カマスの特徴や生態!レシピや釣り方もチェック!




アイキャッチ画像撮影:写真AC

分類 スズキ目カマス科カマス属
和名 アカカマス、ヤマトカマス
学名 Sphyraena pinguis(アカカマス)、Sphyraena japonica(ヤマトカマス) 
分布 日本各地の沿岸(アカカマス)、新潟~九州の日本海沿岸・北海道~九州の太平洋沿岸(ヤマトカマス)
特徴 細長い円筒状の体形。くちばし状の大きな口をもち、鋭い歯が並ぶ。

 

カマスってどんな魚?

カマスってどんな魚?

出典:写真AC

カマスはカマス科カマス属の海水魚で、全長35センチ程度になります。サンマやキスのような長い円筒形をしていますが、魚食性で口が大きく、とげのような鋭い歯があります。カマスは味が良く、初心者でも簡単に釣れるので、釣りのターゲットとしても人気です。

カマスの種類

カマス科の魚は世界中で21種類ほどが知られており、日本近海では9種類が生息しています。南洋に生息し、バラクーダの英名で知られるオニカマスなど、1.5メートル以上になる大きなものもいます。ルアーで狙うと面白いですが、オニカマスは釣れてもシガテラ毒魚なので食べられません。食べておいしいカマスは主にアカカマス、ヤマトカマス、アブラカマスの3種類です。釣りでは主にアカカマスとヤマトカマスがターゲットになります。

カマスの分布(生息域)

カマスは温暖な海を好むため、関東以南で個体数が多くなります。東シナ海、南シナ海、オーストラリアやアフリカまで、温暖な海なら世界中に分布しています。釣りの対象となるアカカマスは北海道から九州の沿岸の、日本海、太平洋、瀬戸内海などに分布しています。ヤマトカマスは新潟以南の日本海や、太平洋側の九州にかけての沿岸に分布しています。いずれも比較的浅場に生息していますが、アカカマスは大型になると水深100メートル以上の深い場所に移動します。

カマスの生態

ヤマトカマスやアカカマスは6~7月ごろに産卵します。卵は海中にばらまかれて漂いますが、孵化した稚魚は餌が豊富な沿岸の藻場などに集まり、成長します。群れをなす習性が強く、成魚になるとイワシやイカナゴ、キビナゴなどの群れを追って、沿岸を回遊するようになります。カマスの寿命は最大でも5年。40センチ程度が成魚のサイズですが、ヤマトカマスは最大で60センチになります。

カマスの旬はいつ?

カマスは通年漁獲される魚ですが、おいしい時期があります。ヤマトカマスの旬は春と秋の2回。アカカマスは夏の終わりから初冬にが旬です。カマスはおいしい魚ですが、産卵直後は体力を大いに消耗し、体に脂が残っていません。カマスは産卵後に体力を回復した秋以降や、産卵する体力を付けるために荒食いをした春先によく脂がのり、どんな料理で味 わっても最高においしい旬を迎えます。

かますご(カマスゴ)はカマスじゃないの!?

揚げたり焼いたりして賞味される「かますご」は、「カマスの子」という意味ですが、本当はカマスの子ではありません。関西などでイカナゴの成魚のことを指します。姿形がカマスに似ているので、カマスゴと呼ばれたようですが、釘煮などにされるコウナゴ(小女子)が成長したものです。

カマスのおすすめレシピは?

カマスは塩焼き、干物が鉄板!

出典:写真AC

カマスは塩焼きが有名ですが、新鮮なものは刺身もいけます。三枚におろして小骨を抜いたさくに熱湯を掛けて霜降りにし、1センチほどの幅で皮ごと引きます。皮の風味がポイントです。カマスのフライもおいしい食べ方です。刺身に引く前のさくを一口大に切り、酒 、胡椒をしてからコーンスターチをまぶすか、パン粉をまぶして揚げます。カレー粉などでスパイシーな下味をつけてもよく合います。カマスの干物はとてもおいしいのですが、冷や汁やごまだしなどに調理しても抜群のうまさです。

やっぱりカマスの塩焼きは外せない!

カマスの身は水分が多いので、そのまま焼くと「焼き」ではなく「煮え」になってしまいます。焼く前に皮に切れ目を入れて塩を振り、1時間以上放置して水を抜くのがコツです。身が締まり味も濃くなります。

カマスの釣り

カマスはルアー釣りも面白い!

出典:釣具のポイント

カマスは高速でダッシュするので、ヒットの後のファイトはかなり面白く、釣魚として申し分ありません。カマスは群れを作り、イカナゴなどの小魚を追って回遊しています。 潮通しのよい防波堤などが良いポイントになります。
 
カマスは魚食性の強い魚なので、小魚を模したルアーやサビキによく反応します。群れに当たればどんどん釣れますので、サビキが有利です。岸から遠い群れにサビキをキャストするめに、遠投マウスやジグと組み合わせると、釣果が上がります。カマスは大きくても40センチなので、バス、マス用タックルで楽しめます。

カマスの歯にはご注意!

カマスの歯にはご注意

出典:Pixabay

釣って良し、食べて良しのカマスは、子どもや初心者でも簡単に釣れる魚です。しかし釣れたらまず歯にご注意。犬歯のような歯はとても鋭いので、口の部分をうっかり握るとかまれてケガをしかねません。必ずメゴチばさみで挟むか、ぼろ布で包んで動きを封じてから、プライヤーで針を外すようにしましょう。
カマスは獰猛な魚?