ジグサビキの釣り方や仕掛けは?サビキとルアーを同時に楽しもう!




アイキャッチ画像出典:釣具のポイント

ジグサビキってどんな釣り?

ジグサビキ(ジギングサビキ)という釣法があります。ジギングもサビキ釣りもそれぞれ独立した人気の釣り方ですが、ジグサビキは名前の通りジギングとサビキ釣りを足したような釣り方になります。

サビキ釣りとの違い

サビキ釣りでは基本的に仕掛けの一番下にオモリを付けて足元に落とします。ウキをつけて遠投することもありますが、基本的には足元での釣りとなります。一方でジグサビキはサビキ釣りでいうところのオモリ部分にメタルジグをセットし、ショアジギングの要領で仕掛けをキャストし、高速でリーリングして誘います。また、サビキ釣りではコマセを撒いて魚をおびき寄せますが、ジグサビキではコマセは使わず、ジグや仕掛けバリのキラキラで魚を誘い出します。

ジギングとの違い

ジギングというと船からの釣りをイメージしますが、ジグサビキではショアジギングと同じようなタックルやアクションを使います。ショアジギングでは仕掛けにメタルジグ単体で使うのに対し、ジグサビキはメタルジグ+サビキ仕掛けのような複数の針がついており、メタルジグに食いつかない小魚(小アジ、小サバなど)も釣ることができます。

ジグサビキで狙える主なターゲット

ジグサビキでは、ワカシやイナダなどの青物、サワラ、カマス、サバ、ヒラメ、シーバス、メッキ等ショアジギングで釣れる魚と、アジ、イワシ、サヨリ、メバルなどサビキ釣りで釣れる魚の両方がターゲットとなるので、非常に豊富な魚種を狙うことができます。一方でサビキ釣りの対象魚でも、高速で動きまわるエサに反応しにくいカワハギやメジナなどは狙って釣るのは難しいでしょう。

ジグサビキをするポイントや時間帯

ジグサビキは実際にどのようなポイントで有効な釣り方なのでしょうか。また、釣りをする時間帯はいつが良いのでしょうか。

ポイント

ジグサビキでは回遊魚をメインに狙うため、釣るポイントとしては、潮通しの良い岸壁や堤防の先端が定番ポイントです。また、メタルジグを付けることで飛距離もアップするので、砂浜からでも楽しむことができます。磯も青物や根魚系を狙うときには有力ポイントとなります。

時間帯

ジグサビキはメタルジグのフラッシングで魚を誘い出す面が強いので、日中の釣りでより効果を発揮します。特に空が明るみ始める朝まずめや、薄暗くなり始める夕まずめの時間帯が魚の活性も上がりおすすめです。また、夜でも釣れないということは無く、アジやメバルなど、夜行性の魚を狙う場合は夜間のジグサビキも十分効果があります。

ジグサビキのタックル

ジグサビキはサビキ釣りとショアジギングを合体させた釣りですが、使用するタックルは、基本的にショアジギングのものが良いです。サビキ釣りで使うような磯竿や投げ竿では柔らかすぎてジグのアクションを吸収してしまったり、自重が重くて疲れやすくなってしまいます。ショアジギングに適したタックルについては以下の記事で詳しく述べていますので、そちらを参考にしてみてください。

あわせて読む:  ライトショアジギングロッド18選!必要スペックや選び方は?
あわせて読む:  ライトショアジギングリール10選!自分にあった1台を使おう!
あわせて読む:  ライトショアジギングに適したラインの選び方&結び方とは?

おすすめのジグサビキ8選

ジグサビキの仕掛けは通常のサビキ仕掛けを使うこともできますが、少し大きめの魚も狙いたい方はジグサビキ専用の仕掛けが市販されているので、それらを使うことをお勧めします。中にはメタルジグも付属している仕掛けもあるので、手軽にジグサビキを始めることができます。

ハヤブサ 堤防ジギングサビキセット

ハヤブサ ジギングサビキ 小型回遊魚用

オーナー 遠投ジグサビキ

オーナー ナブラジグサビキ

オーナー ウルトラライトジグサビキ

マルシン ジギング堤防サビキ

プロマリン 防波堤ジグサビキセット

プロトラスト 陸っぱりジギングサビキセット

ジグサビキの釣り方(コツ)

ジグサビキの釣り方やコツも押さえておきましょう。

基本アクションはリフト&フォールで!

ジグサビキのアクションとしては、基本的にリフト&フォールを繰り返して激しく誘っていきます。仕掛けが着水して狙いのレンジまで沈めたら、竿先をあおって仕掛けを浮き上がらせ、竿を倒して再び沈めます。竿を倒す時に同時にリールを巻いて糸フケを回収すると、リズミカルにアクションさせることができます。

ショアジギングのアクションも応用可!

ジグサビキではリフト&フォールの他にも、ワンピッチジャークやジャカジャカ巻きといったショアジギングの定番アクションも有効です。カマスやショゴ、メッキなど、激しい動きを好む魚に効果的です。食いが渋い時などに、少し大人しめに誘いを入れられるただ巻きも勿論有効です。

色んな層を探ろう!

時間帯やその日の潮の具合で魚の活性は変わってきます。基本的に活性の低い魚は深い層に沈む傾向にあるので、ジグサビキをしていて反応が悪いなと思った時には、仕掛けを泳がせるタナを下げると魚が釣れたりします。逆も然りで、低層で反応が悪い時に少し仕掛けを浮かせてやると爆釣したりもするので、色んな層を探ってその日のベストのレンジを見極めてみてください。

メタルジグをローテーションして釣果アップ!

ジグサビキの要とも言えるメタルジグを適度にローテーションすることも釣果を伸ばすコツです。活性が高い時にはゴールドやピンク、グリーン系の派手なカラーが良く、活性が低い時にはブルー系のナチュラルカラーが良いでしょう。また、遠投したい場合はジグを重くし、ゆっくり仕掛けを巻きたい場合はジグを軽くする、といった工夫もできます。メタルジグは仕掛けに直結するのではなく、スナップに接続しておくと交換が楽になります。

ジグサビキは初心者にもおすすめ!(まとめ)

ジグサビキは本格的なタックルでなくても十分楽しめ、仕掛けセットも市販されているので非常に手軽に始められる釣りです。また釣れる魚の魚種も豊富で、サビキとルアーの両方の魚を狙えるのでボウズの確立も低くなります。まさに初心者におすすめの釣りです。もちろん釣りに慣れた方でも十分に楽しめるポテンシャルを秘めているので、是非次回の釣行ではジグサビキを試してみてください。

 

ジグサビキで回遊魚をゲット!

ABOUTこの記事をかいた人

FISH PARADISE!編集部

魚をこよなく愛し、沢山の人に魚の面白さを伝えようと日々奮闘しています。実際にフィールドに出掛けたり、飼育や料理にもチャレンジ中!皆様に有益な情報をお届けできるよう頑張りますっ!