スティーズA TWのインプレやラインナップ!SV TWとはどう違う?

アイキャッチ画像出典: ダイワ

スティーズA TWの特徴

スティーズA TWは耐久性と堅牢性が売りのリールで、滑らかな回転性能が衰える事無く長続くのが特徴です。特徴について詳しくみていきましょう。

タフさとキャスタビリティを実現

兄弟機種であるスティーズ SV TWと比較し、コンパクトでありながら超高精度スーパーメタルハウジング採用することで、抜群のタフネス性を発揮します。またラインキャパも16lb:100mを確保し、太糸でのタフな釣りを行うことができ、バスを始めあらゆるゲームフィッシュから海外の怪魚まで対等に渡り合えるリールです。

「A」の意味とは?

アメリカのタフなトーナメントトレイルで使い込んでも滑らかで軽い回転性能が持続できる様、耐久性、堅牢性を重視する為、アルミボディを採用しています。繰り返しテストを実施した「アメリカ」と高耐久、堅牢性を確かな物にする為に採用された「アルミニウム」が「A」の文字として表しています。

マグフォースZを搭載

マグフォースのマグネット構造をそのまま継承し、スプールの回転数に応じてインダクトローターが滑らかに作動することで、キャスト前半のブレーキを強くし後半を弱くすることが可能となり、伸びのあるキャストフィールが得られる様になっています。ブレーキ力の調整のしやすさ、外部環境に対する強さなどが特長の実績のブレーキ機構により誰にでも扱い易いリールです。

マグシールドやATDも勿論搭載

磁性を持つオイルを使用し海水や埃の侵入を防ぎ、初期性能を長持ちさせるマグシールドの搭載や、魚の引きに滑らかに追従しながら効き続けるATDも搭載されています。またTシェイプレベルワインドがクラッチON・OFFに応じて半回転する「ターンアラウンドスタイル」のTWSを採用することで飛距離アップ&トラブルフリーを実現しています。

スティーズA TWのラインナップ

スタイルによって選択可能なラインナップが豊富なのも、スティーズA TWの魅力です。

スティーズA TW 1016-CC

シリーズ中、最もギア比が低いモデルです。ローギアモデルの最大の特徴は一巻き当たりの巻き量が少ない分巻きのパワーが圧倒的に強いことにあります。ベビーなカバーや障害物の厳しいエリアで魚が掛かってから強引に引きずり出す様なエリアで効果を発揮します。

スティーズA TW 1016H

このモデルはシリーズ中、一巻き当たりの巻き量:67㎝であり、ハイギア表記とありますが、どちらかと言うとローギアに近い感覚で使用することができます。ローギアでの釣りが好みの方で、1016-CCほど極端なローギアはではなく、バーサタイルでの使用を望む方に最適です。

スティーズA TW 1016SH

一巻き当たりの巻き量:75㎝であり、シリーズ中、最もバーサタイル性の高いモデルです。打ちものはもちろんバイブレーションやクランク、スピナーベイトの巻き物にも最適なモデルです。どのモデルを選択するか迷っている方や様々なフィールドでの使用を想定されるアングラーにオススメです。

スティーズA TW 1016XH

シリーズ中、1巻き当たりの巻き量:86㎝と最も巻き量が多いエクストラハイギアモデルです。主にバイブレーションやクランク、スピナーベイト等の巻き物との相性が良いです。1巻き当たりの巻き量が多い為、ゆっくり巻いてもルアーがしっかりと泳ぎ、水中の僅かな情報をキャッチすることができます。

スティーズ他モデルとの違いは?

スティーズシリーズの各モデルの特徴を比較していきましょう。

vs スティーズCT SV TW

こちらのモデルはナイロン、フロロライン:6~14ポンドでの使用を想定しており、一般的なベイトリールとベイトフィネスリールの中間帯に位置するリールと言えます。ベイトリールを主に使用しているけど、そこまで太糸を使用せず、かつベイトフィネスも併せて使用するアングラーにオススメです。

vs スティーズSV TW

第3世代のTWS(T-ウィングシステム)を搭載し、またマグネシウム合金をメインハウジングに採用したことで、160gと自重を抑えることに成功しています。。スティーズA TWと比較し、糸巻き量は少ないですが、非常に軽くまたバスフィッシングにおいては、殆どのフィールドをカバーできる為、キャストの多いおかっぱりアングラーにオススメです。

vs スティーズAIR TW

このモデルは他モデルと比較し、糸巻き量が非常に少ない為、ベイトフィネス向けのモデルと言えるでしょう。ハイプレッシャーの中、限られたエリアで繊細な釣りを展開する状況が多いアングラーに愛用されており、また自重:135gとシリーズ最軽量となる為、一日中投げ続けても疲労を低減することができます。

スティーズA TWのインプレは?

本モデルはラインキャパシティ16ポンド・100m巻くことが出来、また高耐久、堅牢性が突き詰めら為、近年バスフィッシングにおいて使用頻度の高くなった100gを超えるビックベイトのキャストにおいてもストレスや不安感なくスムーズに投げることができ、またボディの堅牢性からくる巻き心地は滑らかそのものです。ブレーキ設定等において若干使いずらいと感じることもありますが、頻繁に設定するものではない為、気になるほどではありません。

スティーズA TWを自分好みにカスタム!

基本的にスティーズA TWはスティーズSV TWのスプールを装着することができます。しかし注意して頂きたいのが、スティーズA TWに搭載されているマグフォースZとスティーズSV TWに搭載されているSVスプールは別物であるということです。どちらのスプールが良い悪いとの話ではなく、ブレーキ特性が異なる為、違いを理解し使用しましょう。ちなみにスティーズSV TWにスティーズA TWのスプールは付きません。その他にもアングラーの好みに合わせてカーボンハンドルやパワーハンドルノブにカスタムすることができます。

スティーズA TWは夢の魚も狙える1台

本モデルはラインキャパシティ16ポンド:100m巻くことが出来、また高耐久、堅牢性が突き詰めらた為、バスのみではなく、PEラインを使用して海外での憧れの魚とのやり取りをすることができます。近年、タックルの進化によりこの様な魚を求めて海外遠征を行えるアングラーも増えてきています。また海水対応により、身近なターゲットであるボートシーバスゲーム等にも使用することが出来、非常にオススメの1台です。

スティーズA TWの特徴は?