22イグジストのここがすごい!エアドライブシステムと充実のアフターサポート!

アイキャッチ画像出典:DAIWA

22イグジストが登場!

22イグジストの情報

出典:DAIWA

2022年3月発売予定の22イグジストは、釣り人の意のままにルアーを操作することを目指し、新たな設計思想を取り入れたデザインとなって登場します。

 

メーカーの思いが詰まった渾身の新商品として注目を集めていますが、その内容とはどのようなものなのか、さっそく見ていきましょう!

22イグジストから新搭載されたエアドライブデザインとは?

エアドライブデザインは22イグジストから初めて実装され、ルアーを軽快に操作することに重点を置き、軽い巻き出しと感度の高さが特徴です。回転性能に特にこだわったダイワの次世代スピニングリールの新設計思想となっています。

エアドライブローター

22イグジストのエアドライブローター

出典:DAIWA

球体から削り出したかのような形状をしており、どこを見てもビスの見えないデザインが大きな特徴となっています。シャープなボディは従来から変わらず、ZAION(ザイオン)というカーボン合成樹脂素材を使用。ユニット本体は16%軽量化されており、回転レスポンス性が向上しています。

 

18イグジストと大きく異なり、リールのフロント部分を軽量化することによってリールの重量バランスが最適化されました。

 

軽量化によって得られたメリットは、主に以下の通りです。

  • 【巻き出しレスポンス性能の向上】巻き出しの軽さが改善されたことで、しゃくりなどのロッド操作性が向上。
  • 【巻き感度の向上】巻き出しが軽くなったことで巻き感度も大幅に向上し、リトリーブメインの釣りではメリットを大きく感じることができるでしょう。

エアドライブスプール

22イグジストのエアドライブスプール

出典:DAIWA

従来より33%軽量化されたスプールは、巻取り慣性の低減を実現しています。このおかげで、巻き取り操作のゴー&ストップ動作に対するレスポンスが大幅に向上しました。

 

また、スプールスカート部には糸落ち防止のためのネズミ返しのような機構があり、メインシャフトへの糸絡みを防いでくれます。これにより切れのある巻取り操作中もトラブルの心配はなく、ストレスフリーで釣りを楽しめます。

エアドライブシャフト

22イグジストのエアドライブシャフト

出典:DAIWA

シャフト両端にボールベアリングを組み込みピニオンギアを稼働させるため、摩擦抵抗をゼロに近づけ高負荷が掛かった際の巻き上げパワーロスを抑えます。高精度化されたシャフトは、操作時に加えた力で滑らかさを失うことなく回転させることができるでしょう。

エアドライブベール

22イグジストのエアドライブベール

出典:DAIWA

中空パイプ構造のエアドライブベールは、ベール径が小口径化されたことによりさらに軽くなったことが大きく変化した点です。強度を失うことなく小さく軽くなったベールは、スムーズなライン取りを行うためトラブルレス化にも貢献しています。

22イグジストのその他の機能

マグネシウムモノコックボディ

22イグジストはマグネシウムモノコックボディ

出典:DAIWA

18イグジストに引き続き、22イグジストも軽量・高剛性のマグネシウムモノコックボディとなっています。

 

一体成型のモノコックボディは従来のリールボディよりも剛性が高く、収納できるギアサイズも大きくなります。これにより、同番手でもより強い巻き上げと剛性感が可能になりました。たわみの少ないボディにより回転時のギヤへのダメージを軽減する効果もあり、抜群の耐久性を誇ります。

 

マグシールド

22イグジストのマグシールド

出典:DAIWA

リールの回転部分は塩噛みや金属部品の腐食を防ぐため、海水の侵入を断つ必要があります。22イグジストにはピニオンギヤやボールベアリングを海水、砂から守る防水・防塵機能も抜け目がありません。マグシールドは以下3か所のように、リールの回転に関わる重要な部分に搭載されます。

  • ラインローラー
  • ドライブギア(両端のボールベアリング部)
  • ピニオン周辺(可動部の隙間)

マグシールドは抜群の防水性能!ジャンル別の搭載リール一覧!

