穴釣りのタックルと釣果アップのコツ!根魚を狙い撃ち!




アイキャッチ画像提供:平尾真也氏

穴釣りとは

穴釣りの写真

撮影:FISH PARADISE!編集部

穴釣りとは、テトラや岩礁帯などの穴の中に仕掛けを落として釣る釣り方です。最近では人気youtuberの釣りよかでしょうさんが動画に取り上げたことでも注目され、人気が高まっています。仕掛けを遠くへ投げる必要がなく、足元を探るように釣るので、初心者でも始めやすいのも人気の理由です。穴釣りは手軽な釣りですが、意外な大物がかかる場合も多く、奥が深い釣りでもあります。

穴釣りで釣れる魚種

穴釣りで釣れる魚は?

出典:写真AC

穴釣りでは実に様々な魚種を狙うことができます。メインターゲットとなるのは根魚とよばれる魚たちで、カサゴ(アラカブ、ガシラ)やメバル、ソイ類、ハタ類、アイナメなど、これらは引きも強く食べても美味しいためとても人気です。また、ベラやウツボ、ギンポなどの様々な外道もかかることも多々あります。何が釣れるかわからないドキドキ感を味わえるのも穴釣りならではです。

穴釣りの時期

穴釣りはオールシーズンできる

提供:平尾真也氏

穴釣りは基本的に周年楽しむことができます。魚種によって釣りやすい時期・釣りにくい時期は様々ですが、基本的にはどの時期でもなんらかの魚たちが釣り人を楽しませてくれます。メバルやアイナメなどは寒い時期が釣りやすく食べるのにも旬です。南方系のハタ類などは一年中暑い時期に活性があがるため釣りやすくなります。

穴釣りのタックル(ロッド・リール・ライン)

穴釣りに適したタックル構成についてそれぞれ道具ごとにご紹介していきます。

穴釣りのロッド

穴釣りのロッドは、操作性とパワーを重視して選びましょう。足元を釣るため、ロッドの長さは1.8m程度までが使いやすいでしょう。根魚に負けないパワー(ミディアム〜ヘビークラス)のあるロッドが良いでしょう。また、先調子のロッドの方が前アタリが取りやすくおすすめです。専用ロッドも発売されていますので、そちらもおすすめです。

プロマリン PG 極光テトラDX 130H

穴釣りロッドの詳細については、別の記事で詳しく紹介しています。合わせてご覧ください。

穴釣りのリール

穴釣りは基本的には投げる動作をせず、仕掛けを落として巻くだけです。そのため、手返しが良く操作しやすい、小型の両軸リールやベイトリールがおすすめです。ただし、ベイトタイプのリールはバックラッシュなどのトラブルの可能性もありますので、トラブルが不安な方はスピニングリールでも構いません。ラインキャパシティはそれほど必要ありませんが、根がかり・根ズレなどで頻繁にラインを切って結び直したりするので、2~6号程度のナイロンラインを数十m巻けるリールを選びましょう。

タカミヤ H.B concept 糸付小型リール パワーミニットII

ダイワ 16 ジョイナス 2500

 

穴釣りのライン

穴釣りでは根ズレが起こりやすいので、根ズレにも強いナイロンラインやフロロカーボンラインがおすすめです。初心者は安価で扱いやすいナイロンラインがおすすめです。太さは狙っている魚種やサイズにより変わってきますが、カサゴやメバルなどであれば、2~3号あれば十分でしょう。大型のアイナメなどを狙うのであれば4~6号程度を選ぶのがおすすめです。

デュエル(DUEL) カーボナイロン 500m 2号

穴釣りの仕掛けと餌

穴釣りの仕掛けにもいくつか種類があります。また、餌についても合わせてご紹介します。

仕掛け

穴釣りの仕掛けでもっともメジャーなのがブラクリで、初心者にもおすすめです。ブラクリよりもアピール度を重視したのがブラーと呼ばれる仕掛けで、ひらひらと水中を舞うのが特徴です。また、複数の針をつけ、サビキ釣りのように軽くしゃくってアピールできる、胴突き仕掛けやさぐり仕掛けというのもあります。

