投げ込み式フィルターの仕組みと使い方!メリット・デメリットは?




アイキャッチ画像出典:ジェックス株式会社

投げ込み式フィルターとは

投げ込み式フィルターとは、水槽にフィルターを沈めて使うタイプのろ過器のことで、水槽に沈める=投げ込むということからこの名前がついています。外部フィルターや上部フィルターのような複雑さがなく誰でも簡単に使うことができ、ろ過の能力も高いので、初心者から上級者まで多くのアクアリストに昔から人気があるフィルターです。

投げ込み式フィルターの仕組みと使い方

投げ込み式フィルターの仕組みと使い方を確認しましょう。非常にシンプルなので、初心者の方も安心して使うことができると思いますよ。

仕組み

投げ込み式フィルターのろ過の仕組みはいたって簡単です。ポンプにより、フィルターの下部に空気を送り込むと、空気は水面に向かって上昇していきますが、その時にフィルター内部に水流が発生します。この水流によりフィルターにゴミや汚れを吸着させてくれるのです。さらに、フィルターにはバクテリアが棲みつき、生物ろ過も一緒におこなってくれます。

使い方

使い方は非常に簡単で、投げ込み式フィルターと空気を送り出してくれるエアーポンプをチューブでつなぐだけです。ポイントとしては、水槽の大きさや深さにあった適切なサイズのエアーポンプと投げ込み式フィルターを選択する点です。水槽に対して、 エアーポンプやフィルターが小さいと十分なろ過能力が得られません。反対に大きすぎると、水槽内部が狭くなってしまうのに加え、水流が大きすぎて魚が疲れてしまうこともあります。

投げ込み式フィルターのメリット

投げ込み式フィルターを使用するメリットについて見てみましょう。

とにかく使い方が簡単

外部フィルターや上部フィルターに比べて、構造も非常にシンプルで、ポンプにつなぐだけという使いやすさはおおきなメリットです。新たな魚を水槽に導入する前や魚が病気になってしまった時などのトリートメントの際も、投げ込み式フィルターならすぐにセットできて、バケツなどにも簡単に使用できます。

サイズの割にろ過能力が高い

投げ込み式フィルターはコンパクトな割には、ろ過能力は比較的高いとされています。物理ろ過のろ過能力に加え、エアーポンプで常に空気がろ材の中を通過しているため、バクテリアも活性化しやすく生物ろ過もしっかりとおこなってくれます。

価格が安価

価格面でも投げ込み式フィルターは優れています。フィルター本体は60cm規格水槽のサイズでも1000円以下で購入することが可能なので、お財布にも優しいのはとってもうれしいですね。

投げ込み式フィルターのデメリット

ではデメリットはどんなものがあるのでしょうか。フィルターはアクアリウムにおいてとっても需要なので、デメリットもしっかりと押さえておきましょう。

ポンプの音が気になる場合も

投げ込み式フィルターはエアーポンプによって空気を送る仕組みのため、常にポンプが動き続けています。最近のポンプは静音設計がなされている商品も多くなりましたが、音に神経質な方はポンプもモーター音が気になってしまうかもしれません。

水槽内部の景観を損ねる

水槽に沈めて使用する投げ込み式フィルターは、水槽内部の景観を損ねてしまいます。水草水槽などのレイアウトを重視する水槽の場合は、投げ込み式フィルターはあまり適していないと言えるでしょう。

外部フィルターなどに比べると、ろ過能力は劣ってしまう

ろ過能力は比較的高い投げ込み式フィルターですが、やはり上部フィルターや外部フィルターなどに比べると、性能は劣ってしまいます。これらのフィルターに比べるとろ材の量が少ないので、ろ過能力に差がでてきます。

おすすめの投げ込み式フィルター6選

おすすめの投げ込み式フィルターをご紹介します。自分の水槽サイズ・飼育している魚種に応じたものを選びましょう。

水作 水作エイトコア M

ジェックス ろ過ボーイ M

ジェックス ろ過ボーイ プロ M
ニッソー 水中フィルターロカパル S
コトブキ ろかドーム S

水作 ニューフラワー DX  水作 水作ジャンボ 

フィルターの交換目安は?

投げ込み式フィルターの交換目安ですが、魚種や飼育している魚の匹数、水槽サイズによって大きく変化するので一概には言えません。目安としては、内部のろ材が黒っぽく汚れてきたら替えどきです。汚れていない段階であまり頻繁に変えすぎると、バクテリアが十分に繁殖できないため、物理ろ過によってろ材が汚れてきたのを目で確認し、目安とするのが良いと思います。

手軽に使えて、ろ過能力も高い投げ込み式!

手軽に使えて、ろ過能力も比較的高い投げ込み式フィルターはアクアリストの強い味方です。初心者の方ははじめは投げ込み式フィルターから始めてみると良いかもしれません。また、メイン水槽に使用しない方でもトリートメント用などに、予備で用意しておくのがおすすめです。ぜひ、投げ込み式フィルターであなたのアクアリウムライフをもっと快適にしてみてください。

 

投げ込み式フィルターの画像

ABOUTこの記事をかいた人

FISH PARADISE!編集部

魚をこよなく愛し、沢山の人に魚の面白さを伝えようと日々奮闘しています。実際にフィールドに出掛けたり、飼育や料理にもチャレンジ中!皆様に有益な情報をお届けできるよう頑張りますっ!