底面フィルターの使い方や仕組みを解説!おすすめ3選も!




アイキャッチ画像出典:ジェックス株式会社

底面フィルターの特徴

底面フィルターは、本体の上に底砂を敷くことで、循環時に底砂がろ材の代わりとなるのが特徴です。底砂に、ゴミを絡ませる物理ろ過、およびバクテリアを発生させ不要な有機物を分解させる生物ろ過の両方を行わせることで、水質の向上を図っています。

底面フィルターの仕組み

底面フィルターは水槽の底面に敷くベースフィルターと吐出口をもつパイプを組み合わせてできています。パイプ内にエアレーションを入れることで、水を下から上へリフトアップすることができます。これを利用し、ベースフィルターを透過した水がパイプを通り吐出口から出ることで、水が循環します。

底面フィルターの使い方

底面フィルターの設置方法は簡単で、組み立てたフィルターを水槽に置き、ベースフィルターの上に底砂を敷いて完成します。底砂を敷く際は、ベースフィルターの隙間に底砂が入ってしまわないよう、フィルターをサランネットで覆いましょう。パイプの吐出口からエアレーションを入れることで、水を循環させることができます。

底面フィルターのメリット・デメリット

底面フィルターのメリット・デメリットには、一体どのようなものがあるのでしょうか。

メリット

ろ過能力が他のフィルターに比べて高い

底面フィルターのろ材は水槽内に敷いている全ての底砂です。底砂に常に水が通るようになるため、底砂内の嫌気性細菌も少なく、広範囲でろ過を行うことができます。このため、他のフィルターに比べて高いろ過能力を持っていると言えるでしょう。

酸素供給量が多い

底面フィルターはエアレーションにより循環を行います。そのため、常に酸素が供給された状態となります。なので、水槽内が酸素不足になる心配はありません。

コストが安い

底面フィルターは少ないパーツで構成されています。このため、他のフィルターに対して、比較的安価で準備ができると言えます。

デメリット

メンテナンスが面倒

底面フィルターは底砂をろ材代わりとして使っているので、メンテナンスが少々面倒です。底砂にゴミがたまるとろ過能力が落ちるため、こまめにゴミ取りをしなければなりません。また、フィルターの隙間に底砂が詰まってしまうと、底砂ごと取り出す必要があります。

使える底砂が限られる

目の細かい底砂はフィルターの隙間に入りやすいので使えません。また、ソイルなど栄養が含まれている底砂を使うと、フィルターによって栄養が水槽内全体にいってしまい、水槽に苔が生えやすくなります。

水流が弱い

底面フィルターは、エアレーションで循環させるため、弱い水流しかできません。ある程度水流が必要な魚には底面フィルターは向いていないので使うことができません。

底面フィルターが適するのはどんな環境?

底面フィルターは他のフィルターに比べてろ過能力が高いので、水質に敏感な生物には向いていると言えるでしょう。エビや貝といったあまり水流を必要としない無脊椎動物の飼育にも向いています。また、30cm程度の小型水槽や稚魚水槽にも底面フィルターはおすすめです。一方で、底面フィルターは底砂に植え込むタイプの水草には適していません。水草がフィルターに根をはってしまい、フィルターのろ過能力が落ちてしまうからです。

底面フィルターのメンテナンス方法

底面フィルターのメンテナンスは少し面倒です。底砂にゴミがたまるとろ過能力が落ちるため、こまめに掃除をしてあげなければなりません。水換えの時に砂を掘り返し、出てきたゴミを水とともに吸い出すのが比較的楽な方法です。フィルターそのものを掃除する場合は底砂ごと取り出し、全て洗ってまた元に戻します。

おすすめの底面フィルター3選

ここで、おすすめの底面フィルターをご紹介します。水槽の大きさや形に合わせてフィルターを選ぶのが良いでしょう。

ジェックス マルチベースフィルター 

ニッソー スライドベースフィルター ミニ

水作 ボトムフィルター M

底面フィルターにおすすめの底床材3選

底面フィルターに適した底砂には、目が粗い大磯砂・玉砂利・サンゴ砂などがあげられます。多孔質なものの方が、バクテリアが生息しやすく、高いろ過能力を維持し続けることができるでしょう。

大磯砂

水作 水槽の底砂 サンゴ砂

玉砂利

底面フィルターを使っていろんな魚の飼育をしてみよう!

今回は底面フィルターについてご紹介しました。扱いやメンテナンスが難しい印象がありますが、ろ過能力の高い底面フィルターでは色々な生き物を飼育することができます。特に繁殖にはとても便利なフィルターなので、今までできなかった生物の繁殖にも挑戦することができるかもしれません。使いこなせれば新たな飼育にもチャレンジできるはず。これを機に、底面フィルターを購入してみてはいかがでしょうか。

底面フィルターは優れもの