タトゥーラ HLCの特徴・インプレ!ジリオンTW HLCとの違いは?

アイキャッチ画像出典:DAIWA

タトゥーラ HLCの特徴

タトゥーラ HLCの搭載技術

出典:DAIWA

タトゥーラHLCの特徴についてみていきましょう。

HLCとは

タトゥーラHLCは最大のコンセプトである遠投性能を意識し、HYPER LONG CAST(ハイパーロングキャスト)の頭文字から命名されています。遠投性能を上げることによりオカッパりからの釣りはもちろん、ボートでの釣りの際も離れたところからアプローチできる為、プレッシャーを極力与えることなく釣りをすることができます。

TWSで飛距離向上

これまでのリールは従来のレベルワンダーではキャスト時にラインとの接触により飛距離の妨げになっていましたが、TWSによりクラッチオフでT字のレベルワインダーが作動し、このワインダーによりキャスト時のライン抵抗が大幅に軽減され飛距離が大幅にアップします。近年、神経質化している魚へのアプローチは、飛距離が釣果への重要なファクターになると言っても過言ではなく、その点もタトゥーラHLCの大きな特徴と言えます。

軽くて強いG1ジュラルミン製スプール搭載

ジュラルミンは元々ジェット機にも採用されている材質の為、軽量且つ高強度なのが特徴です。この素材を釣り向けにアレンジしたG1ジュラルミン製のスプールをタトゥーラHLCは搭載しており、回転性能が向上し飛距離アップやキャスト後の立ち上げが大幅に改善されています。

バスだけでなくソルトでも活躍

タトゥーラHLCはブラックバス向けに発売されているリールではありますが海水対応である為、ソルトウォーターゲームにも使用することができます。主にボートシーバスゲームやロックフィッシュゲーム、ライトジギング等でも活躍できるでしょう。リールの強度も高い為、海の魚の引きにも怯むことなくファイトできるでしょう。

タトゥーラ HLCのラインナップ

スタンダード品はギア比2タイプがラインナップされています。また、村上晴彦氏監修の特別モデルも販売されています。

タトゥーラ HLC 7.3R-TW / 7.3L-TW

ギア比:7.3:1に設定され、一巻きあたりの最大巻き取り量が77cmとなっています。撃ち物はもちろん、巻物系ルアーも万能に扱えるバーサタイルモデルです。ハイギアタイプのモデルより巻き取りパワーがある為、障害物の多いエリアで強引なやり取りが必要な際、こちらの番手の方がファイトしやすいでしょう。番手的にビギナーの方の最初の1台としてもオススメです。

タトゥーラ HLC 8.1R-TW / 8.1L-TW

ギア比:8.1:1、一巻き当たりの最大巻き取り量86㎝と、ハイギアタイプのモデルになります。主に巻物系ルアーを多用するアングラーに向いており、ゆっくり巻いてもルアーがしっかりと泳ぐ為、ルアーの動きや水中の情報を感じ易くなります。

タトゥーラ HLC TW 6.3-IS

タトゥーラ HLCをベースにした村上晴彦監修の限定生産のモデルです。カラーはマットブラックになっており通常ラインナップに無い6.3:1のローギヤタイプの設定。ハンドルはアルミからカーボン、ノブはIシェイプノブからパワーライトノブSへ変更されているのが特徴です。ベアリングはハンドルノブに追加して総数が9個と増量されています。

タトゥーラ HLCのインプレ

タトゥーラHLCは名前の由来通り、スプールの軽量化による遠投性能をはっきりと感じることができるというインプレが多くみられます。1/2オンスのバイブレーションを遠投した際、通常のベイトリールと比較し、約5m程遠くに飛ばすことができるなどの結果もあるようです。近年の傾向でスレた魚が多いフィールドで、遠投性能は釣果を出すのに必要不可欠になってきていますので、オカッパり・ボートゲーム共にバイトや魚からの反応を得安くなるのもタトゥーラHLCのインプレの特徴です。

タトゥーラ HLCとジリオン TW HLCの比較

基本的にジリオン TW HLCはタトゥーラ HLCの上位機種になる為、搭載技術も大きく変わってきます。まずベアリングですが、ダイワ独自のマグシールドボールベアリング搭載により、特にソルトでの使用の際、ベアリングの耐久性等が向上している為、より安心して使用できるでしょう。またキャスト時のノイズやスプールの振れが極めて小さくなるリアルプレシジョン(高精度)スプール等の搭載もある為、より高性能なベイトリールを体感できるでしょう。

タトゥーラ HLCのスプール互換性

今回のタトゥーラ HLC用のG1ジュラルミンスプールは単体購入ができます。タトゥーラHLCにはもちろん、タトゥーラ100・103にも使用できます。タトゥーラHDには使用できませんが、ノーマルタトゥーラもG1ジュラルミンスプール搭載により遠投仕様にすることができます。しかしながらジリオンとタトゥーラのスプール互換性はありません。

タトゥーラHLCはミドルクラスの優れたリール

G1ジュラルミンスプールの搭載による遠投性能は、近年のフィッシングシーンにおいてはもはや必要不可欠とも言えますが、その中でもタトゥーラ HLCはお手頃価格でありながら、ハイエンドクラスに迫る遠投性能がある為、ビギナーの方のステップアップの1台としても非常にオススメです。2ラインナップとも少々ハイギアタイプのモデルとなりますが、慣れれば使いやすく感じるはずです。自身のレベルアップを感じられる様、使い込むことをオススメします。

タトゥーラ HLCの特徴とは?