ストラディックSWでタフなソルトゲームを制覇!類似機種と性能を比較!

アイキャッチ画像撮影:FISH PARADISE!編集部

ストラディックSWの特徴

ストラディックSWで大物狙い

撮影:FISH PARADISE!編集部

シマノの大型スピニングリールの中でもリーズナブルで気軽に使えるストラディックSW。その性能と魅力に迫っていきます。

SWってなに?

SWとはソルトウォーターの頭文字のことで、シマノリールの中でも大型魚を対象にした耐久性とパワーを誇るシリーズです。ボディの頑丈さと肉厚なドライブギアによるパワフルな巻上げは、シマノの無印シリーズのリールとは一線を画します。

高剛性素材のボディとギア

頑丈なボディとギアですが、SWシリーズには精密冷間鍛造による「HAGANEボディ」と「HAGANEギア」が搭載されています。HAGANEボディによって、大きな負荷がかかった状態で起こるファイト時のボディの歪みが軽減され、ギアに効率よくアングラーの入力したパワーを伝達することが可能になります。そして硬さと粘りを両立させた噛み合わせの誤差の非常に少ないHAGANEギアがそのパワーを、ラインを巻き取る力へとロスなく伝えてくれるのです。

Xプロテクトによる高い防水性能

SWシリーズにおける「Xプロテクト」には、無印のものよりも一層の防水性能を求めるためにシール部材が使用されていますが、それでも回転は非常に滑らかでシルキーな巻き心地となっています。このXプロテクト技術はストッパーベアリング部分のみならずラインローラー部にも使用されていてラインローラーを固着やサビから守ってくれます。

耐久性に優れたカーボンクロスワッシャ

ドラグ部分のワッシャにはフェルトではなくカーボン製のワッシャが使われています。フェルト素材のものは繊細な一面を持っていますが、その反面で耐久性には難があります。特に大型魚がターゲットとなるリールですので耐久性の面で優れているカーボンワッシャがファイト時の安心感をもたらしてくれます。

軽量・高感度のCI4+ハンドルノブ

ストラディックSWはハンドルノブにもこだわりを見せています。CI4+ハンドルノブはとても軽量で取り回しやすさはもちろんのこと、感度アップにも貢献しています。丸型なので握りやすくリーリング時には力も入れやすくなっています。

ストラディックSWのラインナップ

今多くのアングラーから注目されている、このストラディックSWの気になる4つのラインナップについて見ていきましょう。

ストラディックSW 4000HG

4000HGはシーバスゲームや根魚などを軽快に狙いたい時に非常に重宝します。自重は305gと軽量で、巻取り長に関してもシリーズ中最も汎用性がある93㎝でオールマイティに活躍する1台と言うことができるでしょう。PE1.5号から2号のラインの使用をメインとするのに最適です。

ストラディックSW 4000XG

4000XGはHGに比べてギア比が大きくなっていて、巻取り長は99cmとなっています。よりスピーディーに攻めていく釣りや船からの釣り、さらにはテンションを常にかけ続けたファイトをする点でも、とても扱いやすくなっています。自重などその他のスペックは基本的にHGタイプと同じです。

ストラディックSW 5000XG

5000XGは、4000番台よりも太めのラインを使用可能なので、よりハードなフィールドやターゲットに使用できます。磯場での青物やヒラスズキゲームにも最適なモデルということができます。巻取り長はシリーズ中最大の103cmで、強い横風が吹いている中でのラインメンディングにおいても大きなアドバンテージとなるでしょう。

ストラディックSW 5000PG

このモデルは、巻取り長80cmというそのトルクを活かした釣りに向いています。特にジギングで青物を狙いたい時や、深場にいるロックフィッシュを強引に根から引き離したい時にも有効です。XGタイプと上手に使い分けることができれば、その時のターゲットの活性に合わせた誘い方をすることができ釣果を伸ばすことができます。

