メバリングに最適な時期はいつ?メバルの生態を理解して的確に攻めよう!

アイキャッチ画像出典:写真AC

メバルの生態について

釣りのターゲットとして非常に人気のあるメバル、北海道から九州にかけて基本的に日本のどこでもお目にかかることができます。

メバルの季節毎の行動

メバルの活性が最も高くなるシーズンは、冬の12月から春の4月までと言われています。これには産卵期や水温が大きく関係しています。水温についていえばメバルは低水温には強い魚ですが、初夏から秋にかけて22度以上の高水温になる状況では活性が落ち、深場へと移動していく習性を持っています。

メバルの産卵期

メバルの産卵期は場所によって多少の変動がありますが、11月から1月にかけて行われます。産卵後には一時的に活性が落ち、釣りにくくなる時期がありますが、しばらくするとまたアグレッシブにベイトフィッシュを追いかけるようになります。

メバリングの時期(シーズン)別攻略法

釣り味も良く人気のメバルですが、時期別の攻略法を知ることでメバリングをさらに楽しむことができます。

春はメバリングのベストシーズン

春はメバリングに最適

出典:Pixabay

最もメバルが釣りやすい時期はズバリ春のシーズンです。冬に産卵を終えて体力を回復した個体はルアーへの反応も非常によくなり、状況がぴったり合えば大型の数釣りも期待することができます。ワームを使用しても釣れますが、さらに手返しよくメバリングを楽しむならハードプラグを使用するのもおすすめです。特に磯場で朝や夕方のマズメ時に、5センチ前後のシンキングペンシルやミノープラグをフルキャストして探っていくと大型に出会うチャンスが増えます。

オフシーズンの夏はポイント選びが重要

夏はメバリングのオフシーズン?

出典:Pixabay

夏はメバルが最も釣りにくくなる時期ではありますが、ポイント選びを正しく行えば釣ることは可能です。水温が高くなると活性が落ちてしまうという習性があるので、ねらい目としては水深があって潮通しが良い場所の海藻や岩場の影、また雨が降った後の海水温が一時的に少し下がった時などが良いでしょう。使用するルアーはワームが主で、メバルが付いていそうな場所をじっくりと探っていく必要があります。

小型中心の秋はライトなタックルやルアーが吉

秋からメバリングのシーズン開始

出典:Pixabay

秋のシーズンは徐々にメバルの活性が上がってくる時期となります。ポイントとしては港湾部の常夜灯回りがもっとも釣りやすく、サイズは小さくとも数が釣れるようになります。タックルもライトなタックルで、軽めのリグでワームやルアーを使用して釣ることができます。特に11月になってくると型も数も上がってきて、メバリング初心者の方が楽しむのに適したシーズンとなります。

冬には産卵による大型接岸のチャンス

冬のメバリングは大型のチャンス

出典:Pixabay

冬は産卵がらみの大型メバルが接岸するシーズンとなりますので、ついにメバリングハイシーズン突入です。産卵前と産卵後の個体が入り混じるような状況も出てきますので、状況に応じて狙い方を変えていきましょう。プラグに好反応な時もありますが、最も釣りやすいのはワームで、流れのある場所のストラクチャー周りでは数釣りも楽しむことができます。産卵後のメバルに関しては、アミパターンを意識した小さめのワームに好反応が出ることがあります。

冬のメバリングでは抱卵個体はリリースしよう!

冬は大型のチャンスが増える時期となりますが、産卵を直前に控えていてお腹が卵でパンパンになっている個体が釣れることも多くなりますので、できる限りリリースを心がける必要もあります。メバルの成長はそれほど早くなく、30センチ前後のランカーサイズになるまでにはおよそ10年もかかってしまいます。限りある資源ですので抱卵個体の取り扱いには十分注意することを心がけましょう。

季節に合わせた狙い方でメバリングを楽しもう

シーズン別のメバルの狙い方について解説しましたが、狙い方次第では1年中メバリングを楽しむことは可能です。メバルの生態をしっかりと理解して、それに合わせて釣り方を調整していくことが大切なポイントです。釣って楽しく食べて美味しい、そして見た目もかわいいメバルを釣りに出かけましょう。

メバリングに最適な時期は?