メダカの産卵から孵化まで!生存率をあげるコツは?




アイキャッチ画像出典:写真AC

メダカの産卵について

メダカの産卵に必要な条件とは?

出典:写真AC

メダカを産卵させるにはいくつかの条件を満たす必要があります。とは言え、その条件はそう難しいものではないので、初心者でも容易に産卵させることが可能です。

メダカが産卵する条件

メダカが産卵するためには主に、「元気なオスとメスの親メダカ」、「水温」、「日照時間」の3つの条件を満たす必要があります。自然環境下では水温と日照時間を頼りに繁殖活動を行っているので、飼育下で産卵させるためにはそれらの環境を再現しなければなりません。

親メダカの状態

産卵させるためには元気な性成熟したオスとメスが必要です。体長2cm程度に成長していれば性成熟している可能性が高く、オスとメスの見分け方は背ビレと尾ビレの形状を比較します。オスは背ビレの後端に切れ込みが見られますが、メスには見られません。また、オスは尻ビレが長く大きいのに対して、メスの尻ビレは小さいです。それから、親メダカが病気などで弱っていないか、やせ細っていないかも確認してください。

水温

メダカが産卵する水温は約18℃以上からです。自然環境下では水温が高い春から秋にかけてが産卵期ですが、飼育下ではヒーターを使って水温を20℃以上に保つことで冬でも産卵させられます。産卵に理想的な水温は25℃前後と言われていますので、温調機器を使って水温を調節してください。

水槽用ヒーターの選び方とおすすめ17選!電気代を抑えるコツは?

2017.07.24

日照時間

メダカの産卵には日照時間も密接な関係にあります。メダカが産卵する条件には12~13時間の日照時間が必要なので、屋内水槽で飼育している場合は照明時間をコントロールして、メダカにとって明るい時間と暗い時間を設けてください。

水槽用の照明おすすめ13選!どんな種類と特徴があるの?

2017.05.18

メダカの産卵時期と卵数

関東でのメダカの産卵時期は水温が高くなり、日照時間が長くなる5~9月頃です。1回の産卵でメスは5個から多い時は20個以上の卵を産む場合もあります。メダカは産卵開始から数カ月ほど経つと産卵しなくなることがありますが、コンディションがよければ、しばらくするとまた産卵するようになるので心配はいりません。

メダカの採卵から孵化まで(孵化率・生存率をあげる方法)

メダカの卵の孵化率・生存率を上げるコツ

出典:写真AC

メダカは他の親が生んだ卵のみならず、自身が産んだ卵や誕生した稚魚を餌として食べてしまいます。そのため、孵化率や生存率を上げるためには、採卵して隔離する必要があります。

メダカの卵が孵化する目安の期間

孵化までの時間は水温に依存し、高水温ほど早く孵化する傾向にあります。メダカの卵が孵化するまでの時間は、水温20℃では14日前後、水温25℃では10日前後と言われています。水温が低すぎたり高すぎると、卵が死んでしまうので注意してください。

メダカの孵化までの目安式

水温(℃)×孵化までの日数(日)≧ 250

 

採卵は水草や採卵器で行うのが簡単

メダカは水草などの産卵床に卵を産み付ける習性があります。そのため、採卵はホテイアオイなどの浮き草やウィローモスなどの葉が柔らかく、卵の粘着糸が絡みやすい水草を入れると容易です。また、市販の産卵器を利用することでも同様の効果を得られます。

ホテイアオイとメダカや金魚の相性は?枯れてしまう原因って?

2017.06.13

メダカの卵をメス親から直接採る方法も

産卵床から回収する以外にも、産卵直後でまだメスの体に卵が付着している時に直接採卵する方法もあります。メスから直接採卵する場合は、当該個体を網などで掬い綿棒などの柔らかいもので腹部を優しく撫でるようにして採卵してください。ただし、この方法はメダカに対する負担が大きいので、掛け合わせなどによりどうしてもそのメスの卵が欲しい場合以外には、行わない方が良いでしょう。

親メダカと隔離する

採卵したら食べられないよう親メダカと隔離します。卵を入れる容器は小さなカップなどでも構いません。それから、ある程度の水量が入る大きな容器の方が、水質と水温が安定しやすいのでおすすめです。

カビの生えた無精卵を取り除く

産卵した卵は全てが有精卵ではなく、中には受精しなかった無精卵も含まれています。無精卵はカビが生えやすく、放っておくと有精卵までカビが生えて死んでしまうので、カビが発生した無精卵は除去してください。

メダカのカビ対策にはメチレンブルーがおすすめ

メチレンブルーはメダカを含む観賞魚用の薬として代表的なものです。魚病薬としては寄生虫やカビなどを駆除する効果があり、病気予防を目的としたトリートメント時にもよく用いられています。メダカの卵のカビ対策としても効果的で、メチレンブルー溶液で殺菌・消毒した水で卵を管理すればカビの発生リスクをかなり軽減することが可能です。

メダカの卵はカルキが入った水道水でもいいの?

