「魚は痛みを感じるか?」釣り人なら一度は考える疑問を追求!




アイキャッチ画像撮影:FISH PARADISE!編集部

魚は痛みを感じるか?

出典:写真AC

 釣りの楽しさの一つとして、針にかかった後の魚とのファイトがあります。人間側からしたら釣り竿を通じて感じる魚の引きはとても心地よく、興奮することでしょう。しかし魚の立場になって考えてみれば、鋭い釣針が口にかかっているのですから、何とかして異物を外そうと暴れまわっているわけです。ここでひとつの疑問が浮かび上がってきます。「魚は痛みを感じるのか?」と。

 人間であれば例えば指に釣針が刺さったら当然痛いですよね。私たちには痛覚があり、外部からの刺激を「痛み」、「苦痛」として感じます。一方で昆虫などは痛覚は無く、脚や胴体がもがれようが苦痛は感じない、とされています。では魚はどうでしょうか。その答えに迫るべく出版されたのが本書、その名も「魚は痛みを感じるか?」です。

 本書の著者はアメリカのペンシルベニア州立大学で魚類の行動学や認知能力について研究しているヴィクトリア・ブレイスウェイト博士です。博士は魚が痛みを感じるか、という問題に対して、そもそも痛みとは何か?なぜ痛むのか?という痛みが起こるメカニズムから魚の神経、意識についてまで突き詰め、科学的に魚が痛みを感じるか検証しています。

 個人の考え方はどうであれ、魚が痛みを感じるか否か、という事実に科学的に向き合ったのが本書です。純粋なサイエンスの読み物としても充実した内容となっているので、是非一度読んでみることをおすすめします。

魚は痛みを感じるか?難しい疑問

ABOUTこの記事をかいた人

FISH PARADISE!編集部

魚をこよなく愛し、沢山の人に魚の面白さを伝えようと日々奮闘しています。実際にフィールドに出掛けたり、飼育や料理にもチャレンジ中!皆様に有益な情報をお届けできるよう頑張りますっ!