ストラディックSWと他機種との比較

気になるのはこのストラディクSWを他の機種と比較したときにどうなのかという点ですね。ここではシマノの中のいくつかのモデルと比較してみました。

ストラディックSW vs 19ストラディック

一番の違いはやはり耐久性とパワーです。19ストラディックは非常に素晴らしいリールですが、よりハードな環境やターゲットとのゲームとなるとやはりSWの出番となります。例えば「Xプロテクト」という技術に関しても19ストラディックは非接触式が採用されていて回転の滑らかさは抜群なのですが、接触式のXプロテクトを採用しているSWと比べると過酷な状況における防水性能は劣ってしまいます。

価格的にSWのほうが若干高めの設定となっているのも、より一層の剛性などを求めた結果と言えます。どちらも素晴らしいリールですので状況に応じて使い分けるのが良いでしょう。

ストラディックSW vs バイオマスターSW

バイオマスターSWと比較して一目瞭然なのはカバーしている番手の範囲の違いです。バイオマスターSWのほうは10000番までをカバーしていてより大型のターゲットと真っ向勝負していきたいアングラーにはうれしいラインナップと言えます。価格帯としてはほとんど同じなので、小さめの番手であれば2018年に発売されたストラディックSWのほうが軽さや技術の向上などを考えるとおすすめです。

ストラディックSW vs サステイン

基本的にはサステインのほうが搭載技術やベアリング数などは上回っています。しかしその分だけ若干価格も高くなっていますね。一つ言えるのはこちらも無印シリーズとSWシリーズの耐久性の違いがあるという点です。パワーを求めるならストラディックSWでしょう。軽快性を求めるならストラディックよりも軽量でより滑らかな回転を誇るサステインという選択になります。

ストラディックSW vs ブラストLT

ダイワとシマノの比較となるため好みも生じてくるかと思いますが、価格的にはブラストの方が安めの設定となっています。ラインナップはブラストの方は剛性を意識した設定でストラディックSWはもう少し繊細な釣りをするのに向いていると言えます。ブラストのほうはLTコンセプトやATDを搭載しているという魅力はありますが、HAGANEボディとHAGANEギアを搭載しているストラディックSWも優秀で非常に難しい比較と言えます。

ストラディックSWのパーツ互換性について

どんなリールを購入するにしても大切な点としてパーツの互換性があります。ストラディックSWについてはどうなのでしょうか。

スプール

スプールの互換性については、ストラディックSWの4モデルすべてに互換性があります。他機種では、16ヴァンキッシュ・16ストラディックCI4+・17ツインパワーXD・15ツインパワー・17サステイン・15-16ストラディック・17エクスセンス・18エクスセンスCI4+のいずれも4000番かC5000番のスプールと互換性があります。かなりたくさんの機種とのスプールの互換性があるというのはうれしい点です。

ハンドル

次にハンドルの互換性についてですが、こちらもストラディックSWの4モデルの中ではいずれに対しても取り付け可能です。互換性のあるその他の機種としては、15-16ストラディックの2500番からC5000番、17サステインのC3000番からC5000番までとなっています。夢屋ではH-2のタイプが取り付け可能です。

ストラディックSWの評価・インプレは?

ストラディックSWの評価で多いのは、「思ったより巻き心地が良かった」という点です。もちろん上位機種のツインパワーやステラと比べることはできませんが、この価格帯での巻き心地という点では合格点のようです。メインとしても十分なモデルですが、サブ機として活躍しているというインプレもありました。使い方は色々ですがいずれにしてもコスパの良いリールという評価を得ています。

最初の一台としてもおすすめなストラディックSW

ストラディックSWはその価格帯からするとオーバースペックともいえるほどの技術特性が組み込まれています。最初の一台として使用するには非常におすすめできるシリーズで、きちんと管理していけばかなり長く使える良いリールです。自分がしたい釣りに合わせて4モデルの中から最適なものを選びましょう。

ストラディックSWで大物狙い