アジングジグヘッドの選び方とは?状況に合わせたセレクトで釣果アップ!

アイキャッチ画像出典:34

アジング用ジグヘッドの重さの選び方

アジングジグヘッドの重さ選び

出典:34

ジグヘッドとワームを使ってアジを繊細に釣り上げていくアジングゲームにおいて、ジグヘッドの重さの選び方は非常に重要なポイントとなります。

基本は1~1.5g

アジングゲームで使用するジグヘッドの重さとしては、基本的に1~1.5gを軸に考えていきます。状況に応じて時には0.6g程度の軽量ジグヘッドを使ったり、3g程の重さのジグヘッドを使ったりすることもありますが、たいていの場合はこの基本軸となる1~1.5gの重量のジグヘッドを揃えておけばゲームを楽しむことができます。

1g以下が適する場合

1g以下の軽めのジグヘッドが必要になる状況とはどんなものでしょうか。基本的な考え方としては、ジグヘッドの重量は軽ければ軽いほうがアジの食いも良くなります。つまり、風が少なくジグヘッドをしっかりアジのいる層まで落としてそのレンジをキープできる状況であれば軽いジグヘッドのほうが有利となるわけです。水深の浅いポイントにおいてもジグヘッドリグの遊泳層をさほど気にしなくてよくなりますので軽いほうが有利となります。

1.5g以上が適する場合

1.5g以上の重めのジグヘッドが有利となる状況も存在します。水深の深いポイントで味が沈んでいる場合や横風が強い場合には重めのジグヘッドリグが必要となります。また、デイゲームでは水深のある場所で沈めて早めのトゥイッチで見せた後に止めて食わせるテクニックが有効となる場合がありますのでこの場合も2gや3g程度のものを使用することがあります。

その他アジング用ジグヘッド選びのポイント

ジグヘッドはどれも同じではなく、ヘッドの形状・素材の違いやフックの形状の違いなど多種多様です。では、それぞれの特徴を見てみましょう。

ヘッドの形状

ラウンド型ヘッド

ラウンド型ヘッドはアジングに使用するジグヘッドの基本形と考えることができます。水の抵抗をバランスよく受け流すことのできる形状なので安定した姿勢で泳いでくれ、一定の層を誘っていくのに適しています。ターゲットに違和感を与えにくくゆっくり追わせて食わせるのに最適な形状ということができます。

ダート型ヘッド

ダート型ヘッドについてですがこれはその名の通り、ダートさせてアピールを加えて食わせるときに有効な形状となります。細かくトゥイッチを入れつつ時折ストップして止めておくとアジが口を使うというケースがあります。ダート型ヘッドを使うのは、ラウンド型で食いが悪い時や目先を変えたアクションをしたい時に使うのが良いでしょう。

フックの形状

ゲイブのタイプ

ストレートゲイブとオープンゲイブの2タイプがフックの形状にはありますが、活性が高い場合やアジのサイズが大きい場合にはストレートゲイブを、それ以外には基本的にオープンゲイブの使用をおすすめします。アジのバイトは多くの場合吸い込みが多く、その吸い込む力もさほど強くなく違和感を感じたらすぐに吐き出してしまいます。この時にオープンゲイブであれば口に針先がかかりやすくなりヒット率が上がるのです。

カエシの有無

針の種類としてはカエシのあるタイプが多いですが、中にはカエシのないバーブレスタイプのものもあります。カエシがあるものは一度掛かれば外れにくくなりますが、最初にある程度アワセを入れてやらなければ針の奥までかからずにバレてしまうということも多々あります。バーブレスの場合はカエシがない分ファイト時にテンションを抜くと外れやすくなりますが、最初の針の刺さり方はほとんど抵抗なくスッと奥まで刺さってくれるというメリットがあります。

ヘッドの素材

たいていのジグヘッドは、素材として鉛が使用されています。鉛は価格的にも安いので現在最も広く使われているオモリとなっています。鉄などよりも比重があり沈みも早く、柔らかさも兼ね備えていて扱いやすい素材なので昔から多くのメーカーがジグヘッドのヘッド部の素材として採用しています。

タングステン

最近特に注目されている素材の中にタングステンというものがあります。鉛よりも値が張る素材ではありますが比重があるため沈みが早く、鉛と上手に使い分けることで釣果を伸ばすことができます。風が強くてなかなかリグをアジの遊泳層に落とし込みにくい時などもタングステンヘッドを使うことでいち早くターゲットの層まで到達し誘っていくことが可能になります。

その他

その他にもアジング用ジグヘッドで使われている素材があります。例えば亜鉛素材や鉛に樹脂コーティングしたものなどです。どちらも比重を小さくしヘッド形状をあえて大きくすることによって沈みを遅くしてアピール力を高める効果を出しています。さらに、ヘッドが大きくなることによって軽量ジグヘッドでも水の抵抗が増え、操作感を感じやすくなるというメリットもあります。

アジングジグヘッドのおすすめ5選

ここからは、実際に販売されているアジング用のジグヘッドを見ていきましょう。多くのメーカーからリリースされていますがその中でもおすすめのものを紹介しています。

ティクト アジスタ!

