ヒラメの釣り方を徹底解説!船から岸からも狙ってみよう!




アイキャッチ画像出典:NORTH CRAFT

まずはヒラメの習性を理解しよう

ヒラメは、底生魚と呼ばれていて、海底に主に生息します。そのため、ヒラメの釣り方の大前提として、ボトムを意識するということです。特に船からの釣りの場合、水深が深いところでも釣りをするので、しっかりとボトムがとれているかどうかが釣果の分かれ目になります。

サーフや堤防からのヒラメの釣り方・コツ

サーフの場合のヒラメの釣り方を見てみましょう。

サーフからは主にルアーで狙う

サーフ(砂浜)からヒラメを狙う場合、主にジグやミノーなどのルアー釣りになります。ロッドの長さは8~10フィート前後で、M~MHクラスが良いでしょう。リールは3000番前後がオススメです。PEライン1.5~2.0号が150Mほど巻ければ問題ありません。ショックリーダーは20LB前後で選択します。

底を意識しながら広く探る

ルアー釣りの場合、船釣りに比べて水深は比較的浅いですが、海底にいるヒラメの目にとまるようシンキングタイプのミノーやバイブレーション、ジグなどの底近くを引いてこれるルアーがオススメです。また、一箇所にとどまらず、様々な方向・場所ににキャストをし広範囲に探ることが釣果アップの秘訣です。

船でのヒラメの釣り方・コツ

続いて、船からのヒラメの釣り方を見てみましょう。

船では胴突き仕掛けの泳がせ釣りが一般的

船からの釣りの場合、アジやイワシなどの生き餌を使った泳がせ釣りが一般的です。重い負荷を背負うことができる泳がせ用タックルを選択しましょう。オモリは水深や潮の流れなどによって40~100号程度を使い分けます。仕掛けは出来合いのものが市販されているので、はじめはそれを利用すると良いでしょう。

ハリに到達するまでじっくりと待つ

泳がせ釣りの場合、アタリが出てからヒラメがハリにかかるまで、少し時間がかかります。始めのチョンチョンという小さなアタリではすぐに合わせずに、大きく竿先が持っていかれるまで、待ってから合わせましょう。

ヒラメの釣り方をマスターして、大物ゲット!

ヒラメの釣り方をマスター

出典:NORTH CRAFT

ヒラメの釣り方には様々ありますが、しっかりと基本をおさえて釣りをすれば、ヒラメは意外と釣りやすいターゲットです。ヒラメは食べても非常に美味しい魚なので、是非、大物目指して釣りをしてみてください!

ヒラメの釣り方を覚える

ABOUTこの記事をかいた人

FISH PARADISE!編集部

魚をこよなく愛し、沢山の人に魚の面白さを伝えようと日々奮闘しています。実際にフィールドに出掛けたり、飼育や料理にもチャレンジ中!皆様に有益な情報をお届けできるよう頑張りますっ!