ささめ針 ブラクリ

フジワラ アソートブラー

オーナー 夜釣りテトラ穴釣り仕掛

穴釣りの仕掛けの詳細については、別の記事でもご紹介しています。合わせてご覧ください。

 

穴釣りの餌

出典:Pixabay

穴釣りに使う餌として、もっともお手軽なのはゴカイ・イソメ類です。その他には、オキアミやイカの切り身、サバの切り身なども使われます。状況によって餌への反応は様々ですので、アオイソメなどをベースに2〜3種類の餌を用意しておくと、ヒットパターンが得られやすくなるのでおすすめです。餌は反応が良い時は垂らしを短く小さめに、反応が悪い時はアピール度を高めるために大きめに垂らしも長くつけると良いでしょう。

ワームでも釣れる?

ワームでも穴釣りをすることは可能です。今回魚紹介している、ブラクリやブラーにワームをつけたものでも十分穴釣りは楽しめます。ゴカイなどに似せたワームも発売されていますので、名前さが苦手な方はそれを使うと良いでしょう。

ガルプ サンドワーム

穴釣りで釣果をあげる3つのコツ

穴釣りで釣果をあげるためにはどんなポイントに注意すればよいのでしょうか。穴釣りのコツを、3つに分けてご紹介していきます。 

1.深い穴は狙い目

海底がある程度平らでも、テトラの重なり方によって、たくさんある穴の深さはかなり違ってきます。仕掛けを落とした時、穴の深さが深く、他の穴に比べて奥まで仕掛けが入っていくような場所は、魚もたくさん溜まっていたり、大物が潜んでいることが多いです。穴の深さが深かったら念入りに探ってみましょう。

2.一箇所で粘りすぎず、テンポよく色々な穴を探ろう

深めの穴を見つけたらじっくり探ってみると良いですが、反応がないのにいつまでも同じ穴にこだわるのはあまりよくありません。一箇所で粘らずにある程度釣れたり、逆に反応がなくなったらキリをつけて、他のポイントに移動しましょう。効率よくたくさんの穴を探ることが釣果アップのコツです。また、一度反応がなくなった穴でも、時間をおいて戻ると釣れることもありますので、いい穴は場所も覚えておくと良いでしょう。

3.根がかり対策をしっかりと

穴釣りはどうしても根がかりが多くなってしまう釣りです。一度根がかりしてしまうと、仕掛けが切れたり外すまで時間がかかったりして、釣りの時間が大幅に削られます。根がかりが多発する際は、オモリの重さや針の種類を変えたりして、根がかり対策をしてみてください。

 

根がかり対策についても穴釣りの仕掛けの記事でご紹介していますので、興味がある方は合わせてご覧ください。

穴釣りの注意点

穴釣りではライフジャケットを

出典:写真AC

穴釣りは足場の悪いテトラ帯が主な釣り場となります。万が一の落水に備えて、ライフジャケットは必ず着用しましょう。また、テトラの形状や種類によっては滑りやすいものもあります。そのため、靴底が滑りにくい、グリップ素材のシューズを履いて釣りをしましょう。

 

大きな怪我でなくても、手足を擦りむいてしまうこともあります。際などに応急処置ができるよう、絆創膏などはフィッシングベストに入れておくと安心です。また、擦り傷などのケガ防止のため、肌が露出しないような服装をおすすめします。

穴釣りで根魚をゲット!

穴釣りで大量ゲット

出典:写真AC

穴釣りは気軽に始められて、意外に大きな魚も釣れることもある楽しい釣りです。魚がかかった時の、手元に伝わるブルブル感や、一気に抜き上げる爽快感は、他の釣りにはない穴釣りならではの魅力です。怪我に十分注意して、ぜひ美味しい根魚を釣ってみてくださいね。大きな魚が釣れたら、友人や家族で美味しくいただきましょう!

穴釣りを満喫!

ABOUTこの記事をかいた人

FISH PARADISE!編集部

魚をこよなく愛し、沢山の人に魚の面白さを伝えようと日々奮闘しています。実際にフィールドに出掛けたり、飼育や料理にもチャレンジ中!皆様に有益な情報をお届けできるよう頑張りますっ!