シーバスハンターXはコスパ良好の入門モデル!シーバス以外にも使える?

アイキャッチ画像出典:DAIWA

シーバスハンターXの特徴

シーバスハンターXの特徴は?

出典:DAIWA

シーバスハンターXは、ダイワがリリースしているシーバスロッドで1万円台と低価格でありながら、ねじれを抑制する特殊構造のブレーディングXや、適切な傾斜を持たせたKガイド、熱に強く削りにくいオールSicリングが装備されています。ラインナップは86LL~100MHまでの9機種で、湾内の小型シーバスから磯のヒラスズキをターゲットにしたビッグゲームまで、幅広いシチュエーションに対応しています。

シーバスハンターXのおすすめ機種

シーバスゲームの入門ロッドとして最適なシーバスハンターXのおすすめ機種と特徴をご紹介しましょう。

高感度で繊細なアタリもとれる86LL-S

86LL-Sはバチ抜けシーズンの繊細なアタリが取れるメガトップが採用されたロッドになります。軽めのジグヘッドを用いた港湾での繊細な釣りに適していて、ショートバイトでも柔軟で高感度なメガトップが確実にフッキングへ持ち込むことを可能にしています。長さも8ft台と取り回しがよく、初心者でも扱いやすいモデルになっています。また、湾内のチヌやセイゴをターゲットにしたソルトゲームでも楽しむことができます。

港湾部や運河など比較的小場所で使いやすい86ML

86MLの主なスペックは全長2.59m自重140g、ルアーの適合サイズは7-35g、ラインはナイロン8-16lb、PE0.6-1.5号で、比較的小型から中型サイズのルアーゲームに適しています。フィールドは港湾部や運河などの小場所で使いやすく、特に港湾部では自在にルアーを打ち込めるアキュラシーを重視したモデルになります。

ダイワ ハンターX 86ML

ダイワ ハンターX 86ML

12,875円(10/21 08:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

河口やサーフで活躍する96ML

96MLの主なスペックは全長2.89m自重150g、ルアーの適合サイズは7-35g、ラインはナイロン8-16lb、PE0.6-1.5号で、大型堤防や大河川河口にサーフ等の大遠投が求められるフィールドで威力を発揮するモデルです。ロングレングスを生かしたフルキャストで遠くのポイントも確実に攻めることが可能です。

ライトショアジギングにもおすすめの96M

96Mの主なスペックは全長2.89m自重175g、ルアーの適合サイズは10-50g、ラインはナイロン10-20lb、PE0.8-2.0号で、港湾部や磯などの水深のあるポイントに、重量級のバイブレーションや鉄板系、ブレード系ベイトなどのやや重めのルアーを自在に送り込み、確実にアクションさせることが可能なモデルです。

ダイワ ハンターX 96M

ダイワ ハンターX 96M

13,795円(10/21 08:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

磯からのヒラスズキ狙いもいける100MH

100MHの主なスペックは全長3.05m自重157g、ルアーの適合サイズは12-60g、ラインはナイロン12-25lb、PE1.0-2.5号とシリーズの中で最もパワーのあるモデルになります。ターゲットは大型シーバスはもちろん、磯のヒラスズキやマルスズキで、強引なゴリ巻きファイトでも一気に取り込むことが可能なモデルです。

シーバスハンターXと他機種との違いは?

シーバスハンターXと他機種は何が違うのでしょうか?徹底比較してみましょう。

リバティクラブ シーバス

リバティクラブ シーバスシリーズはシーバスハンターXよりもさらに低価格でシーバスゲーム入門ロッドとして人気を博しています。ラインナップは80L~96Mまでの7機種で、ライトからビッグゲームまで幅広く対応可能になっています。搭載技術を比較するとシーバスハンターはブレーディングXや、適切な傾斜を持たせたKガイド、熱に強く削りにくいオールSicリングが装備されていますが、リバティクラブシリーズは特別な技術は搭載されていません。しかしその分、コストパフォーマンスに優れています。

レイジー

レイジーは2018年にリリースされたハイスペックなシーバスロッドです。上位機種譲りのブランクスが特徴で、有名なラテオと同じフィーリングを感じ取ることができるモデルです。ラインナップは17機種と幅広い機種をリリースしていますので、目的に合ったモデルを選ぶことが可能になっています。シーバスハンターXとの違いはやはりブランクスで、高いカーボン含有率にあります。

シーバスハンターXに合わせるリールは?

シーバスハンターXに合わせるリールはどのタイプ?おすすめの2選をご紹介しましょう。

20レブロスLT

20レブロスLTはその名の通り2020年1月にリリースされたダイワの新製品になります。価格も1万円以下でハイコストパフォーマンスに優れ、シーバスゲームはもとより、あらゆソルトルアーフィッシングで活躍が期待できるリールです。LTのコンセプトはボディ、スプール、ハンドルの細部にわたり、小型軽量化を図ることとされ、シーバスハンターXに合わせるリールとしておすすめです。

18フリームスLT

18フリームスLTの価格帯は、16,000円~20,000円前後とレブロスLTよりもやや高めに設定されていますが、ダイワのテクノロジー、タフデジギアや、ロングキャストABSスプールによるトラブルレスと飛距離向上でシーバスハンターXに合わせるリールとしては最適でおすすめなモデルです。

シーバスハンターXシリーズを持ってフィールドへ出かけよう

シーバスハンターXの主なラインナップや特徴についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?湾口部の繊細な釣りから、磯やサーフ等のビッグゲームまで幅広く楽しめるシーバスハンターXシリーズ、ビギナーや女性アングラーはもちろん、中級者の方にもおすすめなモデルです。是非手に取ってシーバスゲームを楽しんでみてはいかがでしょう。

 

シーバスハンターXの特徴は?

ABOUTこの記事をかいた人

Shin66X

びわこのほとりに住むアングラーです。ブラックバス釣りを経て今ではイカ釣りメインに日本海は福井県、太平洋では三重県を中心としてイカメタルにティップラン、年中イカ釣りを楽しんでいます。時々ジギングやります。