サバをルアーで狙う!適したタックルや釣り方は?

アイキャッチ画像出典:写真AC

サバってルアーで釣れるの?

海のルアーゲームの意外なターゲット「サバ」。少し前までは狙う人がほとんどいませんでしたが、最近では「サバング」や「サバゲー」と呼ばれ人気が出始めています。サバは意外と獰猛な食性を持っているためルアーへの反応も良く、小型でもそこそこ引き味が良いので初心者でも手軽に楽しむことができます。

サバをルアーで狙いやすい時期・時間帯は?

基本的にサバは、年間を通して狙うことができる魚ではありますが、最も狙いやすい時期で言うと夏から晩秋にかけてがベストな時期と言えるでしょう。夏の時期には小型が多くなりますが、秋が深くなっていくにつれてサイズが上がる傾向にあり、サバの身にも脂がのってくるので、食べても美味しい時期となります。

サバのルアーフィッシングに適したタックル:陸っぱり編

陸っぱりからサバをルアーで狙うときの、適切なタックルについて整理してみましょう。

ロッド

サバを陸っぱりから狙うのに最も適しているのは、ある程度水深があるポイントを容易に狙うことのできる防波堤からの釣りです。防波堤から釣りをするのに適しているロッドの長さは7~8フィート前後で、10g程度のルアーを投げやすいものが良いでしょう。それほど遠投性能はなくても良いので軽量ルアーを扱いやすいものを選ぶのがコツです。

リール

リールはライトゲームで使用される小さめの番手のものが適しています。2000番や2500番クラスが最も扱いやすいでしょう。もっと小さいものでも、もちろんゲームは成立しますが、サバも25㎝以上の個体になるとかなり引きが強くなることや、周りにいる他の大型のフィッシュイーターが食ってくることもあるので、やはりある程度のパワーは欲しいところです。

ライン

ラインとしてはナイロンやフロロも使用できますが、長い目で見ればPEラインの使用が最もおすすめです。ナイロンやフロロであれば2号前後、PEなら0.6号前後が妥当です。それ以上細くても釣り上げることは可能ですが、やはり他の魚がヒットする可能性を考えると最低でもこのくらいのラインを使用するのが良いでしょう。

ルアー

ルアーで最もおすすめするのは、5g~10g前後のメタルジグです。フォールスピードも速く手返しが良いので足の速いサバを相手にするのに向いたルアーと言えます。サバの食いが悪くてもっとスローに攻めたいときには、2g~3g程度のジグヘッドにロングワームをつけたものが使いやすいでしょう。

サバのルアーフィッシングに適したタックル:オフショア編

オフショアでもサバを狙うことができます。オフショアからのサバゲーに適したタックルを見てみましょう。

ロッド

オフショアの場合のロッドに関しては、あまり長いものは必要ありません。基本的に6~7フィートのものが適しています。ルアー重量は40g~80g前後を扱えるものを用意するのが妥当と言えます。サバ専用のロッドというものはないので、ライトジギング用を使用するのが良いでしょう。

リール

オフショアでのサバ狙いに使用するリールとして適切なのは3000番前後のクラスです。糸巻量としては1.5号~2号を150~200m程度搭載できるものが妥当です。ある程度の水深のある場所で少し重めのルアーを使用することが多くなるため、陸っぱりで使用するものよりも一回り大きくパワーのあるリールが使いやすいでしょう。

ライン

ラインはPEラインを使用しましょう。号数は1.2号~2号あたりが最も扱いやすい太さです。それよりも太くなってしまうと、食いが悪くなってしまったり潮の流れの影響を受けやすくなり、軽量ルアーが使いにくくなることがあります。逆に細すぎるとライントラブルの多発や、高切れを起こしやすくなるためちょうど良い太さのものを使いましょう。

ルアー

オフショアでサバを狙うときの主体となるルアーは、やはりメタルジグです。特に40g前後のものが最も扱いやすいでしょう。状況によってはそれよりも軽いものを使用することもできますが、オフショアでは水深のある場所が多く、潮の流れも速い状況が多々あるためあまり軽すぎると、釣り自体が成立しにくくなります。ポイントの状況を見つつジグの重さを調整していきましょう。

ダイワ TGベイト 30g

ダイワ TGベイト 30g

1,300円(09/30 16:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

陸っぱりのサバングのコツ

ここからは、陸っぱりからサバを狙う「サバング」のコツを解説していきます。

ポイント選び

ポイントの選び方としては、水深のある場所でベイトフィッシュが接岸しているようなところを探すことが大切です。磯や防波堤が釣りが成立しやすい場所となりますが、釣りのしやすさや魚影の濃さを考えると防波堤が最も適したポイントとなります。

ルアーアクション

次にルアーの動かし方ですが、サバが水面でベイトを追いかけている場合は、ジグを投げて水面直下を泳がせていくことで活性の高いサバが反応してきます。中層を探る場合には軽く着底を取ってから軽いワンピッチジャークなどでジグをこまめに飛ばしながら様子を見てみましょう。

 

サバがいるのにジグに反応がないなら、ワームを利用してスローなただ巻きとテンションフォールの組み合わせで誘っていくと反応してきます。サバの群れは移動が速いので予測を立てながら辛抱強く誘っていきましょう。

船からのサバングのコツ

次は船を使ったオフショアでのサバングのコツについてです。陸っぱりからの釣りとはタックルも釣り方も少し変わってきます。

サバの狙い方

船からの釣りは基本的に縦の釣りとなります。ジグを任意の層まで落としてそこから軽くジャークをしながら探って巻き上げていくのが基本動作です。ジグのフォール中にあたりがあることもあるので、ジグを落とすときには軽くラインを指でつまんで変化を感じ取りながらフォールさせるのがコツです。

掛かった時のファイト

ジャークをしている時に掛かった場合は自動的に合わせが入っていることが多いですが、フォール中に食った場合にはしっかりとラインを巻き取ってから合わせをいれるようにしましょう。サバはランディング寸前で暴れることが多いので、合わせがうまく入っていないとバレてしまう確率が高くなります。

食べて美味しく釣って楽しいサバングに挑戦しよう

サバを専門に狙っているアングラーはあまりおらず、他の魚を狙っていて外道的に釣れたというケースが多くあります。しかし、ある程度型の良いサバは脂がのっていて非常に美味しく食すことができます。釣りのターゲットとしてもゲーム性が高く、掛けてからのファイトも楽しめるターゲットなので、今にわかに流行りだしているサバングにも是非挑戦してみましょう。

サバをルアーで狙おう!