硝酸塩が増えると魚はどうなる?増える原因と測定・除去方法をプロが解説!

硝酸塩とは

アクアリウムを始めると、目にしたり耳にするようになる硝酸塩とは一体、何なのでしょうか。まずは硝酸塩の基本を押さえておきましょう。

硝酸塩の特徴

硝酸塩とは、濾過バクテリアが働くことによる硝化作用で最終的に水槽内に残る酸化物質です。水槽内では硝酸イオンとして検出されますが、これは亜硝酸も亜硝酸イオンとして検出されるものと同じです。

 

餌や魚のフンからアンモニアが発生し、そのアンモニアが濾過の働きによって亜硝酸になり、亜硝酸も濾過の働きによって硝酸塩になります。硝酸塩自体は毒性の弱いものですが、基本的には水槽に蓄積していく一方の酸化物質になります。

硝酸塩とアンモニア・亜硝酸の関係

先程も簡単に説明しましたが、硝化菌による濾過は、アンモニアから亜硝酸となり、亜硝酸から最終的に硝酸塩になるという過程を辿ります。しかし好気性バクテリアによる濾過である硝化作用は、硝酸塩まで変化させるのが役割なので、役割以上のことはできずに硝酸塩は水槽内に蓄積していきます。

 

比較的無害と言われる硝酸塩でも、 蓄積してくれば無害とは言えなくなってきます。予防的なことを言えば、アンモニアや亜硝酸の段階でそれらを減らせば、結果的に生成される硝酸塩も少なくなります。

アンモニアから魚を守る方法!

アンモニアから水槽の魚を守れ!発生原因や下がらない時の対策法

2021年4月24日
亜硝酸が水槽内の魚に与える影響とは

亜硝酸の測定方法と魚に与える影響!水槽内から減らす方法は?

2022年2月22日

硝酸塩が水槽内で増えるとどうなる?

放っておくと蓄積する一方の硝酸塩ですが、その硝酸塩が増えていくとどうなるのか。

水が酸性化する

pH測定

 

硝酸塩がたくさん溜まってくると、飼育水のpH値がより酸性に傾いて、pH値が低くなっていきます。その結果、魚や水草などが生きていく適切な水質からは離れていくことになるので、魚や水草の調子も落ちてきて、しまいには生存問題にも関わってきます。

 

また、濾過バクテリアの活動も抑制されてくるので、結果的に濾過の働きも悪くなります。

 

さらに、 pHの落ちていくスピード(酸化するスピード)は一定ではないので注意が必要です。pH低下のスピードは加速度的に増すので、昨日までなんともなかった水槽が今日になって壊滅的になる、などという場合もあるので注意が必要です。

phとは

ph(ペーハー)は観賞魚飼育にとっても重要!魚種別の最適phと測定方法をプロが伝授!

2021年1月20日

コケが生えやすくなる

水槽のコケ

 

アンモニアや亜硝酸や硝酸塩は、水草が自身の栄養として消費してくれる面はあるものの、それだけで飼育水の浄化を期待できるものではありません。そして水草の養分になるということは、コケの養分にもなります。

 

硝酸塩が溜まってきている状況というのは、飼育水が古くなってきているという状況なので、硝酸塩の他の酸化物質なども溜まってきていると考えて間違いありません。

 

例えば、主に餌が原因となることで発生・蓄積するリン酸がありますが、これもコケの発生原因になります。硝酸塩は水の古さ・汚れの指標にもなります。

硝酸塩が水槽内で増える2つの原因

硝酸塩が増える原因にはどのようなものがあるのでしょうか。大きく2つの原因が考えられます。

餌のやり過ぎ

魚の餌は適度な量で

 

硝酸塩の始まりがアンモニアであることはお話しましたが、アンモニアの元になっている1つが餌です。餌の量が多いということはフンも多くなりますし、生成されるアンモニアの量も多くなります。

 

その結果、亜硝酸の量も、最終的に生成される硝酸塩の量も多くなります。そのため、飼育個体・匹数に見合った餌の適量を把握することが重要になってきます。

 

もし、魚をなるべく大きくしたいという目的があれば、それを叶えるために餌やりの量や回数を増やしますが、その分硝酸塩も生成されて水が汚れるので、水換えなどの対策が必要になります。

水換え不足

水槽の水換え

 

餌の量は適切か、むしろ少なめだ、という人もいると思います。餌の量や回数は多いから、そのぶん週に1回、全体の3分の1の水換えをしている、という人もいると思います。

 

