ネコリグでフィネス!おすすめのシンカー・フック・ワームを伝授!

アイキャッチ画像出典:写真AC

ネコリグとは

どんな魚にも効果絶大なネコリグ。釣りの幅を広げる方法をご紹介します。

「根こそぎ釣れるリグ」それがネコリグ

ネコリグはルアーメーカー:一誠の代表である村上晴彦氏により考案されたリグです。あまりの釣果から「根こそぎ釣れるリグ」として、ネコリグと呼ばれる様になりました。ワーム頭部にネイルシンカーをセットしボトムをついばむ小魚や逃げるエビなどを模して演出する事で、バスの捕食スイッチを入れることができます。

ネコリグの特徴

ネコリグは構造上、ボトムと接する頭部にフックがない為、ボトムを感じながらも比較的根掛かりも少なく、障害物が多いエリアでも果敢にボトムを攻めることができます。またボトムをズル引きするだけでも十分バスにアピールすることができる為、初心者の方でも簡単に扱う事ができ、慣れてくればロッドのティップで軽くシェイキングを加えることで更に効果的にバスへアピールが可能です。

ネコリグを使うべきシチュエーション

ネコリグはどんな場所で適している?

出典:Pixabay

 ネコリグが活躍するのはどんな場合でしょうか。シチュエーション別にご紹介していきます。

ゴロタ場

ネコリグはラバージグやスモラバと比較し、障害物回避能力が高い為、ゴロタ石の多いエリアで効果を発揮します。石の間に挟まることが少ない為、手返しよく攻めることが出来、またゴロタ石の多いエリアはエビ等のベイトも多い為、マッチザベイトで釣果を上げることができます。

ウィードエリア

ウィードが多いエリアでもネコリグの出番が多くなります。ウィードの中は酸素量が多く日陰が多い為、特に夏場はバスが身を潜めることが多いです。ネイルシンカーを重くするとウィードに絡まり易くなる為、少し軽めのネイルシンカーを使用しましょう。

食わせが必要な場面

バスはいるが、なかなか食わせることが難しい場面でもネコリグの出番が多くなります。通常のルアーはポイントを通す際に線でのアプローチが多くなりますが、ネコリグは点で誘うことができる為、一箇所で長くアプローチできバイトに持ち込むことができます。

ネコリグに必要なもの(シンカー・フックなど)

ここではネコリグに必要なアイテムをご紹介していきます。

ネコリグに必要なもの⓵ネイルシンカー

ネコリグはワームの頭部にシンカーを装着し、頭を下げた姿勢を作ることが重要となります。中でもネイルシンカーはワームに装着し易く抜け難い為、ネコリグに必須のシンカーと言えるでしょう。初心者の方は少し重めのネイルシンカーを装着し、ボトムを感じる感覚を掴む事をオススメします。

ネコリグに必要なもの②マス針

ネコリグで使用されるフックとしてよく使用されるのがマス針です。フックポイントがむき出しになって居る為、フッキングが決まり易く、小さいバイトも拾う事ができます。フックがむき出しになって居る為、障害物の多いエリアよりオープンエリアでの使用をオススメします。

ネコリグに必要なもの③スナッグレスフック

通常のマス針と比較して、針先がワームに隠れる為根掛りし辛く、ウィードやカバー、障害物の多いエリアで出番が多くなってきます。針先が隠れている分、フッキングに持ち込むまでにしっかりと食い込ませる必要がある為、早合わせはせずラインを送り込み、バスの重みをしっかりと感じながらフッキングしましょう。

疑問:ネコリグにオフセットフックはダメなの?

ネコリグにオフセットフックを使用する際はセッティングが少々煩雑ではありますが、スナッグレスフック同様に針先がワームに隠れる為、根掛りが少なくなります。フッキングについてはスナッグレスフックはバスの口に垂直に針が刺さりますが、オフセットフックは平行に刺さる為、フッキングが多少し辛くなるので特徴を理解し使用しましょう。

ネコリグの身切れを防ぐ方法と便利グッズ

ここでは、ネコリグの身切れを防ぐ様々な方法やグッズをご紹介致します。

チューブを使う方法

文字通りチューブをワームに装着し、フックを直接ワームに刺さない様にすることでワームの身切れを防ぐ方法です。チューブをワームに装着する際、手で装着することもできますが、チューブプライヤー等の道具があるとやり易くなります。各種メーカーから発売されていますが強度等が違う為、使い方にあったものを選びましょう。

Oリングを使う方法

チューブ同様にフックを直接ワームに刺さずに固定する方法です。フック刺す向きを縦方向にする場合は、チューブよりOリングを使用する場面が多くなると思います。装着方法もOリングをワームに装着するだけで手間もなく、チューブより使い易い為、初めて使用する方はOリングがオススメです。

