カージナルテトラの飼育の基本!アピール力抜群の小型美魚

カージナルテトラについて

カージナルテトラは定番種

 

カージナルテトラは鮮やかな色彩と、丈夫で飼いやすいことから観賞魚として非常に人気の高い種類です。まずは、カージナルテトラの基本的な情報について紹介していきます。

特徴

カージナルテトラはカラシン目カラシン科に属する小型熱帯魚です。原産地はアマゾン川やオリノコ川などの南米の河川ですが、現在では観賞魚として世界中で親しまれています。

 

カージナル(cardinal:深紅の)という名の通り、鮮やかな赤色のラインが特徴的です。

寿命

カージナルテトラの 寿命は一般的に2~3年と言われています。カージナルテトラは比較的丈夫な魚なので初心者にも育てやすく、アクアリウムの入門生体としてもおすすめの種類です。

 

寿命については、実際のところ、飼育環境や餌の与え方などによって大きく変わってきます。上手に飼育してあげれば5年近く長生きする場合もあります。

ネオンテトラとの違い

カージナルテトラとネオンテトラの違い

 

カージナルテトラと非常によく似た種類にネオンテトラがいます。この2種は体側面の赤色のラインの長さを見れば簡単に識別可能です。

 

カージナルテトラは尾から頭まで全体にわたっているのに対し、ネオンテトラは尾から体の半分程度までとなっています。また、カージナルテトラは最大で体長4~5㎝、ネオンテトラは最大でも3~4㎝ほどと、カージナルテトラの方がやや大きく成長します。

 

カージナルテトラの方がネオンテトラよりも、水槽内では目立つことからも、水草水槽に合わせる熱帯魚としては人気が高いですが、一方で、価格もカージナルテトラの方がやや高価な傾向があります。

ネオンテトラの寿命

ネオンテトラの寿命と長生きさせるための飼育の4つのコツ

2021年9月17日

カージナルテトラの飼い方

カージナルテトラを飼育しよう

 

カージナルテトラは、小型熱帯魚の中では飼いやすい部類ですが、いくつかの点に注意して飼育することで、より健康に長生きさせることができます。

水槽・フィルター

カージナルテトラは小型種なので、30cmクラスの水槽から飼育が可能です。しかし、本種の場合は複数での飼育が基本で、最大で5cmほどには成長するため、規格水槽より水量に余裕があるキューブ水槽がおすすめです。

 

小型熱帯魚を安全に飼育できる一つの目安として、「 体長1cmに対して水1L」という指標があります。同じ30cm水槽でも、規格水槽で運用できる水量は約11Lなので、目安の個体数は2~3匹、同じくキューブ水槽は約24Lなので、4~5匹と結構な差が出てきます。

 

カージナルテトラはその性質上、群泳させてあげないとストレスを感じてしまいますし、アクアリウムとしてもある程度の数を入れた方が見栄えが良くなります。もちろん、45cm以上のサイズを用意できれば、それに越したことはありません。

 

なお、この数値は初心者向けの目安であるため、アクアリウムに慣れて環境の維持管理がきちんとできるようになれば、より多くの個体数での飼育も可能です。

 

フィルターに関しては、カージナルテトラはそれほど水を汚す種類ではないので、外掛け式フィルターなどのシンプルな形式でも問題ありません。アクアリウムとしての外観や、生体の維持管理の手間などを考慮して選択すると良いでしょう。

外部フィルター

外部フィルター14選!特徴や選び方、メリット・デメリットなど

2017年12月7日
上部フィルターは掃除が簡単

上部フィルターの仕組みと水槽サイズ別おすすめ10選!ろ材の正しい入れ方は?

2017年3月29日

水温・水質

カージナルテトラの適正水温は26℃前後ですが、急激な水温変化さえなければ幅広い水温に耐えることができます。ただし、本来は熱帯性の魚なので、冬場には必ずヒーターを設置してあげましょう。

水槽ヒーターの選び方

【決定版】水槽用ヒーターの選び方とおすすめ16選!電気代を抑えるコツは?

