エーハイム2211のスペックや特徴!2213との違いは?




アイキャッチ画像作成:FISH PARADISE!編集部

エーハイム2211のスペック・特徴

エーハイム2211のスペック

作成:FISH PARADISE!編集部

エーハイム2211は小型水槽におすすめな外部フィルターです。本体サイズもコンパクトで余計な場所を取らず、それでいてろ材はたっぷり1.0Lも入れることができるのが特徴。上部フィルターなどではろ過能力が足りないという場合や、小型水槽でCO2を多く必要とする水草を育成するのにも、エーハイム2211は適しています。

エーハイム2211とエーハイム2213の違いは?

型番がよく似ているエーハイム2211とエーハイム2213ですが、大きな違いは適合水槽サイズです。エーハイム2211は最大で45cm水槽(48Lまでの水量)に適しているのに対して、エーハイム2213は75cm水槽まで適合しています。エーハイム2211を60cm水槽などに用いるには少し物足りなくなってしまいます。

 

反対に、エーハイム2213を小型水槽に用いると、洗濯機状態といって水槽内の水流が強くなりすぎる可能性もありますので、それぞれの適合水槽にあったものを選択することをおすすめします。

エーハイム2211の評価やインプレ

エーハイム2211の評価ですがとても良いようです。小型水槽用の外部フィルターは最近増えてきたとはいえ、選択肢は他のフィルターに比べて少ない中で、大きなろ過能力と扱いやすさを持つエーハイム2211はとても人気です。長年の歴史に裏付けされた製品に対する信頼度も良いインプレが多い理由の一つと言えます。目立った機能はありませんがシンプルさを重要視する方には特に支持されています。

エーハイム2211を上手に活用!

小型水槽で水草を育てる場合などにはエーハイム2211は大活躍してくれること間違いなしです。エーハイム2211のグリーンの色合いは水草水槽との相性もよく水槽に自然に溶け込んでくれるので、狭い水槽でも問題なく使用できます。水草水槽以外にも、グッピーなどの過密になりがちな水槽では高いろ過能力が求められます。そんな時にはエーハイム2211を使って生物ろ過を最大限に活かして見てください。使い方はあなた次第で様々ですよ。

 

エーハイム2211

ABOUTこの記事をかいた人

FISH PARADISE!編集部

魚をこよなく愛し、沢山の人に魚の面白さを伝えようと日々奮闘しています。実際にフィールドに出掛けたり、飼育や料理にもチャレンジ中!皆様に有益な情報をお届けできるよう頑張りますっ!