PSBの効果・効能や使い方!使用頻度や量はどれくらいがベスト?




アイキャッチ画像出典:写真AC

PSBとは

PSBってなに?

出典:写真AC

観賞魚ショップなどでよく目にする「PSB」。何らかの薬品のようですが、いったいどんな商品で何に使うものなのかわからない方も多いようです。PSBとは「水質浄化光合成細菌」のことを指すのですが、おもに水槽内の水質を浄化して、ろ過にとって重要な役割のバクテリアのことなのです。それでは、実際にPSにはどのような効果があるのか、どのように使ったらよいのかなどについて説明していきましょう。

PSBの効果・効能

いわゆるバクテリアの一種であるPSBについて、その効果や効能などについて解説していきます。

水質浄化・ろ過能力の向上効果

PSBの効果

出典:写真AC

PSBは酸素のある環境では光合成によって増殖し、酸素のない環境では硫化水素を分解するという特性を持っています。つまり、ろ過フィルターなどで流れのある状態の水槽では光合成によって増殖します。水槽内の汚れが底砂にヘドロのように堆積したり、ろ過フィルター内の目詰まりを起こしたりすると有害物質の硫化水素が発生し、酸素のない状態になります。PSBは、そんな硫化水素を分解してくれるのです。PSBは水槽内の水質を浄化し、ろ過能力を向上しする効果があります。

抵抗力の増強効果

PSBは抵抗力をあげる

出典:写真AC

PSBを使用すると、水槽内の魚が病気にかかりにくくなる効果があります。水質浄化によって魚が健康になるだけでなく、魚自体が持つ抵抗力が増強される効果が認められているのです。また、金魚など体色のある魚の水槽に使うことで、色揚げ効果が期待できます。食欲もアップし、水カビ病といった細菌の感染による病気に強くなるのです。なお、すでに病気にかかっている魚に対しては治療の効果はないので注意してください。

稚魚の初期飼料

PSBは稚魚の餌にもなる

出典:写真AC

PSBの使用方法として、もっともポピュラーなのが稚魚の初期飼料としての活用です。メダカやグッピー、ベタなどの繁殖に成功したものの、ブラインシュリンプが食べられないサイズの稚魚がいる場合、粉状の人工飼料やゆで卵の黄身などを与えることが多いのですが、その際にPSBを数滴加えることで稚魚の生存率が格段にアップします。餌を残した場合でも、PSBが分解して水を浄化しますので、水槽の汚れを防ぐ効果もあります。

PSBのバリエーション

PSBは観賞魚ショップでさまざまなバリエーションの商品が売られています。代表的なPSB商品について、その特徴を説明します。

PSB

一般的なPSB商品は、ビタミンや放線菌(病気の予防)、カロチノイド系色素が含まれたものとなります。水槽内の汚れの元となる有害有機物を分解して、魚にとって理想的な環境を作ります。

濃縮PSB

通常のPSB商品に比べて3倍の濃度で菌が濃縮された商品です。菌の濃度を高めているため、有害有機物の分解速度が早く、しかも魚にとって有益な栄養分が多く含まれています。

金魚のPSB

金魚の排泄物や飼料の食べ残しを分解する機能に特化したPSBになります。また、金魚の美しい体色の色揚げにも高い効果があるカロチノイド、ミネラル分の配合を強化しています。

メダカのPSB

メダカの排泄物や飼料の食べ残しを分解する機能を強化しているのが特徴です。また、メダカの産卵を促進するため、ビタミンやミネラルを重点的に強化されているのが特徴です。

PSBの使い方

水の浄化や魚の健康に役立つPSBですが、正しい使い方を知らないと効果がないばかりか、害になってしまいかねません。ここでは、PSBの正しい使用方法について解説します。

飼育水に入れる量

一般的なPSB商品の場合、飼育水12Lにつき10ml添加するのが適切な量とされています。60cm水槽(60L)の場合は50ml、90cm水槽(180L)の場合は150mlを添加するのが目安となっています。なお、プラ船や池の場合は100~200ccの量を添加するとよいでしょう。

使用頻度

PSB商品のメーカーによって記述内容は異なりますが、一般に「餌やりのタイミングで1日1、2回添加する」と書かれていることが多いです。ただし、基本的な水槽の場合、PSBが定着すれば毎日添加する必要はありません。目安としては3、4日に1回程度、適量を添加すれば十分でしょう。

PSBを使用する上での注意点

PSBを使用すると水が浄化され、透明で澄んでくるのが目に見えて実感できるようになります。しかし、透明な水が魚にとって無害というわけではありません。水にアンモニア成分が溶けている場合でも、見た目は透明だったりします。PSBを使えば水換えをしなくていいと考えるのは間違いなので、注意が必要です。

PSBは海水にも使えるの?

海水用のPSB商品も市販されています。また、商品によっては淡水・海水兼用のPSB商品もありますので、海水水槽と淡水水槽の両方を設置している場合は、こうした兼用タイプの商品を選ぶとよいでしょう。

魚だけじゃなく環境にもやさしいPSBを活用しよう!

PSBは水槽内の水を浄化し、汚れから発生する有害有機物を分解し、魚が持つ抵抗力を増強する効果があります。つまり、飼育している魚にやさしいのはもちろん、有害物質を分解して無害化するので、水換えの際に廃棄される物質が環境にもやさしいということになります。水槽飼育を行うなら、ぜひ一度PSBを試してみることをおすすめします。

PSBってなに?