20タトゥーラ SV TWが登場!シリーズ最軽量の機能やインプレとは?

アイキャッチ画像出典:DAIWA

タトゥーラ SV TWが2019年12月にモデルチェンジ!

2020年モデルのタトゥーラ SV TWが登場!

出典:DAIWA

DAIWAのグローバル展開機であるタトゥーラSV TWが2019年12月に3年ぶりのフルモデルチェンジで登場。ミドルレンジの価格帯でありながらシリーズの特徴である軽快感を更に向上させる為、ボディのコンパクト化に着手しました。使い易くなったことで、より攻めの釣りを展開できる”ニューウェポン”の詳細を見ていきましょう。

17タトゥーラ SV TWからどう変わった?

パーミング性を向上させたニューコンパクトボディで手に吸い付く使い易さを実現。

デザイン・重量

17タトゥーラSV TWの自重:200gと比較し、10gも軽い190gとなってます。たった10gの変化ですが、キャスト時、ルアーの操作時はハッキリと違いが判るはずです。また光沢のあるガンメタリックのボディカラーや蜘蛛のロゴデザインにより、シャープかつスタイリッシュなデザインとなっています。

スプール径

17タトゥーラSV TWのスプール内径:33mmに対し、1mm小さい32mmとなっています。どちらのスプールも汎用的サイズの34mm径と比較し小さい内径ですが、20タトゥーラSV TW はより小型ルアーが扱い易くなったと言えるでしょう。ベイトフィネスはもちろん5g程度の小型シャッド等もストレスなくキャストすることができます。

メカニカルブレーキ

ベストなメカニカルセッティングであるゼロポジションに最初からセッティングされているゼロアジャスターの搭載により、アングラー側の再調整が不要となっています。ゼロアジャスターによる最大のメリットはフィールドでのゼロポジションのセッティングが不要となったことで、ストレスフリーで釣りをすることができる点です。

その他

回転の滑らかさに重要なボールベアリング数は6個から7個に増え、またハンドル長も80mmから5mm長い85mmにしたことにより魚とのファイトの際、更に力を込め巻き取り易くなっています。一巻きあたりの巻き取り量については、ギア比:6.3:1のモデルで比較し、65㎝から63㎝と少なくなっていますが、実釣では気にならないレベルと言えるでしょう。

タトゥーラ SV TWのラインナップ

シーンによって選べる全6アイテムのラインナップ。ギア比の違いや各モデルの特徴を紹介していきます。

タトゥーラ SV TW 103H / 103HL

ギア比:6.3:1と設定され、一巻きあたりの巻取長:63cmとなっている為、位置づけとしてはローギアタイプに位置されます。ワーミングやフィネスでのスローな釣りに向いています。一巻きあたりの巻取長が少ない分、巻き上げ力に優れる為、障害物の多いエリアで魚に主導権を与えることなくリールのパワーだけでファイトすることができます。一目でわかる様、ハンドルスクリューはゴールドになっています。

タトゥーラ SV TW 103SH / 103SHL

シリーズの中で中間的なギア比:7.1:1、一巻あたりの巻き取り量:71cmの為、ワーミング等のスローな釣りはもちろん、バイブレーションやクランク、スピナーベイト等の巻物系ルアーも使い易くなっています。ハンドルスクリューはレッドで、こちらも一目で識別できる様になっています。

タトゥーラ SV TW 103XH / XHL

ギア比:8.1:1、一巻きあたりの巻取長:81cmとシリーズ中、最もハイギアタイプのモデルです。バイブレーションやクランク、スピナーベイト等の巻物系ルアーと非常に相性が良く、ゆっくり巻いてもルアーがしっかりと泳ぐ為、魚のバイトや障害物等の水中の情報もわかり易くなります。こちらはブルーのハンドルスクリューで他モデルと識別されています。

タトゥーラ SV TWとタトゥーラ TWとの使い分けは?

2019年に登場したタトゥーラ TW。タトゥーラ SV TWとどう使い分ければ良いのでしょうか。

軽量系ルアーの使用はタトゥーラSV TW に軍配

仕様上、ベイトフィネスの領域まで考えて設計された為、軽量系ルアーを使うセンシティブな釣りではタトゥーラSV TWの方がよりストレスなく使用できるでしょう。

太糸でのビックワンとのファイトが安定するタトゥーラTW

ビッグベイトのキャストやビッグバスとのやり取りはタトゥーラTWの方がより剛性感があり、安心してファイトできるでしょう。また障害物の多いエリアでのゴリ巻きによるファイトは、より剛性感のあるタトゥーラTWに軍配が上がります。

 状況により使い分けを

繊細なタトゥーラSV TW 、剛性感のタトゥーラTW という使い分けがわかり易いですが、身近なフィールドではタトゥーラSV TWの方がよりバーサタイルでの使用でき、使い易いと言えるでしょう。ビッグベイトや太糸でのロングキャストを視野に入れる場合は、タトゥーラTWを検討することをオススメします。 

タトゥーラ SV TWのインプレ・評価

32mm径というスプール径はオカッパリで使用される5g程度のシャッドやスモラバを快適に投げることができます。またバックラッシュも少なく何本も持って歩けないオカッパリのシーンで1本で幅広い釣りをカバーできるのでバーサタイル性が高いのが特徴です。また190gという自重は、一日中キャストを繰り返しても疲労感が少なく、いざという時合いに集中力を保ったまま臨むことができます。

タトゥーラ SV TWのカスタムについて

カスタムをすることで、性能はもちろん見た目も自分好みにすることができ、楽しみをより一層深めることができます。ハンドルを純正品である85mmからSLP WORKS製90mm等に変更することにより、ハイギアモデル特有の巻き重りを軽減することができます。またハンドルノブやスプールも自分好みにカスタマイズすることができます。

オカッパリでのバーサタイル性が非常に高いオススメの1台

これまでご紹介してきた通り、軽量系ルアーの扱いからある程度重いルアーまで快適に扱うことができ、また自重が非常に軽い為、ルアーの操作もし易く疲労感も少なくなります。近年、ロッドがより軽量化していく中で、この1台と組み合わせることで驚きの軽さを実感できるでしょう。

タトゥーラ SV TWの特徴やラインナップは?