ライトショアジギングに適したラインの選び方&結び方とは?




アイキャッチ画像出典:写真AC

ライトショアジギングのメインライン

岸から青物やヒラメなどを手軽に狙うことができるライトショアジギングですが、ロッドやリールと同じくらい大切な道具がラインです。では、ショアジギングに適したラインとはどのようなものでしょうか。

メインラインの素材

ライトショアジギングのライン選びで重要なのが「感度」と「飛距離」です。これらの条件を同時に満たすのは、ズバリPEラインです。ナイロンやフロロカーボンはライン自体が伸びるので感度という面でPEより劣ってしまいます。また、強度に対してラインが太くなってしまうこと、巻き癖がつきやすいことから、飛距離もPEに比べて落ちてしまいます。細くて強く、感度が良い、PEラインはまさにショアジギングに最適なラインであると言えます。

メインラインの太さ

ライトショアジギングで使うラインの太さは、狙う魚や投げるジグの重さによって変わりますが、大体1~1.5号くらいが良く使われます。シーバス、ヒラメ、サゴシ、小型青物(サバ、ソウダガツオ、イナダ等)をメインに狙う場合は1号程度でも問題ありませんが、サワラやヒラスズキ、ワラサなどの大物がヒットする可能性も考慮すると、1.5号は欲しいところです。

おすすめのメインライン

ライトショアジギングのメインラインにおすすめのPEラインをいくつか紹介します。強度や値段などのバランスを考慮して、自分にあったラインを選びましょう。

サンライン スーパーブレイド5

よつあみ G-SOUL X8

デュエル ハードコア X8

ダイワ UVF サムライセンサー

ヤマトヨテグス PEショアジギング

バリバス アバニ ショアキャスター

ライトショアジギングのリーダー

ライトショアジギングではメインラインにPEを用いるため、ラインブレイク防止のためにリーダーは必須です。そこで、リーダーの素材、太さ、長さはどのようなものが良いのかをご紹介します。

リーダーの素材

ライトショアジギングのリーダーにはフロロカーボンがベストです。ナイロンでも使えますが、根ズレや魚の歯に対する摩耗耐性はフロロカーボンの方が優れています。また、フロロカーボンは比重も重いので、ルアーの浮き上がりを防止するという点においても、ライトショアジギングにはより適しています。

リーダーの太さ

リーダーの太さは、基本的にメインラインの強さに合わせます。大体の目安として、PE1号 (約16lb) なら4号程度までのフロロ(~16lb)、PE1.5号(約22lb)なら6号程度までのフロロ(~22lb)が良いでしょう。基本的にリーダーはメインラインよりも低い強度のものを使用しますが、例外的にサワラやタチウオなど、歯の鋭い魚を狙う場合は、リーダーを気持ち太めにして結ぶ時もあります。

リーダーの長さ

リーダーの長さとしては、1ヒロ(約1.5m)程度が一般的です。根が多いポイントで釣りをする場合は、2m以上とっても良いでしょう。また、初心者の方は、リーダーが長いとキャストがしずらいので、最初は1m程度のリーダーを結んでキャストに慣れると良いかもしれません。

おすすめのリーダー

以下にライトショアジギングにおすすめのリーダーを連ねます。PE同様に強度や長さ、値段などから、最適なものを選びましょう。

ヤマトヨテグス フロロショックリーダー

ラパラ ラピノヴァ フロロカーボン ショックリーダー

シマノ エクスセンスリーダー EXフロロ

デコイ スマートリーダー

ファゾム ショックリーダー

リーダーの結び方は何がいい?

メインラインとリーダーを結ぶ結び方としては、電車結び(フィッシャーマンズノット)が手軽で実践している方が多いかと思います。ライトゲームやシーバス、エギングなどでは問題ありませんが、ライトショアジギングにおいては電車結びでは強度にやや不安があるため、FGノットと呼ばれる結び方が一般的です。少々複雑な結び方でなので、動画などでやり方を見ながら練習すると良いでしょう。またアシストツールも発売されているので、それらを利用すると手軽にFGノットを組むことができます。

よつあみ Yノッター

ギアラボ EZノッター

スタジオオーシャンマーク オーシャンノッター

適したラインでトラブルレスな釣りを!

ラインというのは釣りをする上でロッドやリール並みに重要な道具です。素材や太さ、メインラインとリーダーとの結束部などを疎かにしてしまうと、飛距離や操作性が落ちるばかりか、いざ魚がかかった時にもライントラブルで逃してしまうことも・・・。遠投性が重要になってくるライトショアジギングでは、特にラインの重要性は高くなります。是非、自分のスタイルに適したラインを使って、ライトショアジギングを快適に楽しんでください。

あわせて読む:  ライトショアジギングを始めよう!必要なタックルや釣り方は?
ライトショアジギングのライン、何使う?

ABOUTこの記事をかいた人

FISH PARADISE!編集部

魚をこよなく愛し、沢山の人に魚の面白さを伝えようと日々奮闘しています。実際にフィールドに出掛けたり、飼育や料理にもチャレンジ中!皆様に有益な情報をお届けできるよう頑張りますっ!