尾ぐされ病の原因や症状、治療法、予防法は?早期発見・早期治療が重要!




アイキャッチ画像出典:写真AC

尾ぐされ病の原因

尾ぐされ病の対処法とは

出典:写真AC

カラムナリス菌という細菌の感染により尾ぐされ病は発病します。尾ぐされ病は水質の悪化で魚が体調を崩すとかかりやすく、魚のつつき合いによる体の傷や、ストレスも感染するリスクになります。ベタなどヒレが長い魚は、ヒレが傷つきやすく、その傷に菌が付着しやすくなり発病しやすくなることもあります。尾ぐされ病は、急な水温低下でも感染することがあります。そのため、水換えやヒーターの不具合には注意が必要です。

尾ぐされ病の症状

カラムナリス菌の感染により発病する尾ぐされ病の初期症状は、ヒレの先端や縁が白濁し、その周囲が赤くなります。病気が進行するにつれ症状は悪化し、白濁はヒレの先端から魚体の中心側へ広がります。

 

ヒレは徐々にカラムナリス菌が分泌する強力なタンパク質分解酵素により、先端部から組織が少しずつ壊死し、裂け始めます。さらに重症化すると、ヒレが溶解してしまい、病気の魚は衰弱して死んでしまいます。このカラムナリス菌は魚のヒレのほかにエラや口の周りにも感染し、エラぐされ病などの原因ともなっており、感染部位により症状がそれぞれ異なってきます。

尾ぐされ病の治療法

尾ぐされ病は、感染後すぐに魚が死んでしまうことはない病気ですが、油断しているとほかの魚にも伝染してしまいますので、早期発見、早期治療を行いましょう。

塩浴

尾ぐされ病の初期段階であればある程度の効果が期待できます。治療を行う魚は隔離用の水槽へ移しましょう。塩には殺菌作用があり、寄生虫や病原菌の殺菌効果が期待できます。使用する塩は一般に売られている食塩でかまいませんが、化学調味料が含まれている塩は避けたほうが良いでしょう。塩浴の塩分濃度は0.5パーセントに合わせます。水1リットルに対し、塩5グラムが目安です。初期であれば、1週間くらい塩浴を続けることで、魚の体調が回復する場合もあります。

薬浴

抗菌薬による薬浴で治療を行います。治療を行う魚は隔離用の水槽に移してください。水草の入っている水槽で薬浴を行うと水草が枯れてしまう恐れがありますので、かならず治療用の水槽を準備しましょう。治療法は、水槽の半分程度の量の水を取替え、市販されている薬剤で魚を薬浴させます。この際、食塩を水1リットルに対して5g(0.5%)入れると効果がアップします。使用する薬剤はグリーンFゴールド顆粒やエルバージュエースがおすすめです。容量は、その薬剤にしめされた用法容量通りに投与します。重症魚は治療困難な場合が多いので、初期のうちに病気を発見して治療することを心がけてください。

治療の注意点

薬浴の治療効果は高いですが、その薬に弱い魚も存在します。それは、古代魚、ナマズの仲間です。これらの種類の魚の場合、薬浴は示されている投与量よりも薄めの量で様子を見ながら徐々に薬剤濃度を上げていくようにするほうがいいでしょう。また、活性炭やゼオライトなどのろ材は薬の成分まで吸着してしまい、薬浴の効果が薄れてしまう恐れがありますので、外して薬浴を行うようにするほうが安全でしょう。薬浴開始時はしばらく魚から目を離さないように注意して観察しましょう。

尾ぐされ病の予防法

尾ぐされ病の予防には。まず第一に水替えを定期的にきちんと行い、水槽内を清潔に保つことが最重要です。毎日のエサやりの際は、やりすぎないようにし、食べ残しで水質を悪化させないようにするなどの工夫が大切になります。水温は高くなりすぎないように管理することで発病のリスクを下げることができます。カラムナリス菌は水の硬度が高いほうが活動が活発になりますので、低く保てるように水質管理することをおすすめします。魚の体調がおかしいと思ったら、まず水質の測定を行うことから始めましょう。

なにより一番大切なのは予防すること

魚のような小さな生き物は、それほど身体も丈夫ではありません。一度病気にかかってしまうと、病気を完治させるのは困難になります。そのために、早期発見、早期治療が大切です。しかし、そのこと以上に病気に罹患させないための予防がなによりも重要です。大切な魚の健康を維持し、そのかわいらしい姿や美しい容姿を楽しむためには、日々の健康管理が大切になってきます。毎日のお世話の中で、魚の体調をよく観察しきちんと知っておくことが基本になります。

 

エサやりの際は、エサの食べ方や摂取量が減っていないか等、健康状態を把握するためのヒント、情報がたくさんありますので目を光らせて見守るようにしましょう。もし魚が病気に罹患してしまったら、魚の病気は進行が早いので手遅れになる前に手当を開始することを心がけるようにしましょう。症状がハッキリしなかったり、判断に困ったときは熱帯魚店の人に聞いてみるのも手です。

尾ぐされ病の対処法とは