的安価です。こだわりたい方・毎年ワカサギ釣りをするという方は電動式をおすすめします。中には自動で誘いを入れてくれる高性能なものまであります。

シマノ ワカサギスペシャル (手巻き式)

HAPYSON(ハピソン) YH-201 (電動式)

ダイワ   クリスティア ワカサギ CR PT II α  (電動式)

 

ワカサギ釣りのライン

ワカサギ釣りに適したラインとは?

出典:釣具のブンブン

ワカサギ釣りには、主にナイロンラインかPEを使います。

ナイロンライン:0.4〜0.6

PE                    :0.1〜0.4

感度を重視する釣りですので扱いは少し難しいですがPEをおすすめします。またワカサギ用としてラインも販売してますので専用コーナーで選んでみましょう。

ささめ針 LIN-1 ワカサギライン(ナイロン)50m

ダイワ クリスティア ワカサギ PE II 30m

デュエル アーマード F+ Pro ワカサギ 60m

 

ワカサギ釣りの仕掛け

ワカサギ釣りの仕掛け

出典:釣具のポイント

ワカサギ用の仕掛けはシンプルですが奥深く、ワカサギの小さい口にかかるような小さな針とその時のワカサギの群に合わせたエダスの距離など様々です。また、小刻みに誘いを入れるので初心者の方は糸がらみも多く、スペアは何個か用意しておきましょう。

ダイワ クリスティア 快適ワカサギ仕掛けSS マルチ 段差 7本針 1.5号

がまかつ 投げワカサギ秋田狐(赤金)6本 夜光塗 W-218

カツイチ フラッシュワカサギ FW-6A 2.0

 

ワカサギ釣りの餌

ワカサギ釣りに効くエサ

出典:釣具のポイント

ワカサギの餌は種類が多く、餌で釣果も変わってきます。

赤虫

蚊の幼虫(ボウフラ)で、小物釣りの定番の餌です。

サシ(白サシ、紅サシ、チーズサシ)

ハエの幼虫です。白がそのままのものが白サシ、紅が赤く色付けたものが紅サシ、チーズを与えて匂いを強くしたものがチーズサシと呼ばれています。ワカサギ釣りでは最もよく使われる餌です。

ラビットウォーム

うさぎの糞を食べる虫で、サシよりも小さいのが特徴です。

ワカサギ釣り専用ワーム 

虫が苦手な子供や女性におすすめで、匂いを染み込ませてあり集魚力もあるのが特徴です。

ワカサギ釣りのコツ(釣り方)

ワカサギ釣りのコツとは?

撮影:FISH PARADISE!編集部

ワカサギ釣りの釣り方の基本と釣果アップのコツをご紹介します。

ただ待つのではなく、誘いを入れてあげる

ワカサギは群れで生息し、餌を探して回遊をしています。そんなワカサギたちに餌を見つけてもらうためにも、適度なタイミングで竿をしゃくって誘いを入れてあげましょう。また、様々な層を泳いでいますので、広い層を探ってあげるとその時々のワカサギがいる層を見つけやすくなります。

魚の活性に合わせて効果的な餌選択を

餌によっても釣果は変わります。活性が良い時は手返しよくいける赤虫などがよいとされ、活性が低い時はサシを使うことで体液を出して、サシの匂いで魚を寄せるのがいいでしょう。食いのいい餌はその時の状況によって常に変化していきます。できれば、複数の餌を持っていると色々な状況に対応できるのでおすすめです。

餌のつけ方も工夫する

餌のつけ方もワカサギ釣りでは重要です。基本的にはチョン掛けですが、食いが渋い時やなかなか乗らない時などは、餌を針に綺麗に刺し、余った部分はハサミなどでカットしてみましょう。

ワカサギ釣りは冬のレジャーに最適!

ワカサギ釣りを楽しもう!

撮影:FISH PARADISE!編集部

冬に最盛期を迎えるワカサギ釣りは、子供から大人まで楽しめるレジャーフィッシングとして手軽に始められます。ワカサギ釣りはテントやドームで釣りをしますが、あまり動かない釣りですので、しっかりと防寒対策は忘れずに。シーズンがきたら、ぜひ友人や家族とワカサギ釣りにチャレンジしてみてください。

ワカサギ釣りは冬の風物詩