ティクトのアジスタはフック形状がオープンゲイブで細軸なので針掛かりは抜群です。ヘッドの形状についてはラウンド型ですが、単なる丸ではなくアイの近くの一部分がフラットにカットされておりそこで水の抵抗を受けるように作られています。トゥイッチをした時には移動距離を抑えつつアピールすることができ、スイミング時にも抵抗が加わるため一定のレンジをキープしやすいのが特徴です。

34 ゼログラヘッド

ゼロぐらヘッドのヘッド部は鉛に樹脂コーティングが施された作りになっています。これにより食わせ重視の軽量ジグヘッドを使っても操作感もしっかりと感じることができ、アジングゲームに集中しやすくなりますし、効果的に攻めていくことができます。

34 ゼログラヘッド

34 ゼログラヘッド

605円(09/28 19:36時点)
Amazonの情報を掲載しています

34 ダイヤモンドヘッド

ヘッド部がいわばダイヤモンドのように多面カットしてあるのが大きな特徴です。キラリと光るものに興味を示しやすいアジの習性を活かして作られたジグヘッドで集魚性も高く、針先もオープンゲイブなためわずかなバイトでもヒットに持ち込むことができます。

オーナー アジ弾丸

こちらはストレートゲイブのフック形状で、掛けたアジをしっかりとホールドします。さらにフックにワームのズレ防止が付いているためアジのついばみによるワームのズレにも対応していて追い食いでヒットに持ち込む確率も上がっています。

オーナー アジ弾丸

オーナー アジ弾丸

288円(09/28 19:36時点)
Amazonの情報を掲載しています

ジャッカル アジマメマイクロジグヘッド

マメアジのわずかなバイトもしっかりととらえる軽量級ジグヘッドで、ヘッドの素材には亜鉛が使用されています。比重の小さい亜鉛素材により軽量ながらもヘッドを大きくすることができ、しっかりと操作感を感じながらゲームを楽しむことができます。

アシストフックをプラスしてフッキング率アップ

後ろから追尾してきて小さく吸い込んでのバイトが多く、ワームがずれて帰ってくるけどヒットしないということの多いアジングゲームですが、そんな状況を打破してくれるのがアジング用のアシストフックです。これをジグヘッドに装着するだけで活性の低いアジのヒット率が大きく上がります。ぜひ一度試してみることをおすすめします。

アジングのジグヘッドにスナップは必要?

アジングゲームでスナップを使うかどうかというのはアングラーの好みの部分とも言えますが、使用するメリットとしては何といってもジグヘッドの重量や種類をこまめに変えて探っていくことが簡単だという点です。デメリットとしてはスナップが付いている分重量も加わるため、超軽量リグを使用する場合にスナップ不使用時に比べ重量が増して、アジの吸い込みバイトを妨げたりフォール時のバランスが若干崩れやすくなることなどが挙げられます。

ジグヘッドの収納に便利なアイテム

ジグヘッドの種類や重量などを上手に使い分けることが必要なアジングゲームに欠かせないのがジグヘッド収納ケースです。おすすめのケースやアイテムをここで紹介します。

メイホウ スリットフォームケースF-9

コンパクトサイズのジグヘッド収納ケースです。大きめサイズのポケットであれば簡単に携帯して持ち運ぶこともできるのが特徴です。コンパクトですが以外にたくさんのジグヘッドを収納できるのでとても重宝します。

34 RUNRUNケース

こちらもコンパクトサイズが売りのジグヘッドケース「RUNRUNケース」です。ジグヘッドの収納部分には2層構造のマットがありジグヘッドを刺しやすいように工夫がなされています。その横にはワーム等を収納できるスペースもあるためこれ一つで移動しながらランガンしてゲームを楽しむことができます。

第一精工 ウエイトフラグス

よくある悩みが、現場で使用する際に収納しているジグヘッドが何グラムだったかが分からなくなることです。これを解消するのに便利なのが第一精工の「ウエイトフラグス」です。収納ケースの切込み部に簡単に刺して使えるので、一目でジグヘッドの重さを確認することができ、戦略を組み立てやすくなります。

自分に合ったジグヘッドを見つけてアジングを楽しもう

アジングゲームにおいて重要なプロセスとなるジグヘッド選びですが、多くのメーカーからリリースされている製品のそれぞれの特徴をしっかり理解したうえで、自分のスタイルに合わせた選び方をすることによってより一層釣果を伸ばしていくことができます。お気に入りのジグヘッドを見つけて繊細で奥の深いアジングゲームを楽しみましょう。

アジング に適したジグヘッドとは