金魚鉢おすすめ7選と飼い方の基本!どんなことに気をつける?




アイキャッチ画像撮影:FISH PARADISE!編集部

金魚鉢とは

金魚鉢はとってもおしゃれ

撮影:FISH PARADISE!編集部

金魚鉢とは江戸時代以降に金魚を鑑賞するために生まれた専用の容器のことで、ガラス製の球体の上部を切り取った形状をしています。現在の置くタイプの金魚鉢のほか、軒先に吊るすタイプの金魚鉢も以前はありました。開口部が綺麗に波打っているデザインが主流で、インテリアとして非常に優れています。

金魚鉢のメリット・デメリット

金魚鉢のメリットとデメリットを確認しておきましょう。

金魚鉢のメリット

金魚鉢のメリットは何と言ってもそのインテリア性です。観賞魚飼育に用いられる水槽のほとんどは、それ自体には目立った装飾はなくシンプルですが、金魚鉢はそれ自体がとても優れたデザインをもっているため、水中レイアウトをしなくてもとてもおしゃれに金魚を飼育することができます。

金魚鉢のデメリット

金魚鉢はその特殊な形状から、水中レイアウトにも向いていません。あくまで金魚と金魚鉢というシンプルな組み合わせで楽しむものなので、レイアウトを自分で作ってみたいという方には金魚鉢は向いていません。また、金魚鉢はフィルターなどを設置しづらく、掃除もしにくいというデメリットがあります。金魚の長期飼育には一般的な水槽の方がメリットが多いので、水槽は長期飼育用、金魚鉢は鑑賞用・短期飼育用として使うのが良いでしょう。

おすすめの金魚鉢7選

おすすめの金魚鉢をご紹介します。おしゃれな金魚鉢で金魚の鑑賞を楽しんでみてください。

ジェックス 匠の技が生きる 金魚鉢

ニッソー 金魚鉢
おしゃれなガラス製金魚鉢

スドー  金魚の小鉢 しらゆき

スドー  金魚の小鉢 るり
染付 陶器金魚鉢 カラー
カミハタ グラスウェア シリンダータイプ

金魚鉢での金魚の飼い方のコツ

金魚鉢では普通の水槽のように外掛け式フィルターや投げ込み式フィルターの設置が困難です。そのため、水質の悪化を防ぐために水換えをこまめに行うのが上手に飼育するコツです。また、金魚鉢にはエアレーションも必要ですが、チューブでエアーストーンを投入すると見た目があまり良くありません。酸素が出る石などを用いると鉢の周りもスッキリするのでおすすめです。メリット・デメリットでも書きましたが、金魚鉢は長期飼育には向いていないので、あくまで金魚鉢は金魚を短期的に鑑賞する容器として扱いましょう。

金魚鉢でおしゃれに金魚を楽しもう!

金魚鉢で金魚を鑑賞する

 撮影:FISH PARADISE!編集部

華やかな金魚をよりおしゃれに楽しめるのが金魚鉢です。現在では、金魚鉢は俳句の季語にもなっています。暑い夏に金魚鉢で優雅に泳ぐ金魚を眺めながら、いつもと少し違った夏を楽しむのもなかなかオツかもしれませんよ。

金魚鉢のおすすめ!

ABOUTこの記事をかいた人

FISH PARADISE!編集部

魚をこよなく愛し、沢山の人に魚の面白さを伝えようと日々奮闘しています。実際にフィールドに出掛けたり、飼育や料理にもチャレンジ中!皆様に有益な情報をお届けできるよう頑張りますっ!