ダイワのエギングロッドを初心者〜上級者に分けて厳選!ロッドの選び方も徹底解説

アイキャッチ画像出典:DAIWA

ダイワのエギングロッドの特徴

ダイワのエギングロッドは2005年に世界で初めてリリースされて以来、多くのエギンガーに人気のあるエギングロッドです。エギング界を牽引してきたといっても過言ではないダイワのエギングロッドは初心者が楽しめる低価格のモデルから、プロアングラーが使うこだわりのハイエンドモデルまで多くのラインナップを展開しています。

エギングロッドの選び方

エギングロッドは磯や漁港、防波堤などから狙うショアエギングロッドと、船からのキャスティングやティップラン等で狙うボートエギングロッドがあります。ぞれぞれのタイプに合わせた選び方をご紹介しましょう。

ショアエギングロッドの選び方

長さ

ショアエギングロッドの選び方の一つ目のポイントは長さです。エギングに行くフィールドに合わせて長さを決めることが重要です。初心者の方は、キャスティングや足場の高いフィールドでも使いやすい8.5ft前後のモデルがおすすめです。

硬さ

2つ目のポイントは硬さです。これは非常に重要なポイントで、硬ければアクションはつけやすいですが、折れやすいうえに、疲れやすくなります。逆に柔らかいと、キャストがしやすく折れにくいですが、アクションがつけにくくなります。3.5号のエギがキャストできるもので、ご自身にあったモデルをチョイスすることをおおすすめします。

軽さ

3つめのポイントはロッドの自重(重さ)です。ショアエギングの場合、ロングキャストやジャークを繰り返すことが多くなりますので、あまり重いと疲れてモチベーションが保てなくなります。おすすめは120g前後のモデルになります。

ボートエギングロッドの選び方

ボートエギングロッドの選び方もショアエギングロッドと同様3つのポイントがあります。

長さ

ボートエギングは遊漁船やボートから狙う釣りになりますので、長いロッドだと船上での取り回しが悪く、アクションもつけにくくなってしまいます。6.5ft以下のモデルが使いやすくおすすめです。

硬さ

次に硬さですが、ボートからのキャスティングで狙う場合はさほど気にしなくても構いませんが、30g以上、時にはシンカーをつけて50g以上のエギを底まで落としてシャクるティップランで使うロッドは硬さが重要です。浅場で軽いエギを使う場合はライトからミディアムタイプ、40m以上の深場を狙う場合は、ミディアムからハイパワーモデルをおすすめします。また、穂先の感度も重要ですの価格にもよりますが、ソリッドタイプが高感度になっていておすすめです。

軽さ

ボートエギングの中でもティップランで狙う場合はワンピッチジャークで激しくロッドをしゃくりますのでより軽いロッドを選ぶことがポイントです。キャスティングで狙うモデルは、ショアエギング同様120g前後のタイプがおすすめです。

ダイワのおすすめエギングロッド:初心者向き

初心者の方の入門用に低価格帯のエギングロッドをピックアップしました。

ダイワ リバティクラブ エギング 862M

リバティクラブ エギング 862Mは、長さや硬さもエギング初心者に最適なモデルになっています。初めて防波堤や漁港から3.5号のエギをフルキャストしても疲れにくくアクションをつけやすいことが特徴で、2ピース設計で持ち運びにも適していて、コストパフォーマンスに優れたモデルになっています。

エメラルダスX 83M

エメラルダスXはコストパフォーマンスに優れたエギングの入門用モデルになります。シーズン初期で港内の小型のエギを使ったエギング2.5号~3号のエギをロングキャストできるスタイルでこれからエギングを始める方におすすめな機種になります。

エメラルダス 66M-S BOAT

ダイワがリリースするボートエギングロッドで、長さも6.6ftと取り回しがよく、プレジャーボートや遊漁船でもキャスティングや、ティップラン等のボートエギングが楽しめます。エギのサイズも3.5号がメインで18g~60gに対応していますので、深場のティップランでエギにシンカーをつけても楽にシャクることが出来ます。

エメラルダス 76M-S BOAT

ダイワボートエギングシリーズの中でもやや長めの7.6ftモデルになります。ティップランや、Sフォール等のキャスティングに適しており、ロングキャストが可能になっています。また、長さを生かして大きくロッドをシャクることが出来ますので、磯やサーフからのショアエギングでも対応可能になっています。