メダカの卵は水道水でも大丈夫?

出典:写真AC

卵の状態ならカルキ(塩素)に対する耐性があるので、カルキ抜きをしていない水道水でも大丈夫です。よって、産卵直後に採卵した卵であれば、そのままの水道水に入れても孵化する頃にはカルキが抜けているので問題ありません。また、あえてカルキ抜きをしないことで、カビや雑菌の増殖を抑える効果も期待できます。ただし、いつ産卵したか定かでない卵や、孵化前の卵が入った容器にカルキ抜きをしていない水道水を入れると、誕生した針子に悪影響を与える可能性も考えられるので注意してください。

カルキ抜きの4つの方法とおすすめグッズ15選!健康に魚を飼育!

2017.07.26

メダカが卵を産まない!原因は?

メダカが卵を産まない原因は?

出典:写真AC

卵を産まないということは、その環境が産卵に適していないことを意味します。今一度、飼育環境を見直してみてください。水温・日照時間は適切か、オスとメスが揃っているか、親メダカは十分な栄養を取れて元気な状態かをチェックする必要があります。それから、水質が極端に悪化していないかも調べてみてください。また、前述したようにメダカは産卵し続けていると、環境が良くてもパタリと産卵しなくなるタイミングがあります。その場合は、しばらくするとまた産卵し始めるので様子を見てください。

メダカの針子の育て方

メダカの針子の育て方

出典:写真AC

メダカの繁殖は数ある観賞魚の中でも容易な方です。しかし、針子と呼ばれる稚魚の頃はかなり体が小さいので、特に餌に注意が必要です。

針子の育成には青水がおすすめ

青水はグリーンウォーターとも呼ばれており、色の由来はアオコなどの植物プランクトンの葉緑体によるものです。メダカは雑食性なので植物プランクトンも食べます。針子は体が小さく、親メダカと同様の餌はうまく食べられません。よって、サイズの小さい植物プランクトンが豊富に含まれる青水で育成すれば、餌には困らないのです。

孵化後2日ほどは餌は必要ない

針子は孵化直後は卵黄嚢が付いた状態で誕生し、数日間は卵黄嚢の栄養で成長できます。そして、誕生直後はまだ口が開いていないので、餌をあげても物理的に食べることができません。卵黄嚢の栄養を吸収し終え、自力で泳げるほどに成長した頃には、口も開いて餌を摂れるようになっています。そのため、餌をあげるタイミングは泳ぎ出してからです。

3日目以降はインフゾリアや稚魚専用餌を与える

針子は体が小さく、それにともなって口も小さいです。そのため、親と同じ人工飼料などの餌はうまく食べられません。餌はインフゾリアやゾウリムシなどのプランクトンを与えてください。また、メダカの稚魚でも食べられるほどのサイズに粉砕した、専用餌も市販されているのでそれを与えても良いでしょう。いずれも、食べ残しは水質を悪化させるので、餌の与えすぎには注意してください。

どれくらいのサイズに成長したら親メダカと同居できる?

メダカの稚魚はどのくらい大きくなれば親魚と混泳できる?

出典:写真AC

親メダカと同居できる条件としては、親メダカの口に入らないサイズであることと、親メダカと同じものが食べられることの2点です。メダカは共食いする性質があるので、親メダカの口に入る程度の大きさの頃に同居させようとすると捕食されてしまいます。また、親メダカと同じものが食べられないと、餌を摂れずに餓死する危険があります。以上のことから、2cm前後にまで成長するまでは、隔離して成育した方が無難です。

共食いと針子期の餌に注意してメダカの繁殖を楽しもう!

メダカの卵は共食いと稚魚のエサに注意!

出典:写真AC

メダカは数ある観賞魚の中でも飼育・繁殖共に容易で、メダカ愛好家の中には異なる品種を掛け合わせて色や模様の変化を楽しむ上級者もいます。メダカを繁殖させるためには、共食いをする性質や針子の頃の餌には注意が必要で、特に針子期に摂食できる餌を用意できずに、死なせてしまうケースは初心者によく見られます。親メダカとのサイズ差を常に意識して、針子にとって適した環境を整えてあげてください。

メダカの産卵から孵化まで