2021年6月1日

 

タフデジギア

22イグジストのタフデジギア

出典:DAIWA

マグネシウムモノコックボディに搭載されているギアは、歯面に特殊処理を施すことで強度がアップされた超々ジュラルミン製 MC(マシンカット)ギアです。

 

強固なボディの内部機構に使用されるパーツも強固なため、たわみやゆがみを最小限に抑えることでギアの耐久性も向上するという相乗効果を発揮します。

 

ATD TYPE-L

22イグジストの新ドラグ機構

出典:DAIWA

従来のATD(オートマチックドラグシステム)が進化し、初動レスポンスが向上したADT TYPE-Lは魚の引きに合わせて稼働するため、急激な引き込み時のドラグ負荷を抑えたセッティングが施されています。巻取り時は、極力魚にストレスを与えずラインへの負荷も軽減することが可能となりました。

 

ツイストバスターⅢ

22イグジストのラインローラー部分

出典:DAIWA

ラインローラー部分に従来は無かった溝を設けることにより、ライントラブルを大幅に解消できます。ツイストバスターⅢの効果で巻取り時の糸寄りや糸のバタつきが大幅に抑制されていることから、トラブルレスでストレスフリーな巻き取り操作をすることが可能となりました。

22イグジストのラインナップ

品名 巻取り長さ
(cm/ハンドル
1回転)
ギア比 自重(g) 最大
ドラグ力
(kg)
標準巻糸量
ナイロン
(lb-m)
標準巻糸量
PE
(号-m)
ベアリング
(ボール/
ローラー)
価格(¥)
LT2000S-P 64 4.9 155 5 3-150 0.4-200 12/1 100,000
LT2000S-H 76 5.8 155 5 3-150 0.4-200 12/1 100,000
LT2500S 72 5.1 160 5 4-150 0.6-200 12/1 101,000
LT2500S-H 82 5.8 160 5 4-150 0.6-200 12/1 101,000
LT2500S-XH 87 6.2 160 5 4-150 0.6-200 12/1 101,000
LT2500-DH 72 5.1 170 5 4-150 0.6-200 12/1 104,000
PC LT2500 73 5.2 175 10 6-150 0.8-200 12/1 102,000
LT3000S 77 5.2 180 10 6-150 0.8-200 12/1 103,000
PC LT3000 77 5.2 190 10 8-150 1-200 12/1 104,000
PC LT3000-XH 93 6.2 190 10 8-150 1-200 12/1 104,000
LT4000 82 5.2 205 10 12-150 1.5-200 12/1 105,000
LT4000-XH 99 6.2 205 10 12-150 1.5-200 12/1 105,000
LT5000-C 87 5.2 220 10 20-150 2-300 12/1 108,000
LT5000-CXH 105 6.2 220 10 20-150 2-300 12/1 108,000

22イグジストのラインナップは全部で14機種です。

 

トラウトやバス、アジングなどで使いやすいLT2000S-PPC LT2500S、エギングで使いやすいLT2500S-DHをはじめ、LT3000LT4000サイズはシーバスやライトショアジギング・ライトジギングなど、LT5000サイズはショアジギング・ライトジギングなどに最適です。

 

また、22イグジストには18イグジストにはなかったLT5000-CXHが新たにラインナップされています。ハイギア仕様でより速いアクションやルアー回収が可能となっており、ショアジギングなどにぴったりのスペックになっています。

22イグジストには今までにない充実のアフターサポートも!

22イグジストの充実のアフターサポート

出典:DAIWA

今回の22イグジストはデザインが変わっただけではありません。22イグジストを購入した方全員が受けられるオーナーサポートシステムに登録(無料)することで以下の特典を受けられます。

22イグジストのオーナーサポートシステム

・問い合わせにはイグジスト専任担当が対応

・オイルチェックの無料定期点検サービス

・オーバーホール1回無料

・専用のクッション入りケース

 

オーナーサポートはイグジスト専任が担当しているため、リールの不具合や微妙なコンディション変化があった場合もすぐに対応できる体制があるのは安心ですね。

 

イグジストの点検時はクッション入りのケースに入れて運搬されますが、その理由として「お客様の大切なリールをメンテナンスに出した際も傷つけることなく届けることができるようにクッション材を採用」されているとのこと。

 

エンドユーザーとの関係性を大切にしていきたいというメーカーの強い思いが込められたサポートシステムとなっています。

新時代の22イグジストを体感しよう!

新時代の22イグジストを体感しよう

出典:DAIWA

22イグジストは、ビスが見えない特徴的なデザインに生まれ変わり、構成部品のアップグレードによりさらに高性能化が図られていることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

そして、長く使用していきたいユーザー向けのオーナーサポートシステムはメーカーの強い思いが込められた至れり尽くせりのサポート内容です。あなたも一度、体験してみてはいかがでしょうか。

 


22イグジストをご紹介