全長(m):2.28¥n継数(本):2¥n仕舞寸法(cm):119¥n自重(g):103¥nエギサイズ(g):18〜60¥n適合ライン PE(号):0.5-1.2

ダイワのおすすめエギングロッド:中級者向き

エギングにハマりワンランク上のモデルが欲しくなった方向けに、中価格帯のエギングロッドをご紹介します。

エメラルダス MX 86M・E

エメラルダス MX 86Mは、エギング中級者に適したモデルになります。エギングを始めて、レベルアップしたい時の買い替えモデルとしておすすめの機種です。3.5号のエギを使いこなすことが出来、自重も95gと軽く、様々なエギングに使うことが出来るマルチなモデルに仕上がっています。

エメラルダスMX 83ML

エメラルダスMX 83MLは中級者向けのエギングロッドです。長さは8.3ftと少し短めで、硬さもMLとやや柔らかめのミディアムライトに設定されており、汎用性の高いモデルになっています。しゃくりやすく、アクションもつけやすいおすすめのロッドです。

全長(m):2.52¥n継数(本):2¥n仕舞寸法(cm):130¥n自重(g):90¥nエギサイズ(号):1.8〜3.5¥n適合ライン PE(号):0.5-1.0

エメラルダス MX BOAT68ML/H-S BT・E

エメラルダス MX BOAT68ML/H-S BT・Eは、ティップラン等のボートエギング中級者向けモデルです。繊細なティップにパワーのあるバットが特徴で、ディープに潜む大型アオリイカや、ショアからのキャスティングにも十分対応できる汎用性の高いおすすめのロッドです。

エメラルダス MX 511M-S BT・E

エメラルダス MX 511M-S BT・Eはティップラン専用のボートエギング中級者向けモデルで、ショートレングスを活かした取り回しの良い機種になります。使用するエギのウェイトの幅も広く、シーズン初期のシャローから、中期以降のディープエリアまで楽しめるおすすめのモデルです。

ダイワのおすすめエギングロッド:上級者向き

最高の操作性と性能を備えたハイエンドモデルをご紹介します。

エメラルダス STOIST AGS 89M

エメラルダス STOIST AGS 89Mはダイワのエギングロッドの中でも最高峰のブラックシップモデルになります。ダイワの最新テクノロジーを駆使したモデルは、エギンガーのあこがれと言っても過言ではありません。エアセンサーリールシートは吸い付くようなフィット感と優れた操作性で快適なエギングを約束します。

エメラルダス エア AGS83M

エメラルダス エア AGS83Mは、8.3ftとやや短めのハイエンドモデルになります。自重89gの軽量モデルで、ロングキャストやエギングの基本動作のシャクリを続けても疲れず、アクションが付けやすくなっています。バット部が硬めなのでシャローからディープまで幅広くポイントを探ることが可能です。

エメラルダス STOIST AGS IL 79MMH

エメラルダス STOIST AGS IL 79MMHは、ロッド内にラインを通すインターラインタイプのエギングロッドになっていて、強風時の夜間でもストレスなくキャストをすることが可能になっています。硬さはミディアムヘビーになっていますので、大型のアオリイカとのビッグファイトが楽しめます。

エメラルダス STOIST AGS 90ULL-S

エメラルダス STOIST AGS 90ULL-Sは、上級者向けのハイエンドモデルになります。長さは9.0ftとやや長めでティップはソリッドティップが採用されており、イカの繊細なアタリを逃しません。エギの適合サイズは3.0号までとなっており、秋イカのランがンスタイルに最適なモデルとしておすすめです。

ダイワのエギングロッドでエギングを楽しもう

ダイワのエギングロッドの特徴や選び方、おススメのモデルをご紹介しましたがいかがだったでしょうか?ダイワのエギングロッドは歴史があり、信頼のおけるブランドです。エギングシーズンに向けて最適なダイワのエギングロッドをチョイスして、エギングを楽しんでください。

ダイワのエギングロッドを一挙紹介!

ABOUTこの記事をかいた人

Shin66X

びわこのほとりに住むアングラーです。ブラックバス釣りを経て今ではイカ釣りメインに日本海は福井県、太平洋では三重県を中心としてイカメタルにティップラン、年中イカ釣りを楽しんでいます。時々ジギングやります。