しかし、実際その水替え頻度がベストかどうかは、水質測定をして硝酸塩の量を把握するか、十分すぎる頻度や量の水換え管理が当たり前な人でもない限りわからない場合もあります。

 

一般の人の感覚での管理では、プロからすると水換え不足な場合が圧倒的に多く、一般家庭の水槽の多くは慢性的な低pH状態にあると感じています。水換えの手間を最小限にしたければ、定期的な水質測定は必要です。

硝酸塩の測定方法

アクアリウムでの硝酸塩の測定方法は、基本的に2つで、 紙の試験紙で測定する方法 液体の試薬で測定する方法です。どちらも測定したい飼育水を使って、試験紙や試薬が変化する色と、商品に付属してくる比色紙の色を比べて判断します。

 

注意点としては、正しい測定方法でおこなうことと、古い商品を購入しないことです。古い商品だと正しく計測できませんので、使用期限などをしっかりと確認しましょう。

硝酸塩を除去する4つの方法

通常なら溜まっていく一方の硝酸塩を減らす方法を詳しく解説していきます。

換水する

硝酸塩を取り除くシンプルな方法として換水があります。これは物理的に硝酸塩を排除する方法なので、硝酸塩除去には確実な方法です。

 

ただし、水換えにも安全・危険、上手い・下手があるので、一度に大量換水する場合は、一晩汲み置いて温度もヒーターで適温にした水を使いましょう。

 

底砂を敷いている水槽は、底砂掃除も忘れずにしてください。底砂に汚れが溜まると汚れの発生源になり、デメリットが大きくなるので気をつけましょう。

水草を利用する

これは基本的にはあまり期待できないと話しましたが、水草レイアウト水槽を専門にやっているような水槽であれば期待できます。要は、水草が沢山で魚は少数という、水草が主役になっているバランスの水槽であれば、水草の水質浄化作用が期待できます。

 

そこまでの期待はできなくても、ハイグロフィラ・ポリスペルマやマツモ、アマゾンフロッグピットなど、成長の早い水草を水槽に沢山使えば、硝酸塩除去効果も大きくなります。

吸着材を使用する

硝酸塩を除去する方法としては、高性能な商品を使用する方法もあります。高性能な商品によって吸着除去する方法や、そもそも生成される硝酸塩の量を少なくするという方法です。

 

これは高性能なカルキ抜きや濾材の働きによるものですが、硝酸塩やその他の酸化物質すらもイオン吸着して除去する商品がありますし、アンモニアや亜硝酸を除去してくれる結果、硝酸塩の生成量が抑えられる高性能カルキ抜きもあります。

バクテリア(脱窒菌)を利用する

嫌気性バクテリアを利用する方法もあります。販売量がほとんどを占める一般的な濾過バクテリアは好気性バクテリアですが、その硝化作用によって、アンモニア→亜硝酸→硝酸塩というふうに硝酸塩まで変化させるのが役目です。

 

しかし役目はそこまでで硝酸塩は残ってしまいます。その硝酸塩をさらに窒素ガスにして空気中に放出してくれるのが嫌気性バクテリアの役目で、商品としては通性嫌気性バクテリアを利用したものがあります。

硝酸塩の除去には水換えとアイテムのコンボ技が最強

熱帯魚が泳ぐ

 

硝酸塩が溜まるということは、水が酸化して古くなるということです。水換えは予防的にも解決的にも必要な作業ですが、現在は優れた商品もあるので、積極的にそのような優れた商品を使うことをおすすめします。

 

水換えと優れた商品の力で、水槽環境が良くなることは間違いありません。コケの予防にもなるので、ぜひお試しください。

関連記事

熱帯魚飼育は難しくないよ

【初心者向け】これだけは押さえておくべし!プロが教える熱帯魚飼育の7つのコツ!

2020年9月3日
初心者におすすめの熱帯魚

現役アクアショップ店長が選ぶ、初心者におすすめの熱帯魚10種類!安くて丈夫な入門種は?

2020年5月8日
アカヒレ(コッピー)を飼育しよう

アカヒレの飼い方(餌・混泳・寿命など)!入門に最適な小型魚!

2017年10月17日


硝酸が魚に与える影響

ABOUTこの記事をかいた人

山城 大介

秋田県北秋田市にある小さなお店「アクアショップZERO」の店長です。 ディスカスが1番好きで繁殖が大好きです。 熱帯魚は繁殖ありきの楽しみ方が1番だと思っています。 記事に書ききれないことや、突っ込んだ内容は当店ブログやLINEで読んでください。 お悩み事はプロにお任せ。 当店の方もよろしくお願い致します。