ネコストッパーを使う方法

専用のストッパーをワームに装着し、フックをセットする方法です。ストッパーのアイをワームから少し出してセットし、ワームの自由度が高くなる為、ワーム本来の動きを最大限に引き出すことができます。クロー系の複雑な形状のワームでも使用し易いのも特徴の一つです。

ネコリグにおすすめのワーム5選

ネコリグで使用する際にオススメの商品を5つピックアップしました。

ゲーリーヤマモト カットテールワーム

言わずと知れたワームのスタンダードです。独特のテールの形状によりバスを誘惑するアクションを生み出し、ズル引き、ボトムシェイク、リフト&フォールとどのアクションでも使い易く、タックルボックスに1つは欲しいアイテムです。

ジャッカル フリックシェイク

フリックシェイクの特徴はテールのみでなく、ボディ全体でくねる様にアクションすることです。主にリフト&フォールやシェイキングで効果を発揮しやすいでしょう。特にスレている魚への攻略にオススメのアイテムです。

OSP ドライブクローラー

ボディをくねらせるアクションでバスにアピールします。リフト&フォールやシェイキングとの相性が良く、またほかのワームと比較し本体の自重がある為、ベイトフィネスでのキャスティングもし易いのが特徴です。

ボトムアップ ブレーバー

テールがシャッドテール型になっている為、フォールでもテールを震わせてバスへアピールすることができます。通常のリフト&フォールよりやや大きくリフトし、バスへ大きくアピールします。フォールで食わせることを意識するとバイトが得られ易くなります。

ZBC スワンプクローラー

他のワームと比較しワーム本体に弾力性がある為、キャスト時に切れてしまうことが少なくストレスなく釣りを続けることができます。

ネコリグのアクションの入れ方

バスの捕食本能を刺激するオススメアクションをご紹介していきます。

ボトムシェイク

文字通りワームがボトムにある状態でロッドのティップを小刻みにシェイキングさせ、ワームをステイさせながらバスの捕食スイッチを入れる方法です。ある程度バスがいるポイントが絞られている場所やスレたバスに効果的です。

ズル引き

ボトムをゆっくりと引いてくる方法です。エビやカニを捕食しているバスに特に効果的で、リトリーブしている最中にもバイトがありますが、たまに止めることでバスにバイトするタイミングを与え釣果を増やすことができます。

リフト&フォール

ロッドを大きく煽るリフトでバスの興味を誘い、フォールでバスのバイトを得る方法です。またフォール後のボトムでも少し長い時間ステイさせることでもバイトを得られることができます。使用するワームの特性によりリフトの幅を変えてみましょう。

ネコリグにおすすめのタックル

ネコリグにオススメのタックルをご紹介します。

ロッド

ネコリグにオススメのロッドは軽量のワームでも投げ易く、バイトを乗せやすい様ティップが柔らかいものがオススメです。使い方の特性上、ベイトタックルよりスピニングタックルの方が軽量ルアーを投げ易い為、スピニングタックルが使われることが多いです。柔らかいロッドを使用する為、フッキング時は通常より強くアワセを入れないとしっかりとフッキングせずバレることが多いので、注意が必要です。

リール

ネコリグでは細いラインを使用する為、魚が走った際にラインに強い負荷が掛からない様、ある程度ドラグ性能のいいリールを使用しましょう。近年ではベイトフィネスでの使用も増えてきましたが、まだまだスピニングを使用することが多いです。ネコリグのみの使用を想定している場合はローギアタイプ、小型シャッド等と併用する場合はハイギアリールをオススメします。

メインライン

ラインは使用する環境によって変わりますが、スピニング:6~10lb、ベイトフィネス:8~12lbがオススメです。使用するフィールドの障害物がゴロタ石等の固い障害物が多いエリアやオープンエリアはナイロンラインを、ウィードや倒木等比較的柔らかい障害物が多いエリアではフロロラインの使用をオススメします。ボトムを取ることが多い為、ラインの傷が多くなります。こまめにラインチェックを行うことで、魚とのやり取りでのラインブレイクを防ぎましょう。

ネコリグは海釣りにも応用可能?

ネコリグはボトムを取り魚を釣っていき且つ根掛りも比較的少ない為、近年海での根魚の釣りにも使われることが多くなっています。岸から手軽にカサゴやハタ等の美味しい魚が狙える為、非常にオススメです。根魚はバスよりも引き、バイトしてから根に潜ろうとする為タックル全体を強くして強引なタックルで挑戦しましょう。

釣りの幅を広げる必釣アイテム!

ネコリグは名前の由来通り釣果を伸ばすことができ、また釣りに慣れてきた方のステップアップとして釣法の幅を増やすことができオススメの釣法です。おかっぱりでもボートでもどんなシーンでも使い易く、タックルボックスに必ず入れておきたいアイテムです。

ネコリグでバス釣り