飛び過ぎダニエルのラインナップ&使い方!異次元の飛距離を体感せよ!

アイキャッチ画像出典:釣具のポイント

飛び過ぎダニエルとは?

飛びすぎダニエルの特徴

出典:釣具のポイント

「飛び過ぎダニエル」とは、メタルジグの飛距離とプラグの泳ぎを兼ね備えた、ジャクソンからリリースされている今大注目のルアーです。ではその詳細について見ていきましょう。

特徴的な形状

「プレートジグ」としてジャクソンから発売されているこの「飛びすぎダニエル」ですが、形状としては後部重心型で、前方の薄い部分は暑さが約1mmとなっており、後方部分は少しずつ厚みを増して膨らんでいく形となっています。この後方重心の形状により驚くほどの飛距離が出ます。一見メタルバイブのように見えるかもしれませんが、アイの位置や重心の置き方などの形状を見ると全く別物と言えます。

驚異的な飛距離

上にも述べましたが、「飛びすぎダニエル」というネーミングの通り、このルアーの最大の売りはその抜群の飛距離にあります。極端な後部重心により飛行姿勢は正され空気抵抗非常に少なくなります。それにより可能になった飛距離は他のルアーの追従を許さず、通常のメタルジグの飛距離をもしのぐのではないかというほどです。これは難しいポイントの攻略においても大きなアドバンテージとなるでしょう。

ターゲットは無限大

飛びすぎダニエルは基本的にどんな場所でも使用することが可能ですが、特に活躍するのはサーフやゴロタ場などでのシャローエリアでの飛距離が求められる釣りです。さらには防波堤や磯などで遠くのナブラを攻めたい時なども重宝します。ターゲットは様々でメバルやアジなどの小型ターゲットからシーバスやヒラメ、ブリ・ヒラマサなどの大物にも対応し幅広く使用することができるルアーです。狙うターゲットやその日のポイントの状況(潮の流れの速さ等)に合わせて適切なルアーサイズ(重量)を選ぶことがコツとなります。

飛び過ぎダニエルのラインナップ

ではここからは飛びすぎダニエルの気になるラインナップとどんなターゲットに合わせていくことができるかを解説していきます。

ライトゲーム向けの1g/3g/5g

まず、1g・3g・5gのライトに使えるモデルについてですが、これは特にアジやメバル 狙いに使いやすい重量となっていてリフト&フォールでバーチカルに誘って使用することができます。飛距離も出ることから最初のパイロットルアーとして使用することもでき、ジグヘッドやその他のプラグ系ルアーと上手にローテーションして釣果を稼いでいくことができます。重量はそのポイントの水深と潮の流れの速さを見てギリギリ底トリができるくらいのものがちょうど良いでしょう。

漁港や河口で使いやすい14g/20g

次に14gと20gについてですがフィールドとしては河口や漁港などの、ベイトは小さいけど遠くに飛ばしたいような状況にフィットします。大型のメバルやアジなどにも有効ですがシーバスやヒラメなどの釣りにもピッタリマッチするサイズです。ただし背負えるフックサイズが若干小さめとなるためファイト時は強引なやり取りではなくある程度の柔軟さも必要となります。

サーフで大活躍の30g/40g

人気の高い30gと40gサイズですがこれは主にサーフなどのシャローエリアで活躍してくれます。飛距離が出せて複雑な動きをさせる必要のないこの飛びすぎダニエルの特性を活かして、サーフやゴロタ場の広大なポイントを広範囲に探っていくのに適しています。ゴロタエリアでのヒラスズキ釣りに使用するアングラーも多く、飛び過ぎダニエルシリーズの中で最も認知度があり広く売れているモデルということができるでしょう。

ブレードチューンモデルも!

元々40gにはブレードがついているしようとなっていましたが、30gにもブレードが付くようになりました。ブレードが付くことによってそのブレードの回転による波動と光のフラッシングの相乗効果でより一層アピール度が強くなります。サーフでのヒラメ狙いなどにおいてもかなり有効で、広大なポイントでターゲットを探す点で非常に大きな働きをしてくれます。

飛び過ぎダニエルの使い方

この「飛びすぎダニエル」を使用するにあたって、実際にどのようなアクションや動かし方が有効なのでしょうか。

基本はただ巻き

アクションとしてはあまり難しく考える必要はなく、ただ巻きを基本として誘っていくことができます。ただ巻きで十分に釣ることができ初心者にも使いやすいルアーですが、さらに釣果を上げるためには、時折「フッ」とテンションを一瞬抜いてやって少しだけフォールを入れてやるとバイトを誘発しやすくなります。一定のリズムの中で時折フェイクを入れてやるというイメージで使ってみると良いでしょう。

テーリングに注意

動かし方で注意したいのはテーリング、通称「エビる」というものです。これはルアーがスイミング中などに何らかの要素で大幅にバランスを崩しテールフックでリーダーを抱いてしまうという現象です。そうなるとルアーの動きはまるでエビが泳いでいるかのようなテーリングをするようになり魚のバイトも激減してしまいます。ルアーのアクション時にあまり急激なアクションを加えないように気を付けることによってかなりの率でテーリングを回避することができます。

飛び過ぎダニエルのインプレは?

気になる「飛びすぎダニエル」のインプレですが、使用者の声として「ヒラメ釣りには欠かせないルアー」「青物からヒラメなどのフラットフィッシュに効果的」「本当によく飛ぶ!」「ブレード付きは根魚にも有効」などが挙げられていました。とにかく幅広いターゲットに有効なようですね。飛距離に関しては人によって意見が分かれる部分もあるようですが、これにはアングラーの技量やタックルバランスも関係してくるでしょう。

飛び過ぎダニエルは持っていて損は無し

「飛び過ぎダニエル」はその飛距離や遊泳姿勢など他のルアーにない特徴を持つ個性的なルアーということができます。ルアーボックスに一つ忍ばせておけば間違いなく引き出しが一つ増えるでしょう。欲を言えばいくつか違う重量を持っておいて、どんなフィールドの状況にも対応できるようにしておきたいですね。ぜひこの飛び過ぎダニエルを使って、タフコンディションの中から貴重な一匹をものにしましょう。

飛びすぎダニエルの特徴