2017年7月24日

水質は原産地の水質が弱酸性のため、pH6.5~7くらいの弱酸性〜中性付近が最も飼育しやすいです。

 

ただし、実際のところ水質への適応性も高く、サンゴ砂といったpHに大きな影響を与える砂などを使わなければ、そこまで神経質に考えなくとも大きな問題ありません。

カージナルテトラは口が小さいので、与えるエサも小型の顆粒タイプやフレークタイプが適しています。

 

小型魚全般向けの人工飼料を選べば、選り好みすることもなくよく食べてくれます。高栄養価なアカムシなどもたまに与えてあげると喜びます。

底砂

カージナルテトラは弱酸性の軟水の水質を好みますので、アルカリ性に水質を傾けてしまう底砂は適していません。

 

大磯砂は使用してすぐはアルカリ性に水質が傾きますが、時間が経つと水質に影響を与えなくなるので、pHが安定してきたらおすすめです。田砂も粒が細かく、水槽を明るく演出できるため、人気があります。

 

水草がメインの水槽ではソイルを使用することが多いですが、ソイルはカージナルテトラが好む水質に安定させる効果もあるため、使用することができます。

カージナルテトラの混泳

カージナルテトラの混泳は簡単

 

カージナルテトラは温厚な性格をしているため、同じようなサイズの温和な魚種であれば、多くの熱帯魚と混泳させられます。

 

同種同士の混泳にも向いています。カージナルテトラは普通、群れを形成するので問題なく混泳が可能です。先にも述べましたが、逆に群泳させてあげないと落ち着かないので注意してください。

コリドラスが泳ぐ

 

他種との混泳についてですが、ネオンテトラなどの小型カラシン・コリドラス・オトシン・小型プレコなど、混泳が成立しやすい魚種は多いです。遊泳層が重ならないコリドラスなどの底生魚とは、特に相性が良いです。

コケとりにエビ

 

また、エビ類や貝類・水草とも相性は良好です。ただし、ミナミヌマエビを水槽内で繁殖させたい時に、サイズが小さい幼生期は食べられる恐れがある点には注意してください。

 

反対に、混泳相性が悪い相手としては、小型だけど気性が荒い魚種や、サイズ差が大きい種が挙げられます。

ペンギンテトラは気性が荒い

 

小型カラシンの中でもブルーテトラやペンギンテトラといった種類は気性が荒く、混泳させると喧嘩になるケースが多いため、これらの種類とは混泳は避けた方が良いでしょう。

 

また、サイズが大きい種には、カージナルテトラが捕食されてしまうので混泳はできません。

カージナルテトラの繁殖方法

カージナルテトラは産卵までは比較的容易なのですが、稚魚の育成が難しく、そこで失敗する可能性が高いので注意が必要です。

 

まず、繁殖させるには、オスとメスを用意しなければなりません。産卵期になればメスは腹部がふっくらとしてくるため、見分けが可能なのですが、それ以外の時期では見た目での判別が困難です。したがって、ある程度の個体数を入手して、オスとメスが入っていることを期待するのが現実的です。

 

ある程度の個体数を飼育するので、水槽は60cmクラス以上のものが推奨されます。そして、カージナルテトラはバラマキ型の産卵形態を持ち、卵を見つけると食べてしまうため、水槽底部には採卵箱かウィローモスのような水草を入れて、食べられにくくしておきましょう。

 

採卵箱は、上部が開放されたプラスチック製の容器にネットを取り付けるなどして、卵だけが箱に入る仕組みになっていれば、どんなものでも構いません。後は、普通に飼育していれば産卵・孵化までには至ります。

 

問題は稚魚の育成で、本種の稚魚はサイズがかなり小さいため、親魚に見つかると食べられてしまう上に、餌も適切なものを与えないと、口に入らないが故に食べられず餓死してしまいます。

 

これらの点から、まずは卵の段階で親魚とは隔離してしまいましょう。別の水槽を用意しても良いですし、産卵箱のように同一水槽内でも隔離できる容器を用いても良いです。

 

