マキッパはただ巻きで釣れる万能ジグ!サイズ別ターゲットやチューンの仕方は?

アイキャッチ画像出典:釣具のポイント

マキッパの特徴

マキッパの使い方

出典:釣具のポイント

マキッパは多種多様な魚種に対応したメガバスのキャスティング・ブレードジグで、誰でも簡単にアクションがつけられるジグです。

アピール力抜群のブレード

巻くだけで集魚効果の高いブレードをテール部分に装着し、さらにブレードバイトを高確率でフックアップするメガバス独自のブレードフックシステム(PAT.)を採用、精度の高いボディバランスと計算された各パーツの配置により、ボディが回転することなくブレードをより回転させ、高いアピール力を実現させています。

おまかせアイでフッキング率UP

マキッパはニーズに合わせてダブルフックやトリプルフックに交換することが可能な「おまかせアイ」が装備されています。狙う水深やリトリーブする速さ、ポイントに潜むストラクチャーに合わせてフックを交換し、理想のフッキングを行うことで、釣果アップにもつながります。

マキッパのラインナップ

マキッパは様々なウェイトタイプがリリースされています。ウェイト別のターゲットや特徴をご紹介しましょう。

マキッパ3g/5g/7g

マキッパの新しいウェイトタイプが昨年リリースされました。最軽量の3g、5g、7gの3種類で、漁港や防波堤で狙うターゲットはアジや小サバ、カマスやメッキなどです。ミノーや小型のジグでしっかりとアクションをつけないと反応がないメッキもマキッパのただ巻きで簡単に釣ることが可能です。

メガバス マキッパ

メガバス マキッパ

580円(09/20 23:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

マキッパ10g

マキッパ10gはスーパーライトショアジギングで威力を発揮するウェイトです。漁港や防波堤からのショアジギングでターゲットは小型のロックフィッシュやアジなどです。ウェイトが軽い分、ロングキャストは厳しいですが、ピンポイントでストラクチャーまわりを責めたり、足元に落として軽くリトリーブするような狙い方に適しています。

メガバス マキッパ

メガバス マキッパ

752円(09/20 23:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

マキッパ20g

マキッパ20gは10gと同じく漁港や防波堤からのショアジギングで楽しめるサイズです。ターゲットはロックフィッシュをはじめ、アジやメバル、シーバスやヒラメなど広範囲に狙えます。20gはフワフワとゆっくりリトリーブする事が出来る最適なサイズですが、大物がかかった時にフックが伸ばされることもありますので注意が必要です。

メガバス マキッパ

メガバス マキッパ

858円(09/20 23:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

マキッパ30g

マキッパ30gはウェイトもあるためロングキャストが可能ですが、パーツが多いためミノーやメタルジグのようにより遠くを狙うことは、やや厳しいです。サーフや地磯、防波堤や沖堤防から狙うことが可能で、ターゲットは中型の青物や、ロックフィッシュ、ヒラメやマゴチなど幅広い魚種に対応しています。

マキッパ40g

マキッパ40gはシリーズ最重量のウェイトサイズです。サーフや地磯、沖堤防からフルロングキャストで広範囲に探れることが特徴です。ミノーや大型ジグのアクションでは食いが渋い時、中層をただ巻きして反応を探るのには最適なルアーです。ターゲットは大型の青物や、ヒラメ、マゴチなど、魚種限定解除が謳われているだけあって様々な魚種に対応しています。

メガバス マキッパ

メガバス マキッパ

946円(09/20 23:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

マキッパのカラーの選び方

マキッパのカラーラインナップは全10色になります。大きく分けて、ブルー、シルバー、レッド、グリーンでそれぞれに特徴があります。ブルー系の定番ブルーピンクは青物狙いで、シルバー系はマズメ時の暗い時間、タチウオ狙いによく使われています。濁りに強いレッド系は砂が舞い上がるサーフでのヒラメやマゴチ狙いに、グリーン系はナチュラルカラーとしてクリアな水質の時に威力を発揮します。時間帯やポイントによってベストなカラーをチョイスする事が好釣果につながります。

マキッパのチューンについて

マキッパはおまかせアイによって様々なパーツを取り付けることが可能です。アングラー自らのアイディアでシンカーやフック等、スプリットリングを介して装着する事により楽しめます。また専用のダブルアシストフックやトリプルフック、ブレードフックが別売されており、ボトムを狙うときはダブルフックを、フラットフィッシュやサゴシ、タチウオなど鋭いバイトをする魚種にはトリプルフックを付け、釣果アップにつなげます。

マキッパの使い方

マキッパの使い方の基本はただ巻きです。ただ巻いてくるだけでもいいですが、ロッドアクションをつけずにリトリーブスピードに変化をつけ、バイトを誘発します。また、気になるストラクチャーにコンタクトさせたりショートフォールさせてみるのも効果的です。フォールはロングに行うとフックがラインに絡みやすく、また強いジャークも同様に絡むことがありますので注意が必要です。

マキッパで魚種限定解除!多種多様なターゲットを狙ってみよう

メガバスがリリースする魚種限定解除をコンセプトにしたブレードジグ、マキッパの特徴と、ターゲット等についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?おまかせアイを装備した今までにない遊び心豊富なブレードジグで、アングラーからも絶大な人気を博しています。ショアジギングのパイロットルアーとしても使えるマキッパで様々なターゲットを狙ってみてはいかがでしょう。

 

マキッパの使い方

ABOUTこの記事をかいた人

Shin66X

びわこのほとりに住むアングラーです。ブラックバス釣りを経て今ではイカ釣りメインに日本海は福井県、太平洋では三重県を中心としてイカメタルにティップラン、年中イカ釣りを楽しんでいます。時々ジギングやります。