餌について、稚魚にとってはブラインシュリンプでも大きすぎるので、より小さいインフゾリアを用意してください。現在では、「インフゾリアの素」が普通に市販されており、通販などでも簡単に入手が可能です。

そのインフゾリアの素を孵化させて稚魚に与えます。また、稚魚の頃は遊泳力が低く、強い水流に晒されると弱ってしまいますし、フィルターに吸い込まれて死亡する危険もあるので、エアレーションなどのレイアウトに注意してください。

カージナルテトラで気をつける病気と治療法

カージナルテトラを飼育していると稀に病気にかかってしまうことがあります。毎日しっかり健康状態をチェックし、異常があればすぐに隔離して治療を行いましょう。

ネオン病(カラムナリス症)

ネオン病は、通常では体表で増殖するカラムナリス菌が筋肉内で増殖して発病する、カージナルテトラやネオンテトラなどに特有の病気です。

 

症状としては、まず体の白化現象が見られ元気がなくなります。症状が進行すると、白化部分が拡大するとともに赤斑が現れて衰弱するようになり、やがて死に至ります。病原菌が筋肉内にいることから、薬浴などの効果が薄くなってしまうため、治療が難しい病気です。

 

病原菌が尾ぐされ病などと同一のカラムナリス菌なので、治療法もそれらの病気に準じます。具体的には、治療用の水槽を用意して病魚を隔離します。この時、症状が出ていない他の個体の発病を防ぐために、元の飼育水槽の水も半分程度と多めに換水しておいてください。

 

病魚を隔離したら薬浴を行います。効果的な魚病薬としては、「観パラD」・「グリーンFゴールド」・「エルバージュエース」などが挙げられ、塩浴を並行することも効果的です。薬浴時は、ろ過を行うバクテリアが薬剤の影響で死滅してしまうため、フィルターは使用せず換水で水質の維持に対応します。

薬浴は症状が改善するまで続けますが、長期化しなければ餌も無理に与える必要はありません。絶食に耐えられる期間については、その個体の状態に左右されるので一概には言えないのですが、目安としては3日程度は与えずとも大丈夫だと言われています。

 

餌を与える時は、まずは食べるかどうか様子を見てから、いつもより少量を与えてください。

白点病

白点病は、すべての熱帯魚飼育において共通して注意すべき代表的な病気です。

 

原因は「ウオノカイセンチュウ(学名:Ichthyophthirius multifiliis)」に寄生されることで、この病原体は水中に常に存在する繊毛虫なので根絶はできません。カージナルテトラの免疫力が正常なら発病しないため、免疫力が低下しないように飼育環境を適切に維持することが重要です。

 

初期症状としては、体に白色の斑点が現れ、体を擦り付けるようにして泳いだり、体を震わせる、などが挙げられます。症状が進行すると、白点が増えて衰弱死したり、その白点がエラに達すると窒息死することもあります。

 

治療法の基本はネオン病と同様で、病魚を隔離しての薬浴と、病気が発生した水槽は多めの換水を行います。効果的な魚病薬は、「グリーンFクリアー」・「ニューグリーンF」・「グリーンFリキッド」・「アグテン」などです。塩浴を並行して行うこともまた効果的です。

カージナルテトラを飼育してみよう!

カージナルテトラを飼育してみよう

 

丈夫で、性格も温厚なカージナルテトラは熱帯魚初心者の入門にもおすすめの生体です。水槽内で数十匹のカージナルテトラが群れる姿は壮観で、水槽を彩り鮮やかに演出してくれることでしょう。

 

水槽に何を入れようか迷っている方は、最初の1匹として是非カージナルテトラを選んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

カルキ抜きは中和剤が手軽でおすすめ

カルキ抜きの方法や抜けるまでの時間は?魚に安全な水を作ろう!

2017年7月26日
チェリーバルブの特徴

チェリーバルブの飼い方や繁殖法は?真っ赤に色揚げするにはどうする?

2020年9月2日
ラミーノーズテトラの飼育法

ラミーノーズテトラの飼育法と混泳の注意点!繁殖、病気についても解説

2018年3月30日


カージナルテトラの飼い方